大阪でタクシードライバーになる方が知っておきたいこと

大阪でタクシードライバーになりたいと考えているなら、タクシー業界のことを知らなければなりません。失敗がない就職を目指すために、知っておきたいことを紹介します。働きやすさや給与の良さを目指す方はチェックしておきましょう。

タクシーの種類

・福祉タクシー

身体障碍者や高齢者向けのタクシーは、福祉タクシーや介護タクシーと呼ばれています。車いすを使っている人でも乗車できるタクシーで、タクシー会社によってはヘルパーなどの免許を取得しているのが特徴です。介護タクシーは病院に行く際に利用できるタイプもあります。

 

・女性乗務員のタクシー

タクシー業界では、近年女性のタクシー乗務員も増えてきました。平成29年で7,000人弱の女性乗務員の方が活躍しています。女性の働きやすさを重視したタクシー会社もあるので、育児や介護と仕事の両立ができます。

 

・妊婦向けタクシー

妊娠中の女性専用のタクシーもあります。通院の際の利用から、陣痛がきたときにも使える専用タクシーです。タクシードライバーは助産師の講習を受ける必要があります。車内で破水しても清掃料を取ることはありません。

 

・キッズタクシー

キッズタクシーとは子どもだけの利用を想定したタクシーのことです。子どもの塾の送迎などに活用できます。乗務員が玄関から目的地まで送迎する方法で、子どもの安全性を高めたい家庭に人気です。

タクシードライバーの年収について

・歩合制が一般的

タクシードライバーは歩合制の会社がほとんどです。歩合制はその日に稼いだ金額の何%が給与として支払われます。歩合制だとどのくらい稼げるか不安な方も少なくないでしょう。多くのタクシー会社では、未経験者に対し給与保証期間を設けています。3~6ヶ月くらいの保証期間が一般的ですが、最長で12ヶ月保証してくれるところもあります。

 

・歩率は50~60%程度

タクシードライバーが貰える給与は、1日に売り上げた金額の50~60%の設定のところが多くなっています。東京都内では60%の割合で得られる地域もあるのが特徴です。どのくらいの給与になるかは、その人次第となります。まったく営業せず停まってばかりなら少なくなりますし、1日にたくさんのお客様を獲得できれば高収入も夢ではありません。

タクシードライバーの働き方

・隔日勤務

多くのタクシー会社では隔日勤務を採用しています。隔日勤務とは、1日働いたら次の日は休む働き方です。隔日勤務では13乗務が上限で、実質的には月に11~13日働くことになります。隔日勤務では連休も取得が可能で、家族との時間も確保できるタイプです。拘束時間は最長で20時間となり、その間に3時間の休憩を取ることができます。

 

・日勤

タクシー会社によっては日中だけ働ける日勤を設けているところもあります。日勤とは毎日出社しますが、日中だけの勤務です。勤務時間は9時間なので、一般的なサラリーマンと変わらない勤務体制でしょう。女性乗務員や高齢の方におすすめの働き方です。

 

・夜勤

夜勤も毎日出社する働き方で、日勤と同じく勤務時間は9時間です。夜間に営業するスタイルのため、稼ぎたい方に人気があります。タクシーで一番稼ぎ時となるのは、夕方から深夜にかけてです。たとえば17時に出社すれば、翌2時に帰宅することができます。

タクシー会社によって異なる条件

・お祝い金の支給

タクシー会社によっては、入社するとお祝い金を支給してくれるところがあります。お祝い金は二種免許を取得後に支給されるところや、引っ越し費用として支給してくれるなどの方法です。最大で10万円程度のお祝い金が貰えるタクシー会社もあります。

 

・二種免許費用の補助

タクシー会社が二種免許取得費用を負担してくれる制度です。まだ二種免許を取得していない方は、タクシー会社が費用を持ってくれるところを選ぶと、タクシードライバーになる費用を削減できます。

 

・事故補償制度

タクシードライバーは長時間車を運転することになるので、事故補償制度は重要でしょう。事故補償制度がある会社では、営業中に起きた事故に対し免責を設けています。事故がおきても乗務員の自己負担額が減る制度があれば、安心して働くことができるでしょう。

タクシー会社の比較方法

・大手タクシー会社

大手タクシー会社は稼ぎやすさから人気があります。タクシーチケットを発行している企業なら、利用するお客様も多くなるためです。大手タクシー会社の専用乗り場を設けている会社もあります。その代わりノルマが厳しい傾向があるので、稼ぐ自信がある方におすすめです。

 

・中小のタクシー会社

中小のタクシー会社は働きやすさを重視しているところが多いです。少人数の会社のため、人間関係もわかりやすいメリットがあります。安定して長く働きたいと考えている方は、中小のタクシー会社を選びましょう

大阪のタクシードライバーにおすすめの会社一覧はこちらから確認できます。

まとめ

大阪でタクシードライバーを目指す方は、複数のタクシー会社を比較しながら、自分に合った会社を選ぶようにしましょう。1社だけを見て決めるのではなく、もっと条件の良い会社がないか比較することをおすすめします。どのような条件を求めるのか考えながら、ピッタリのタクシー会社を選びましょう。