「あなたの支援で、子どもの命を助けてください!」

僕らが、カンボジアに病院を建てた3つの理由

必要なのは…
「赤ちゃんとお母さん、子どもを守る病院」。カンボジアの貧しい人々に、無償で医療を提供します。

 カンボジアに病院を建てた3つの理由

医師がいない!

ポルポト政権による大量虐殺により多くの知識人が命を落としました。その結果、カンボジアは医師が少なく、医療レベルが低い状況が続いています。

僕たちはこの状況を変えるため、医療技術の技術移転をするための礎となる「病院」の建設が一番と考えました。

治療を受けれない!

カンボジアには日本の国民健康保険のような社会制度が存在しないため、医療費は全て自己負担。お金が無ければ医療を受けられないのが現実です。盲腸の手術にすら、カンボジアの平均月収の半分程もかかります。これはあくまで平均給与での計算。農村部の貧しい、給与収入の少ない家庭では、非常に大きな負担です。

助かるいのちが
助からない!

赤ちゃんは腸閉そくで便が排出できない状況。しかし治療費が払えず、現地の病院から追い返され死を待つのみ。そんな時、ジャパンハートの噂を聞きつけ、来院。たった25分の手術で命は救われました。しかし、このように助かるケースはほんの一握り。死に面している子どもでも、手術代が無いと簡単な治療もしてもらえません。

だから、問題を解決するため、立ち上がった。

  • 病院で… 貧しい人に、無償で医療を提供する
  • 病院で… カンボジア人医療者を育成する
  • 病院で… 途上国内での治療が難しい患者を集め、助ける

「カンボジアの赤ちゃんとお母さん、子どもたちを救う。」
この活動にご協力下さい。

貧しい人々に無償医療を提供し続けて10年
今や年間2万人に医療を届ける。

国際医療NGO ジャパンハート
-途上国支援の最前線の声-

「地元に愛される、メイドインジャパンの病院に!」

プロジェクト ダイレクター
長谷川 彩未
 カンボジア事業の立ち上げから7年。多くの人たちが活動や寄付で貢献してくれました。今後は、医療行政区域のモデルケースを作り上げます!
これによってこれまで手からこぼれ落ちていた、治療の必要性の高い、一人ひとりに確実に医療を届けていきます。

「子どもは世界の宝だ」

小児外科医/ジャパンハート代表
吉岡 秀人
 長い間、アジアで医療を続けてきた私の反省は、もっと子どもたちを救えたのではないかということ。がんの子どもたち、心臓病の子どもたちもその多くに対して、ほとんど何も出来なかった。しかし、いつまでも手をこまねいていてはだめだ。だから、東南アジアで最も柔軟性のあるカンボジアに、独自の病院をつくる。そして、アジア各地の貧しく医療を受けることが出来ない重病の子どもたちを集約的に治療できる日を夢見ている。

「特定非営利活動法人ジャパンハート」とは?

2004年に代表/小児外科医の吉岡秀人が立ち上げた、ボランティア医療団体。主にアジアの途上国で、日本人のボランティア医療者と現地人医療者が協力し、無償で診察と手術を行う。その数、年間2万件以上。さらに、地震や洪水などの大規模災害時には、いち早く現場へ駆けつけ、緊急医療支援を行う。
ジャパンハートの活動には、年間のべ600人の日本人医師・看護師が参加している。

10年続く、ジャパンハートの「医療の届かないところに医療を届ける」活動は、多くの支援者の寄付により支えられている。

主な支援企業
ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社、パナソニック株式会社、三菱商事株式会社 ほか