ファシリテーションキットのおみやげつき
『●●のせい・●●のおかげ』ワークショップ
5/14(木)13:00-15:30 byZoom

テレビも、SNSも、記事も、コロナコロナってもう聞き飽きた!と感じる方も多いのではないでしょうか。「コロナ疲れ」という言葉ができたほど。実は私もその一人です。

しかし、この新型コロナによる影響は、少なくとも1年は続くという見方が濃厚になってきています。コロナが収束したとしても、地球と人間との共存バランスが崩れてきている中、別のパンデミックがあってもおかしくないでしょう。afterコロナ(コロナ後の世界)はなく、withコロナまたはwith●●●(コロナや他のウィルスも含めた自然と共存する世界)にシフトしたのだと私は感じています。

できれば「コロナは一時的に大変だったね」と済ませたいところですが、どうやらそうもいかないという状況の中で、これまで、私自身はしっかりと向き合うことを避けてきたところがあります。

あぁ、ずっと避けていられない(汗)

考えてみたら、

コロナに限らずこれからも色々なことが起きるわけで、
それらの外の現象に対して自分がどう反応し、
何を選択しているのかマインドフルに感じて、そして調える。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
「生きるを調える」 -  自分には今それが必要だと感じました。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

で、せっかくですから、一人で内省するのではなく、同じ興味を持つ人と一緒にやってついでに、このワークショップを受けた方は、このワークショップを自由に開催できるように、ファシリテーションのキットをあげちゃおう! 

という企画を思いつきました。もう、太っ腹♡

ご自分がまず参加し、
キットをどんどんご活用してまわりに「調える」の循環を生み出してくれたら、開発者として望外のしあわせです。

朝野かおり

with コロナ時代の「生きるを調える」をご一緒に。


このワークショップで手に入れられるもの

withコロナ時代の、自分のコロナとの向き合い方が整理できます。

さらに! 下記3つを得られるようにします。
  1. オンラインファシリテーションのコツを学べる
  2. このワークショップのファシリテーションキットが手に入る(今回の目玉!)
  3. お金の価値について考えるきっかけになる
     
参加後は、ファシリテーションキットを使って、当ワークショップと同じ条件(時間、内容、料金設定ただし自分の所属する組織内メンバーに対しての利用は無料)で、ご自分で自由に実施いただくことができます。著作権は当方に帰属しますが、使用にあたっては無料でお使いいただけます。ご利用後、Facebookコミュニティにて実施レポートを載せていただくことが利用の条件です。

ワークショップの流れ(150分)

*予定 当日変更になることがあります
  • マインドフルネス瞑想
  • オンラインツールを使ったポストイットワーク
  • ジャーナリング(書く瞑想)
  • 感謝のワーク

ワークショップ概要

  • 日時  5/14(木)13:00-15:30 
  • 方法 Zoom 
  • 募集定員 最少催行人数3名、最大8名
  • 参加費用 2,000円以上であなたが決めてください! *
  • お支払い方法  PayPayまたは銀行振込 ※お申込みの方にお知らせします。
  • キャンセルポリシー 実施前日までにご連絡いただいたキャンセルはご返金します。なお、不参加の場合、ツールキットはお渡しできませんのでご了承ください。

* 参加費用は「あなたが決めてください」ですって!? この世界が激変する時代に、お金や消費に対する価値観も変わってきている方が多いのではないでしょうか。お金って何だっけ?と考えるきっかになれば、と思いこんな実験的な方法をとることにしました。いくらをつけていただいたとしても、あなたのことをケチとは思わないし、私との関係に傷がつくわけではありませんのでどうぞご安心して「参加費用自分で決めるワーク」に取り組んでみてください :-P

このワークショップの特長

ポジティブ心理学を
ベースにしています
「ポジティブ思考が私は好きではありません」こう言うと、「へ?」ってされるのですが、(私の理解では)ポジティブ思考はネガティブな思考にフタをして前向きに考えること。ポジティブ心理学は、ポジティブ思考とよく混同されますが、ポジティブ心理学では、ネガティブもポジティブも両方扱います。どちらもあると認めたうえで、より良い人生のために何に注意を向け、何を選択するのかの示唆を与えてくれる学問だと思っています。このワークショップでは、そうしたポジティブ心理学の知見を活用しています。
そして
幸福学の知見も活用します
「幸福」は今の流行であるというわけではなく、人類史上ずっと哲学や宗教、文学を通して探求され、語られてきました。2000年以降、幸福に関する学術的研究が増えて、今では「何が幸福を形作っているか」「どうしたらより幸福な人生が送れるか」がどんどん解明されてきています。(研究者のみなさま、ありがとうございます) それはお伝えしなくては! と使命感とともに、ワークショップ内でも少し触れていきますね。

さらに
マインドフルネスもいれちゃう

マインドフルネスはご存知ですか? 「今ここに注意を向けている状態」を指します。ウィズコロナの環境では、見えない将来に対しての不安に襲われがち。だからマインドフルでいることは、もうこれから全員が基盤としたい在り方であり状態です。このワークショップでは簡単なマインドフルネスワークも取り入れています。グーグルで開発されたマインドフルネスを基盤としたリーダーシップ開発プログラム「Search Inside Yourself」の認定講師である朝野がファシリテーターをつとめます。

さらに
マインドフルネスもいれちゃう

マインドフルネスはご存知ですか? 「今ここに注意を向けている状態」を指します。ウィズコロナの環境では、見えない将来に対しての不安に襲われがち。だからマインドフルでいることは、もうこれから全員が基盤としたい在り方であり状態です。このワークショップでは簡単なマインドフルネスワークも取り入れています。グーグルで開発されたマインドフルネスを基盤としたリーダーシップ開発プログラム「Search Inside Yourself」の認定講師である朝野がファシリテーターをつとめます。

ファシリテータ:朝野かおり

しあわせな人がしあわせな世界を創る。そのための「在り方」と「スキル」を整え、磨くお手伝いをしています。
ウィズコロナ時代を、時にもんもんとしながら、時に希望とともに、前へ進んだり後ろへいったりしながら精一杯生きております。みなさまとこのワークショップでご一緒できなくてもしあわせですが、できたらさらにしあわせです。