3Dプリンターの基礎知識や
おすすめ製品比較

以前と比較するとさまざまな部分で進化を感じることができます。3Dプリンターに関しても同じことが言えるのではないでしょうか。年々進化を続けている3Dプリンターですが、どのような特徴があるのか、おすすめの3Dプリンター比較などを紹介していきましょう。

3Dプリンターの基礎知識

こちらでは、3Dプリンターの基礎知識について見ていきましょう。どのような特徴を持っているのか知ることで、通常のプリンターとの違いも見えてくるのではないでしょうか。

 ・在庫を抱えない

3Dプリンターはさまざまな部品を作ることができます。サンプルなどで外注依頼をすると費用が発生しますが、会社に3Dプリンターがあればすぐにサンプルが作成可能です。製品に関しても注文があった時に作ればいいだけなので在庫を抱えるリスクを減らせます。

 ・効率良い作業が可能

機械の修理などで必要なパーツがないために待たされることもありますよね。しかし、3Dプリンターがあれば、すぐにパーツ作成に取りかかれるので修理作業自体も効率良くなるのです。

 ・色々なものを作れる

基本的に3Dプリンターはさまざまな部品を作ることができます。そのため、さまざまなジャンルで活躍できる製品なのです。

3Dプリンター購入時の注意点

3Dプリンターは便利なのでさまざまな企業で導入傾向があります。しかし、便利だからと言って何も考えずに購入してしまうと大変なことになる可能性があります。こちらでは、どのような注意点があるのかを見ていきましょう。

 ・設置場所に注意

プリンターという名前から一般的なサイズを考えている人もいます。しかし、基本的に3Dプリンターは大きいので設置場所に困る企業も少なくありません。そのため、3Dプリンターのサイズをしっかり測っておかないと慌てることになります。

 ・素材チェック

3Dプリンターによって使用できる素材が異なってきます。どの素材でも使用できるタイプもありますが、購入前に確認しておかないと素材費用の方が高額になってしまう可能性もあります。

 ・造形物のサイズ

3Dプリンターは機械によって最大造形物は異なるのでチェックしておかないといけません。同じ大きさの機会であっても、完成造形物のサイズが異なるので気をつけましょう。

3Dプリンターを導入するメリット

3Dプリンターは高性能であればあるほど、初期費用も高額になってきます。しかし、それでも導入する企業が増えているのです。こちらでは、3Dプリンターを導入するメリットについて見ていきましょう。

 ・コスト削減

サンプルなどを作成する場合、外注依頼が一般的でした。しかし、3Dプリンターである程度のサンプルは作成可能なので、外注依頼をする必要がなくなったのです。コスト削減に役立つため、導入する企業も多くなっているのでしょう。

 ・品質向上

3Dプリンターでサンプルを作ることで、試作段階から細かな確認をすることができます。結果として、それが製品の向上につながるのです。

 ・すぐに形にすることができる

アイデアをすぐに造形できるのは、3Dプリンターの最大のメリットと言えます。素材は必要ですが、手軽にアイデアを形にできるのは造形物を作る企業にとってこれ以上ないほどの魅力となるのです。

おすすめの3Dプリンター比較

3Dプリンターと言ってもさまざまな製品があります。こちらでは、どの3Dプリンターはおすすめなのかを比較してみましょう。

 ・Bellulo

国産の3Dプリンターであり、超大型造形物に対応している特徴があります。高耐熱、高耐久など品質の良さにも定評がある3Dプリンターです。大型造形物に適していながら、制作速度も満足できるという意見が多くあります。

 ・Raise 3D

3Dプリンターではありますが、低価格で購入できるので比較的導入しやすい特徴があります。業界初のタッチパネル対応など革新的な技術が多く搭載されているのです。200時間を超える制作でも安定したクオリティを保つと評判です。クオリティ重視の人におすすめされている製品と言ってもいいでしょう。

 ・F900

大型でパワフルな性質を持つ3Dプリンターです。強度に優れた素材を使用できることから、大型のパーツ制作に適していると高い評価を受けています。これまでの3Dプリンターでは難しかった小ロット生産にも対応しているという魅力があります。

3Dプリンター比較について知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

3Dプリンターと言ってもさまざまなタイプがあります。
まずは、どのような造形物を作るために導入するのかなどを明確にしておきましょう。
3Dプリンターは大型を購入すればいいというわけではありません。
自社に合う機能性を持ったものを選ばないと逆に無駄な費用をかけてしまうことになるのです。
大は小を兼ねると言いますが、3Dプリンターに関しては大はコストも高くなるので、
小を兼ねることはあっても費用がかかりすぎます。