ヘルスケア
ブランディングスクール
のご案内

健康分野で頑張るあなたの
働くStageをあげる第3の場所

同じ志を持つ仲間とともに
地域や企業で活躍するためのコツを学んでみませんか?

スクールの特徴

3つの特徴

実績のある講師陣
実際に企業や地域で活躍している理学療法士、健康経営アドバイザーをはじめ、コミュニケーションやマーケティングの講師、および、ヘルスケア企業の経営者、ヘルスケア関連の研究者・・など、豊富で実績のある講師陣が揃っています。
講義はアーカイブでも受講
講義は6か月で1クールの全10回×1回3時間。後からアーカイブで何度でも視聴ができるので、勤務状況が不規則でも学べます。
他職種とのチーム作り
健康分野での地域連携が求められているにもかかわらず、実際はなかなか職場・職域以外の人とチームで新たに取り組む機会はありません。ここでは、“健康に貢献したい”という目的を同じくしたチームなため、国家資格の有無や経験年数に関わらず、チームを作り、成長への学びや挑戦をすることができます。
他職種とのチーム作り
健康分野での地域連携が求められているにもかかわらず、実際はなかなか職場・職域以外の人とチームで新たに取り組む機会はありません。ここでは、“健康に貢献したい”という目的を同じくしたチームなため、国家資格の有無や経験年数に関わらず、チームを作り、成長への学びや挑戦をすることができます。

講義の特徴

講義内容

❖ヘルスケアの動向
❖ヘルスケアの商品開発とデザイン
❖セルフブランディングの理論と実践
❖コーチングの理論と実践
❖マーケティング入門
❖ファシリテーション・コミュニケーション
❖営業資料作成方法と営業の実践練習
❖SNSでの発信スキルと集客スキル

その他、ヘルスケア分野で活躍していくために絞った講義内容がぎっしりです。

※講義タイトルは変更になる可能性があります。

スクールではこんなことが叶います

1.自分の強みを発揮できるポジションを見つけ、作り、ブランディングする方向がつかめます。

2.職場・職域とは別の第3の場所として、仕事や働き方の悩みや困りごとを相談しあえる仲間やメンターと出逢えます。

3.持っている強みを活かして、地域や企業で稼ぐ有料講座を簡単に作れるようになります。

4.地域や企業で多くの人の健康に貢献できます。

5.ヘルスケア分野全般の動向やトレンド、企業が求めている情報などを手に入れることができます。

スクールに入校するのに、国家資格の有無や経験・実績は問いません。

こんな悩みはありませんか?

充実した日々を送っていますか?

自分が望んだ成長ストーリーを歩んでいますか?


誰かを元気にしたくて選んだこの職業、

毎日毎日頑張っているのに

なりたいと思っていた姿とはちょっと違う・・・


いつかはこんなふうに・・・と

描きながら立ち止まっていませんか?

とりあえず今日の仕事を終えられれば・・・・

もう少し経験を積んだら考える・・・



そんな毎日では
“いつか”は絶対に来ません。



あなたを待っているお客様・利用者様・患者様は

日々疲弊して成長を止めているあなたではなく

健やかに生き生きと豊かに時を過ごすあなたからサービスを買いたいと思っています。


そこで

“自分”という資源を最大化して

地域や企業で活躍する自分を叶えるための基地を創りました。


市場はこんな機会にあふれています

健康経営に取り組んでいる企業が急増しています

健康経営とは、従業員等の健康管理を経営的な視点から捉え、戦略的に実践することを指します。取り組むことで、自治体からのインセンティブも発生するこの実践のため、企業は、健康向上に取り組むためのコンテンツやアドバイスを求めています。

すでに、休憩時間に軽い体操を行ったり、社員食堂のメニューを生活習慣病予防のものに変えるなど、それぞれ独自に取り組んでいる企業は増えましたが、どこもまだまだ試行錯誤の状態です。

多様な介護予防の取り組みが求められています

高齢者の人口はまだまだ減少傾向にはなりません。これまでよりも、介護予防を促進することにどこの自治体も力を入れています。そして、その予防の方法も、個々の高齢者に対応すべく多様なコンテンツが求められています。どこの自治体も、なかなか参加しない隠れたニーズを掘り起こしたいからです。

知識やスキルを発揮できないままではもったいない

こんなに求めている市場があるのに、あなたが持っている知識やスキルを発揮しないのは、とてももったいない!!と思うのです。
1人では難しければ、チームを作ってどんどん活躍の場を作りに行きましょう。

活躍の作り方、活躍の場への行き方を学ぶのが、
このスクールの最大の魅力です。

開校への想い

 広く“健康”に関心が高まっている今だからこそ、地域で活躍する『健康に関わる人たち』が、

その企業の大小に関わらず

連携をし、深め、そこに暮らす人々の健康に貢献していく力を伸ばし発揮してほしいと考えました。


 健康に貢献したい全ての人が、

資格の種類や有無を超えて、それぞれが自分の強みを引き出し、伸ばし、

さらに、互いの強みを高めあえるつながりを持ち、価値提供しつづけていくことにより、

すべての世代の暮らしに切れ目のない安心感をもたらすことができると考え、

それを可能にする基地を作りたいと思い、開講に至りました。

本当の地域連携を生み出したい・・・

専門性を深めていくほどに、研ぎ澄まされていく“専門的な考え方”

誰かの健康に貢献する専門職なのだから
それはとても大切で、
それはとても中心で、

でも、

そこに暮らしている人々のために
たった一つの“専門”だけでは実現できないものがたくさんあります

だから
地域連携
は必要。

もうそんなことはみんなわかっているのだけど

でも
本当の連携まではなかなか遠い。


分断されたサービスを
横並びにするだけでは実現しないことを
もうみんなわかっているはず

“連携”は
偉い人がやるイノベーションのことでも、起業している人だけがやる交流のことでもなくて

ヘルスケア産業に属している一人一人が
ほんの少し手を伸ばすことを“連携”と呼ぶのだと私は思うのです

もっともっと
手を伸ばす人が増えたら、
もっともっと
本気の連携が、身近でたくさん生まれてくれたら
今よりもっともっと
地域も企業も元気になれる

私はそう思っています。

受講料

主催者の紹介

杉田恵子

株式会社シーラボ 代表取締役
NPO法人フューチャー北海道 理事
NPO法人ナビゲーショングラフィックス研究会 代表

理学療法士・健康経営アドバイザー

32年理学療法士として病院、施設、訪問リハビリに従事。

足へのアプローチが、足そのものの機能を向上させるのみではなく、行動や思考の質を上げ、活力を生み出すことに注目。健康な足づくりから、ヒト・マチ・企業を元気にする目的で2014年に起業。

地域の健康づくり支援では、地域課題に取り組み、住民参加型ワークショップの開催や他分野共創の新規サービスの創出を実施している。

専門学校授業およびヘルスケア研修ではソーシャルスキル・コミュニケーションスキルを講義している。

株式会社シーラボ事業紹介