名古屋で大腸内視鏡検査が
できるクリニックとは?

近年、大腸内視鏡検査を受ける人が増えてきました。しかし、なぜ大腸内視鏡検査が必要なのか曖昧な人もいるのではないでしょうか。今回は、名古屋で大腸内視鏡検査が受けられるクリニックと検査が必要な理由について紹介していきましょう。

大腸内視鏡検査を受ける理由とは?

こちらでは、大腸内視鏡検査を受ける理由を見ていきましょう。検査を受けるべきか悩んでいる人は「なぜ検査を受けるのか」ということを知ってから検討してみてください。

・大腸がんの発見
日本では大腸がんになる人が増えています。大腸がんの恐ろしいところは、初期症状がほとんどないことです。そのため、異変に気づいた時には既にかなり進行していたという場合が多くあります。大腸内視鏡検査は大腸がん発見のために必要なのです。

・早期治療
先述したように大腸がんは初期症状がほとんどありません。そのため、異変を感じてから治療を開始しても進行している場合がほとんどです。しかし、定期的に大腸内視鏡検査を受けることで症状が出ていない時から治療開始することができるのです。

・40歳を超えたら警戒しよう
年齢を重ねるにつれて、がんに対する警戒が必要と言われています。無条件で健康だった時期とは異なり、些細な異変から病気を疑わないといけないのです。

大腸内視鏡検査で分かる病気とは?

大腸内視鏡検査で分かる病気は大腸がんだけではありません。こちらでは、大腸がん以外にどのような病気発見に繋がるのかを見ていきましょう。

・虚血性腸炎
血液の循環が悪くなることで、大腸に必要な酸素や栄養分が供給されなくなることで起こる病気です。炎症や潰瘍を生じることがあります。症状としては、腹痛や出血が多いです。

・クローン病
延長によって腸に潰瘍ができる病気です。腸だけではなく、口から食道、胃や小腸、大腸、肛門などさまざまな場所に症状が出る場合があります。詳しい原因が解明されていない病気と言われています。

・潰瘍性大腸炎
消化管に原因不明の炎症が起こる病気です。大腸の粘膜に炎症が起こることで、ただれや潰瘍ができます。近年、増加の傾向にある病気のひとつです。

大腸内視鏡検査の事前準備とは?

大腸内視鏡検査を受けるためには、いくつかの準備が必要です。こちらでは、どのような準備が必要なのかを見ていきましょう。

・下剤を服用する
検査の3日前ほどから下剤を服用しなければいけません。大腸内視鏡検査は肛門からカメラを入れることで、腸内に便が残っていないようにしなければいけないのです。そのため、その都度下剤を服用して毎日便通が起こるように調整しなければいけません。

・消化に良いものを食べる
基本的に食事は消化に良いものを食べなくてはいけません。クリニックによって異なりますが、前日の夕方以降は水以外飲んではいけないと指示されるところもあるようです。クリニックによってやり方が異なるので、水しか飲んではいけないと言われるところもあれば、先述したように消化に良いものは食べて良いと言われるところもあります。

・検査終了後は安静にしなければいけない
検査終了後は1時間ほど安静にしなければいけません。そのため、大腸内視鏡検査は意外と時間がかかるものだと覚えておくといいでしょう。

名古屋で大腸内視鏡検査を受けられるクリニック

こちらでは、名古屋で大腸内視鏡検査が受けられるクリニックについて見ていきましょう。大腸内視鏡検査を受けたい人は、いろいろと比較しておくことをおすすめします。

・いとう医院
落ち着いた雰囲気の院内が特徴的なクリニックです。女性でも来院しやすいよう、柔らかな雰囲気があります。院長が女性なので、女性患者からの高い支持があるようです。院長自体が大学病院での勤務歴があり、知識と技術が豊富な医師です。

・はまうづクリニック
患者に負担がかからないよう「苦痛のない検査」を心掛けているクリニックです。多方面からのサポートが整っていて、万全の状態で大腸内視鏡検査を受けることができます。トイレ付きの個室など、プライバシーに配慮された部屋が用意されているのも特徴のひとつです。

・奥村クリニック
清潔感があるクリニックであり、病院にいるということを良い意味で忘れさせてくれます。明るく話しやすい医師や看護師のおかげで、大腸内視鏡検査の緊張もほぐれたという意見があります。
名古屋で大腸内視鏡検査を受けるならこちらをチェック!

まとめ

名古屋には大腸内視鏡検査を受けられるクリニックが多くあります。
そのため、費用や評判などさまざまなポイントを比較して決めるようにしましょう。
大腸内視鏡検査は病気の早期発見や治療のためにも、積極的に受けるようにしてください。
特に、大腸がんは症状がないので症状が出る前に治療に取りかかることが理想です。