ワーママのための【あとラク投資】講座
月5000円から始める はじめてのつみたてNISA

  • 自分のことは、後回し。
    お金のことは…?
  • 自分のことは、後回し。
    お金のことは…?

こんなお悩みありませんか?

  • お金のことを相談できる人が
    いない
  • 子どもの教育費って、
    どうやって貯めたらいいの?
  • 銀行で相談したら、
    何か買わされそう…
  • 2000万円問題、
    結局どうすればいいの?
  • 2000万円問題、
    結局どうすればいいの?

そのお悩みを解決します!

この講座では、つみたてNISAの始め方をオンラインで学ぶことができます。
忙しいワーママでも、自分のペースで進めていただけます。

こんな方が対象です

  • やってみたいけど、最初の一歩が踏み出せない
  • ネット証券口座を作って、投資を始めてみたい
  • つみたてNISAって気になるけど、よくわからない

  • ファンド選びのポイントを知りたい
  • ファンド選びのポイントを知りたい

そのうちに…と先延ばしにしてませんか?

たとえば、夏休みの宿題。
毎日ちょっとずつやればそんなに大したことないのに、ついつい先延ばしにしてしまった。
そんなお子さんに、「なんでもっと早く取りかからなかったのー?」と叱ってしまったことは、ありませんか?

実は、資産形成も同じこと。
ちゃんと勉強してから、お金が貯まってからと先延ばしにするより、まずは仕組みを作って、コツコツ続けていくのが大切です。

子どもさんの教育費やマイホーム資金、セカンドライフを楽しむためのお金。
10年後、20年後になってから、「もっと早く取りかかるんだった…」と後悔しないように、人生で一番若い今から、スタートしてみませんか?

この講座では、STEP1から3までの動画で構成されています。
わからないところは何度でも聞き直すことができるので、忙しいワーママでも
無理なく学べるようになっています。

そして、今回に限り、60分のZOOMコンサルもお付けします。
実際にやってみてわからないところを、個別に質問していただけます。

この講座で学べること

STEP1 投資信託が忙しいワーママにお勧めの理由
1.投資したくない理由と投資信託のメリット
2.投資信託のしくみ
3.リスクを減らすための3つのキーワード
STEP2 つみたてNISAの始め方 その1
1.つみたてNISAとは
2.世界の主な株価指数につみたて投資した場合
3.ネット証券でつみたてNISAを始めるには
STEP3 つみたてNISAの始め方 その2
1.つみたてNISA完了の通知が届いたら
2.投資信託選びのポイント
3.バランス型か、株式型か

募集価格

モニター価格 14,800円
※ZOOM60分のコンサル付

銀行振込(振込手数料はご負担ください)


初心者さんのための資産運用ナビゲーター
 和田おはま

大手証券会社で28年間、その他金融機関で6年勤務し、資産運用のアドバイスを行う。
バツイチで2人の息子を育て上げ、その間にファイナンシャルプランナーの上級資格であるCFPを取得。
自身の運用では、確定拠出年金1000万円が10年で1500万円に。
投資初心者さんが最初の一歩を踏み出すための情報を発信中。

よくある質問

パソコンを持っていませんが、参加できますか?
→スマホでも大丈夫です。

まったく投資経験がなく、何もわからないのですが、大丈夫ですか?
→私自身、30年以上金融機関で働いてたくさんの人に資産運用のアドバイスをしてきて、いつも説明がわかりやす
 いと言われてきました。
 予備知識が何もなくても、まったく問題ないです。

投資で損をすることはありますか?
→元本の変動するものに投資をするので、元本割れのリスクはあります。
 リスクを抑える方法についてはお伝えしますが、「絶対に損したくない」という人には向きません。

つみたてNISAの具体的なお勧め銘柄も教えてもらえますか?
→参考のために個別銘柄の過去の値動きなどはお伝えしますが、「これが一番お勧め」というのは
 お伝えできません。

追伸

私自身、保育所の送り迎えの車の中で洗濯物をたたむような、忙しいワーママ生活を送ってきました。
(当時は、ワーママという言葉はありませんでしたが)

日々の生活を回していくので精一杯、それ以外のことを考える余裕はない…という人も多い中、
メルマガに登録して、そしてこれを読んでいただき、本当にありがとうございます。

ちゃんと時間ができてから、ちゃんとお金が貯まってから投資するより、時間を味方につけて、資産を形成するほうが、実はかんたんです。

最初に仕組みさえ作ってしまえば、あとは毎月コツコツ積み立てていくだけの、【あとラク投資】。

ぜひ、最初の一歩を踏み出してくださいね。