生産性シミュレーション

NEWS
2020年9月xx日サイトオープンしました

概要

下のフォーム上で従業員規模と業種を選択することにより、平均的なプレゼンティーイズム損失額とその損失の原因となる代表的な不調を業種別に調べることが可能です。

年間損失額のランキング

1位:公務業界 1億7百万円
2位:医療,福祉業界 1億5百万円
3位:教育,学習支援業 99百万円

※従業員数500名、平均年収420万円の場合

身体の不調による生産性への影響を簡単にお調べいただけますので、
自社の生産性損失額がどれくらいか調べてみたい、またはこれから
健康経営に取り組む予定の企業の方は、この機会に
ぜひご体験ください。