告白 映画 動画 フル 無料視聴

こちらでは、映画【告白】を
無料視聴する方法を紹介しています!

本屋大賞に輝く湊かなえのベストセラー小説を、独創的な映像感覚と確かな演出力を持つ天才・中島哲也監督が映画化。
【告白】の動画を無料でフル視聴するならコチラ!
この映画、私も見たかったんですが、機会を逃してしまい、
「映画 告白を無料で見れるところはないかな~」といろいろ探して、
とっても見つけるまでに時間がかかりました・・・。

なので、私が映画『告白』のフル動画を無料視聴できた方法を、
まとめてみましたよ!
私と同じように、無料で見れる動画を探している方は是非チェックしてみてくださいね!

【Hulu】

Huluなら【告白】を無料で視聴することが可能です。

簡単な登録で、すぐ視聴が開始できます!

人気の映画やドラマ4万本が見放題の動画配信サービス
「Hulu」では、4万本の動画が見放題!
追加料金なしで無料でフル視聴できます!

※無料トライアル(2週間)期間中は、
すべての作品が無料視聴が可能です。

無料期間終了後は月額933円(税抜)の有料サービスになりますが、
無料期間内に解約すれば料金は一切発生しません!

2週間の無料トライアル

・動画数4万本が見放題!
・無料期間2週間
・無料期間終了後、月額933円(税抜)
・テレビ、スマホ、タブレット、PC、ゲーム機のデバイスに対応

簡単登録で、すぐに動画が無料で視聴できます。
無料期間2週間とやや短めですが、無料期間内に解約すると料金は一切かかりません!

無料期間内であっても、本来、有料動画配信サービスですので、
安心で安全!しかも高画質で話題のドラマや映画、アニメなど
いつでもどこでも、お好きな動画を楽しむことが出来ます。

本ページの情報は2018年8月時点のものです。
最新の配信状況は Huluサイトにてご確認ください。

【FOD】

FOD(フジテレビオンデマンド)動画配信サービス

FODなら【告白】を無料で視聴することが可能です。

簡単な登録で、すぐ視聴が開始できます!

月額料金888円で対象の作品が見放題
(フジテレビのドラマやバラエティをはじめ、アニメや映画、
配信オリジナル番組など、2,000作品以上の対象作品を見放題)

見放題のアニメは約300タイトル
最新雑誌も100誌も読み放題
対象のマンガも無料で読める

Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回に限り1ヶ月無料
※無料期間内(1ヶ月)に解約すれば一切費用は発生しません。

無料期間:1ヶ月
無料期間終了後:月額888円
マルチデバイス対応(スマホ、タブレット、PCなど)

放映中最新ドラマのフジテレビ作品だけではなく
毎月もらえる1300ポイントで、最新映画や原作コミックなど見れます。
入会だけで上記ポイントがもらえます!

※作品によってはポイントの購入が必要です。
見放題作品の視聴だけであれば無料期間中の解約で料金はかかりません。
詳しくは公式サイトでご確認ください。

本ページの情報は2018年8月時点のものです。
最新の配信状況は FODサイトにてご確認ください。
その他にも動画配信サービスはありますよ

見たかったドラマを見逃して、YouTubeやニコニコ、変な中国サイトで見て、
画質が荒かったり、音声が変だったりして残念な思いをしたことはありませんか?

私はあります・・・。
見逃した私が悪いんですが・・・。

著作権違反の可能性があったり、ウイルス感染のリスクで、
そっちでハラハラしながら見るのって疲れますよね・・・。

このサイトでご紹介する動画配信サービスは、本当は有料ですが、
無料で視聴できる期間があるため、無料期間内に解約すれば、
完全無料で、高画質のキレイな動画が見放題です。

【U-NEXT】

U-NEXT~日本最大級のビデオ・オンデマンド~

今なら31日間無料トライアル実施中!
※無料期間が終了すれば有料サービスとなりますのでご注意を!

映画、ドラマ、アニメなど多彩なジャンルのビデオコンテンツが最新作品から名作まで充実のラインナップ!
120,000本 (※) 以上を配信している、 日本最大級の動画配信サービスです。
( ※カラオケのタイトル数を含む)
スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめるビデオ配信サービス!

無料トライアル特典

1.全ジャンル見放題作品や読み放題作品が、31日間無料で見放題!

2.新作などが600円分無料になるポイントがもれなくもらえる!

会員登録後、無料期間中の31日間内に解約すれば、費用はかかりません!

【TSUTAYAディスカス】

大手ビデオレンタルのTSUTAYAが提供するサービスです。

月額933円のプランはオンラインで動画が見放題!
月額2,417円のプランはオンライン見放題に加えて、TSUTAYAのDVD/CDが借り放題
(新作は最大8枚)、しかも自宅まで配送してくれます。

30日間の無料お試し期間中は、月額2,417円のサービス
(オンライン見放題&借り放題)がお試しできます。

無料期間:30日
無料期間終了後:月額933円、または月額2,417円
動画数:85,000本以上(TSUTAYAのほぼ全ての動画)
マルチデバイス対応

会員登録しても、無料期間(30日間)中に解約すれば、費用は一切かかりません!

※見放題作品の視聴だけであれば無料期間中の解約で料金はかかりませんが、
作品によってはポイントの購入が必要です。
詳しくは公式サイトでご確認ください。

【DMM見放題chライト】

DMM見放題chライト

月額540円で7000タイトル以上が見放題となっており、他社と比べると圧倒的な安さで提供しています。
またDMMらしく、他社ではないアイドル動画の種類が豊富。

そしてDMM.R18にも対応しており、アダルト作品も2000本が見放題です。
アダルト作品対応以外にも人気ドラマや映画、アイドル動画等他社では取り扱いのない作品が多数。

マルチデバイス対応で、スマホ、PC以外にもTVやPS4などでも視聴が可能。

無料期間:2週間
無料期間終了後:月額540円 <最安>
動画数:7,000以上
マルチデバイス対応

会員登録後、無料期間中(2週間)に解約すれば、費用は一切かかりません!

月額料金最安値!無料期間内だけでなく継続利用を考えているなら最もお財布に優しいサービスです。

【告白】のあらすじ

とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです」教室内は一瞬にして静まりかえり、この衝撃的な告白から物語は始まっていく……。

見どころ

2009年本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラー小説を原作に、教え子にまな娘を殺された中学校教師の復讐(ふくしゅう)を描くミステリー。『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督がメガホンを取り、事件にかかわった関係者たちの告白によって真相が明らかになっていく緊張感あふれるドラマを作り上げた。『ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~』の松たか子がヒロインの狂気を体現するほか、『キラー・ヴァージンロード』の木村佳乃、『重力ピエロ』の岡田将生らが共演する。


【告白】を、無料で見れます!
映画やドラマなどの動画を楽しめる動画配信サービスを利用して
無料で視聴しよう!


キャスト・スタッフ


【出演者】

松たか子/木村佳乃/岡田将生/藤原薫/橋本愛/新井浩文/山口馬木也/黒田育世/芦田愛菜/山田キヌヲ


【監督/演出】

中島哲也


【プロデューサー】

川村元気/市川南/塚田泰浩/石田雄治/鈴木ゆたか


【原作/脚本】

湊かなえ/中島哲也


【受賞】

第34回 日本アカデミー賞/第53回 ブルーリボン賞


【チャンネル】

東宝

【告白】の口コミは?

1年B組の担任・森口悠子はシングルマザー。元夫はエイズで余命いくばくもない熱血教師。娘をクラスの中学生二人に殺される。
犯人Bの母親は息子を手塩にかけて育てたと信じきっている。それは母親なら当たり前だ。小説ではひきこもりになってしまった息子のために、彼の大好きな食べ物を作り続ける母親。小説ではもっとそのへんが克明に描かれて泣ける。けっして潔癖症の女性ではない。普通の母親である。仕事にかまけて家庭に無関心な父親に替わって家庭を死守している。でも映画では描き切れていない。気持ち悪くて暗い母親として描かれている。そこがよけいに哀しい。
犯人Aの母親は研究者。陰の薄い電機屋の夫に愛想をつかして家出し、大学の研究者になり、同業の男と再婚する。Aは母親に認められたくて、電器ショックの財布を作って、全国大会に出品して授賞する。しかし、母親はそれに気づく気配はなかった。
皮肉にもすべて父親不在である。父権が失墜した世界の中で、尊き命が奪われる。
母親だけが悪い。小説を読まないと、映画だけではそう錯覚してしまう。それだけ母親にべったりで父親がいながら、母子家庭になってしまった子供の悲劇がクローズアップされている。だから全体的には小説の方が、告白が文章になっている分数段レベルは上だ。
しかし、「嫌われ松子の一生」で、人生を踏み外していく女性を、全く思いもつかない斬新な映像で描き切った中島哲也の底力が、なんとラスト30分になって爆発するのだ。
犯人Aは母親に認められたいという一心で、周囲の命を粗末にしていく。そのひとりよがりの殺人理論に、愚直なまでに正面から対抗する森口悠子。
時計の逆回りで展開する今日から昨日へタイムスリップの映像。それが、命の重さを犯人Aに対していやというほど、これでもか、これでもかとつきつけていく。
その中島哲也の執念とも思える熱き正義感が、父権の失墜と親の責任と子育ての難しさに直面する世の父親たちの心を、いつまでも揺さぶり続けてやまないのだ。


配信で見たが、再生中一度だけ止めようと思ったが不快なようで不快でない、絶妙な話運びにその後はのめり込むように見てしまった。面白い。


めちゃくちゃ怖い、、ホラーよりこういう映画の方が個人的に免疫が弱い。音楽やら俳優たちの絶叫やら演出がもうこわい 怖すぎる。
たとえ殺人を犯しても、14歳未満であるという理由だけで少年法によって守られている殺人犯がいること。これは映画の中だけの話ではない。被害者が守られず、罪を犯した加害者が守られている法律があるということ。今作は単なる復讐劇ではなくそういったシビアな問題も扱っている。
クラスの生徒たちの騒がしい感じには終始イライラしたので、映画館で観なくてよかった、、ああいうアホなノリの高校生たちを大画面大音量で観るなんて耐えられない。
松たか子の復讐の手口の徹底っぷり、どちらかと言うとサイコパスではなくて性根が腐り果てたって感じ。
でも反省の色を見せない加害者に復讐するならこういう方法が一番良いんだろうなって思う。法で定められた一律の処罰を与えて反省を促すより、被害者もしくは被害者遺族と同じ目に合わせた方がフェアだと思う。というこわい考えが浮かんでしまった。
でも結局復讐しても新たな被害者と加害者を生むだけなんだよなぁ、、負の連鎖が広がるだけなんだよなあって。難しい問題すぎる
フィクションだと分かってても無理だった。。フィクションだからこそもう観たくない?


良いかどうかは置いといて、すこぶる「好み」な作品なことは間違いない。
なんやかんやで観るの3回目くらい。
あらゆる意味での松たか子の圧倒的感。
ガキンチョでは太刀打ちできんさそりゃ
憎い相手ならバキュンと銃で撃ってしまえばそれはそれでスカッともするけど
暴力でねじ伏せるよりも、周辺からじわじわ精神的な地獄を見せて行くほうがたまんないよね。弱火でじっくり。
己の快感に忠実に見ちゃう。
いや、ぼくはまともだよ。芦田愛菜だよ。
あと強いていうなら橋本愛ちゃんには幸せになってもらいたかったよ
制服と私服のギャップがよろしい。
無料動画の視聴時にはこんな所に注意を!

映画やドラマを視聴できる、無料動画のサイトはたくさんあります。
でも、著作権違反など、違法に動画をアップロードする行為は犯罪です。

違法動画をアップロードはもちろん、無料視聴する側にも罪に問われます。

違法にアップされた動画を見る時、違法動画と知っててダウンロードすると、
2年以下の懲役または、200万円以下の罰金が科せられます。

こちらでご紹介しているサイトの無料で公開している動画は大丈夫!
視聴するだけなら、なんの刑罰の対象にもなりません。

同じ見るなら、合法的に堂々と安心して動画を見ましょう!

【告白】のネタバレ感想

ココからはネタバレを含みますので閲覧注意です。

最初から引き込まれて観てしまったので、松たか子さん凄いなぁ、と。
穏やかそうでいて心の内は悲しみに苦しんで苦しんで苦しみ抜いた上の決断をしていたからだったのかなと見終わった後思いました。
最後のセリフでここから厚生が始まる、と言っていたのは命を軽視している少年に命の重さを理解して欲しかったんだろうなと思えました。
ただ、理解出来たんじゃないかなと思える反面ちゃんと更生できるのかその辺りも少し描いて欲しかった気もします。
モヤモヤというか、なんとも言葉にしがたい物がのこってしまった。
最後に鼻血が出ていたのは何だったのかな。興奮しすぎて?


重いテーマをポップに演出してるのがこの監督の味かと思い今回も期待した。たしかに一部のシーンは急に幼稚っぽかったり、子供番組のような演出になったりしてすごい新鮮だったけど、あとは普通のシリアス音楽アンド演出だった。あとなにを伝えたいのか?メッセージがよくわからない。結構ん?ん?ってなる映画だったンボ。モヤモヤするンボ。それとなんか色んな現代社会の問題を詰め込みすぎた感じある。過保護な母とか、育児放棄とか、もっと絞って描けばもっとスッキリした。
原作からだからスッキリするような映画になるわけないしそれをこの映画は目指してもないんだろうけど。


友達達で見終わった後居酒屋で「ウェルテ?ル!」って言って乾杯した。
先生は虚言でみんなをかき回しただけで実際は何もしなかったのかなと思った。
いじめられている人がのちにいじめている側に回っていることを人から聞いてゾッとした。
映画を観た後にその映画について人と話し合った回数が今までで1番多いかもしれない。
音楽も良かった。


陰鬱な雰囲気の所々で流れるポップな映像音楽と、貼り付けたような笑顔で笑う生徒たちにゾッとする。
誰が悪で何が罪なのか。加害者含め加害者周りの人間は本当に愚かだと思うけど、
クラスメイトの行動も恐ろしいなと思ってしまう。
もちろん加害者のした事は許されることではないけど、彼らのしていることも正義ではない。
でもあの状況ってSNSが普及した今そこら中に溢れている。自論を正論だと思い込む事は本当に恐ろしい事だと思う。
イヤミスとか胸糞とか言われてるけど、その感情はそこまで湧かなかったかなぁ。
一応加害者2人は粛清は受けているし…もちろんスッキリ終わったわけではないけど。
あと、気になったのは森口が体育館にあった爆弾を解除したと言っていたのに修哉の母親のところで爆発した事。
森口がもう一度爆弾が爆発するように作り直したって事?そこがよくわからなかった。