文字を書くだけでお金を稼いる
話したら皆が笑ったしかし、
僕がタイピングはじめると・・・
一人の男が偶然出会った
初期投資ゼロビジネスモデル
個性を解放することで自信誇り
自由を手にした真実の物語・・・

人々の心を魅了する武器を手にしたいあなたへ

あなたはコピーライティングと聞いてなにを思い浮かべますか?

文章を書いてお金を稼いでいると聞いても、
なんとなくのイメージでしか捉えられないと思いますし、
実際にそういった仕事をしている人が身近にいないとわからないですよね。



なので、ここで一度私が言語化した定義をしておきたいと思います。


コピーライティングとは、

「価値のあるコンテンツを創造し、提供する仕事」

です。

コピーライティングと聞けば、
セールスが主体だと思われている方が多いかもしれません。


しかし、



コピーライターがしている仕事のすべてがコンテンツ次第です。

つまり、コンテンツ提供をすることこそがコピーライティングの真髄なのです。


いったいどういったコンテンツを提供していけばいいのか?


自分の自身の個性やいままで培ってきた知識やスキルを
人の役に立つ形にパッケージ化して提供していくことです。


さらにこのスキルに磨きをかけていくと、
あなたにとって大きなメリットが生まれます。


それは、あなた独自の世界観を言葉によって表現する力が身につき、
その世界の魅力で価値観の合う仲間を引き込んでいくことが可能になることです。


その結果、1つのコミュニティを創造し、
そこで信頼のおける仲間とともにビジネスを展開することができるようになります。




事実、ビジネスで成功をしている人たちは、独自の世界観や美学、価値観を持っており、
なにものにも影響されることがない、自分軸で活動をしています。




これって、すごいことだと思いますが、


なぜ、こういった世界観を構築できているのか?


考えたことはありますか?


それは、



「自分の言葉を持っているから」



なんです。


世間一般的に教育を受け、誰かが生み出した言葉を使うような
思考停止状態で行動をするのではなく、


あらゆる事象を分析しながら、自分はこの世界でどのように生きていけばいいのか、
ということを多角的な視点で分析していく思考力を持ち、
その分析した内容をもとに、独自の言葉を創造し、世界観を構築しているのです。



つまり、「言葉で世界を創造する力」をもっているということなんです。



だからこそ、言葉に力が宿りますし、人を扇動することができるリーダーとして、
抽象度の高いビジネスを再現することができるのです。


生得的か、後天的かはわかりませんが、
成功者といわれている人たちは、間違いなく言葉の力を
使いこなすことができているということになります。


成功者は誰しもコピーライティングスキルを意識的か、
無意識的に活用することができています。


人に影響力を与えることができるレベルまで言葉の使い方を昇華させることによって、
文字に魂が宿り、人を扇動するエネルギー源として活用することができます。


俗に言う、言霊というものは、
こういった力から連想されたものであると言えますね。


だからこそ、時間とお金と労力をかけてでも学ぶ価値がありますし、
投資した価値以上のハイリターンがあることは間違いないと断言できます。


でもね。


そう簡単に身につけることができるスキルではないんですよ。


それこそ、毎日のようにコピーを書き続けて、血の滲むような努力をした人だけが、
コピーを書くだけでご飯を食べられる領域までレベルを上げることができます。


しかし、あなたが即席でコピーライティングスキルを
活用する方法が1つだけあるんです。


コピーライティングスキルとあなたのもっているスキルを掛け算して使うことによって、
あなたにしかない魅力を伝えることでその効果を爆発させることができるのです。


それが、個人ブランディングであり、
あなたの個性の解放でもあります。





あなたという世界観を文字化し、1つの「文化」として伝えていく。




そのやり方について、これからさまざまなコンテンツを通じて、
あなたに伝えていきたいと思います。


そして、コピーライティングスキルをもとにして、
インターネット上に資産となるコンテンツを形成していき、


お金を稼ぎながら自由を獲得することができる、
自由なビジネススタイルを確立していってください。


とはいっても、急にこんな話をされても
非常識すぎて意味がわからないかもしれません。


なので、今回は平凡過ぎる「ある」男が
コピーライティングというスキルに出会ったことで、


経済面、精神面に変化を起こし、孤独と葛藤と向き合いながらも
成長していく姿をメルマガにてお伝えしていきたいと思います。


この1つの事例をサンプルとして、
あなたが紡ぐ物語の書き上げてみてください。


コピーライティングには、資格はいりません。


 あなただけの物語を綴ってください。

 






メルマガを購読して物語を綴る