転職まとめ「資格取得」

スキルアップをしよう

スキルアップなら
資格取得もひとつの方法

挑戦するなら、今の仕事に役立つ資格もしくは転職・独立につながる専門性が高い資格がおすすめです。

資格によっては、比較的簡単に取れるものは多くありますが、合格率の低い難しい資格であれば、企業からも重宝されやすいでしょう。とはいえ、必ずしも「難易度が高い=転職に有利」とは限りません。どんな資格を持っていると役に立つのか、今後社会的に需要が高くなる資格は何かをチェックしておくと、より転職にも有利に働きやすくなります。

士業の資格取得がおすすめ

資格に「〜士」がつく職業をまとめて「士業系」と呼ぶことがあります。
弁護士などの非常に難易度の高い資格が有名です。
士業系はどの資格も取得が簡単とは言いがたいですが、持っていると就職に有利なものも少なくありません。

◆宅地建物取引士
「宅建(たっけん)」と省略して呼ばれることもある宅地建物取引士。
不動産の売買や賃貸を媒介する不動産業者には、1店舗に少なくとも1人以上必要となる資格です。
また、不動産の契約の際、重要事項説明の作成や押印などは宅建士でないと行ってはいけないことになっています。
そのため常に需要の高い資格であり、持っていれば就職に有利となります。
土地・建物や関連する法律の勉強が必要です。
受験資格は特にありませんが、不動産関連業に就職してから受験する人が多いようです。
宅建を取得してから就職をすることももちろん可能です。
宅建は全受験者中の合格率が約15%(3万人程度)と言われています。
難易度はそれなりに高いため、実務経験がない場合は1回くらいは失敗してもよい、という心構えで臨むといいでしょう。

◆行政書士
行政に提出する書類関係の専門家と考えれば、その仕事内容が分かりやすい行政書士。
たかが書類と思ってしまいがちですが、初めて提出する書類に不備があって修正を繰り返したりした経験はないでしょうか。
特に、行政の許認可が必要な事業などにおいては手続きが煩雑になりがちです。
それらの書類の作成から提出までを代行するのが行政書士です。
事業関係以外でも、遺言作成・成年後見人などの家族に関わる手続きや、内容証明や示談といった係争についても携わります。
資格取得後は行政書士法人への就職や独立といった進路が見込めます。
行政書士試験は毎年5万人程度が出願し、合格率は10%前後と言われています。
法律に関する知識が広く求められます。
ただし、試験方法は選択式と回答記述式なので、勉強こそ必要ですが、正確な知識を持っていれば合格しやすい試験と言えます。

◆司法書士
行政書士は行政の書類に関する専門家ですが、司法書士は行政関係に加えて法律に関わる書類の専門家でもあります。
勉強量と難易度の参考として、仮に大学生が資格試験を受ける場合を考えてみましょう。
一般に、毎日しっかり勉強して行政書士は2年生、司法書士は在学中の取得が期待できる、と言われることがあります。
難易度や業務範囲は行政書士よりも高く広く、弁護士より低く狭いというイメージを持てばいいようです。
司法書士でも研修を受ければ、簡易裁判所で行われる裁判で弁護士のような業務を行うこともできます。
司法書士試験は筆記と口述試験に分かれます。
基本的には筆記試験に重きが置かれるようですが、求められる知識の範囲は広くなりますので、しっかりとした対策が必要です。

◆弁理士
名前が弁護士と似ている弁理士は、特許や商標など、知的財産権に関する申請の専門家です。
特許・商標・意匠・実用新案などは特許庁に登録して初めて保護されるものですが、この申請手続きは非常に難解なことで知られています。
また、日本国外での保護を申請する必要があることもあります。
このような手続きのために、類似の登録がないか調べたり、書類を作って申請したりするのが弁理士の仕事です。
試験は筆記と論文があり、難易度の高い資格として知られています。

転職を決意した理由を考え直す

なぜ転職を決意したか?それなりに理由があるはずです。
その理由についてもっと深く考えてみましょう。それがちっぽけな理由であれば30代での転職は失敗する可能性があります。なぜなら同じ失敗を繰り返す可能性があるからです。
理由が職場の上司が嫌だからなど、そもそも仕事をしたくないなどの理由であれば次の職についたとしても成功する事はまず不可能でしょう。仕事をしたくないのならなぜしたくないか?など深く考えて見て下さい。きっと根本的な理由がみつかるはずです。

やりたい事をみつけよう

やりたい事をみつけよう

やりたい事みつけましょう。ただ何となく辞めたいでは、転職を考えない方が良いでしょう。
やりたい事はなんなのか?興味を持った事をネット、情報誌を使って徹底的に調べよう。
それができたらそれに見合ったスキル・資格などの取得を考え行動に移す事が成功の秘訣です。

30代の転職はお金がなくてはできない。

30代ともなると家族を抱えている方が多いと思います。自分だけならまだしも家族の未来も巻き添えにする事を考えましょう。その為には少なくとも6ヶ月分働かなくても大丈夫な様にお金を貯めなければいけません。そしてその6ヶ月で何をするか?無駄なく過ごす為に入念な計画を練る事で転職を成功させる事ができるでしょう。

年金・健康保険・生命保険の支払いなど想定して計画しよう

会社を退職するという事は会社が負担していた厚生年金や健康保険が無くなるという事です。
あなたがいかに会社から守られて来たか知る事になるでしょう。
前職での健康保険の延長ができますが、年収により国民保険に切り替えた方がお得な場合もあります。転職前には全て調べておきましょう。又厚生年金などの支払い額も計算しておき、もし払えないようであれば次の職に就職後に支払う事も可能になので事前に全て調べましょう。

退社時にはつながりを残して辞めた方がお得

喧嘩して辞めたりする場合も多い様ですが、落ち着いて考えてください。もしかしたら、次の職場との取引先になる事など考えられます。その場合はあなたの評価が下がる可能性もあります。
又、自分で事業を考えている人は顧客になる可能性だってあります。どちらにしてもつながりを残して退社する方がお得という事です。

もし家族がいるのなら家族の事を最優先に考えよう。

家庭環境がうまくいっていない、などの理由がある場合は会社でうまくいかないという理由より深刻な状況です。転職により考えられるのは家族の絆がどれほどか?という部分が重要です。家庭環境がうまくいっていない状況であれば、転職前に修正しておく事が転職を成功させることをおすすめします。なぜなら家族が納得したとしても長期に就職できな場合は家族環境が崩れるからです。そしてそれがあなたのいらだちにつながり、孤立させる原因にもなります。家庭環境を整える事が転職成功への近道です。

想定を超える事を想定しておく

転職後に起こる事を想定しますが、確実なのはその想定を超えた何かが起こるという事です。綿密に準備しても100%その通りには行かないという事を想定しておきましょう。又、トラブルに直面した時に本来の自分でいられる様に前項で決めた目標を持ちましょう。そうすれば計画にぶれが発生した時にも自分を見失う事はないでしょう。

失敗したら終わりじゃない

上記の事をふまえて転職を考えて行動した場合は確実に人間として成長している事でしょう。又、希望の職に付けなかったとしても努力した過程で何かを見つけたはずです。転職は失敗したとしても本当の失敗ではない。何かを思って行動にうつさない人生こそ失敗と言えるでしょう。