タンザニア国際商業見本市アテンド企画
津梁貿易株式会社・East Africa Sales Promotion主催 
7月に開催されるタンザニア国際商業見本市を機にタンザニアをアテンドする企画です。
催行(7月6日~7月11日)
国際商業見本市・サバサバとは?
タンザニア国際商業見本市・サバサバは、例年、総参加企業1000社・来場者数20万人を越える東アフリカ最大規模の商業見本市です。
タンザニアと国を挙げての一大イベントです。
現地企業・外資企業に関わらず、周辺のアフリカ諸国から、多くのビジネスパーソンが集まり、企業のマッチングが行われる場でもあります。
いきなり、ここで何かを売り込むのではなくとも、アフリカンマーケットを外観するには、絶好の機会と言えます。

過去の開催の様子がレポートされていますので、こちらを御覧下さい。
*現代ビジネス(弊社スタッフによる寄稿)
*日本貿易振興機構JETRO

国際商業見本市・JAPANブース
弊社、タンザニア法人、East Africa Sales Promotionは、タンザニア貿易省によるサバサバ準備委員会に所属していて、例年、日本企業が集まるジャパンパビリオンというエリアを統括しています。 
毎年、出展企業は、既に積極的にアフリカで事業を展開している大企業から、これから進出を試みる企業まで様々です。
各企業が、アフリカでどういった戦略で製品を展開しているのかも、視れると思います。
なお、今年のJAPANブースの出展受付状況は、4月現在、まだ受付可能ですので、ご興味ある方は、こちらもご案内致します。

注目され始めたアフリカンマーケット。その実際の姿を視る。

タンザニアは東アフリカに位置する国です。北東部にアフリカ最高峰のキリマンジャロ山、北部にアフリカ最大の湖、ビクトリア湖があります。
今回、渡航するのは、同国の実質的首都である、港町ダルエスサラームです。(行政上の首都は、ドドマ)
ケニアや、南アフリカと比較してしまうと、経済成長は遅れている国ですが、近年注目されている国の1つです。
港町なので、リゾート地や、ビーチもあります。アフリカの夕日と海は、壮大です。
滞在中には、こういったところも、息抜きに訪れます。
港町なので、リゾート地や、ビーチもあります。アフリカの夕日と海は、壮大です。
滞在中には、こういったところも、息抜きに訪れます。
アテンド企画の趣旨
最近になって、アフリカにビジネスチャンスを感じているのか、日本語で特集されている記事も少しづつ増えてきました。
ですが、まだ、その情報は、断片的でもありますし、良い部分が強調されていることもありますし、その逆の場合もあります。
また、現地に行ける方でも、短期滞在では、視る所も限られます。
このアテンド企画では、サバサバという商業見本市の場で、企業の動きを見た後で、ローカルなマーケットから、市内の発展している地域、また打って変わり、白人が集まる地域・リゾート地、個別の企業訪問まで、短期間の滞在で、出来るだけのものを詰め込んでいます。
50カ国以上あるアフリカ大陸全体として考えると、タンザニアという1つの国は、とても小さく、この企画で、アフリカの全てを見せます、というにはあまりに浅はかです。
ですが、日本企業としては、アフリカに長く根付いた弊社ならではの、参加して頂けた方にアフリカを感じてもらえる滞在プランを、ご用意する予定です。
ビジネス視察として企画を行っていますが、あまりお固い企画ではありません。
是非、この機会にアフリカに訪れてみてください。



渡航スケジュール
7/6 現地空港集合・ホテルチェックイン・必需品購入(SIMカードなど)・夕食
7/7 サバサバ会場
7/8 ダルエスサラーム市内周遊・各視察
7/9 ダルエスサラーム市内周遊・各視察
7/10 ダルエスサラーム市内周遊・各視察
7/11 朝食〜空港送迎
7/10 ダルエスサラーム市内周遊・各視察

昨年のアテンド企画の様子の一部を紹介します。

当企画では、サバサバを一通り回ったあとは、ダルエスサラーム市内を周遊します。初めての一人渡航では、行けないところもまとめて、案内する予定です。写真は、タンザニア最大規模のある財閥企業の工場を訪問したときのもの。インド人のトップマネージャーから、様々な話を伺いました。
East Africa Saels Promotionが理事として、参画している農業大学を訪問しました。設立から5年強で生徒を数百人抱えるようになった新進気鋭の大学です。理事としての活動は、農機をリースしたり、ビジネススキームの構築の手助けを行っています。訪問では、創立者から直接、話を伺いました。
夜は、積極的に、会食をアレンジメントしている。様々な人に出合える機会でもあるし、タンザニアは、ご飯もお酒も大変美味しいので、楽しみな時間です。なお、食事代は、参加費に含まれています。
夜は、積極的に、会食をアレンジメントしている。様々な人に出合える機会でもあるし、タンザニアは、ご飯もお酒も大変美味しいので、楽しみな時間です。なお、食事代は、参加費に含まれています。
代表 金城拓真よりメッセージ
___

準備中です。
参加費
一般:1400USD
オンラインサロン[アフリカ・新興国・途上国研究所会員]:1200USD
早割A:5/10までのご入金_100USD割引
早割B:5/31までのご入金_50USD割引
参加費には、滞在日程の朝晩食料金・ホテル料金・移動交通費など、現地でかかる費用ほぼ全てが含まれます。
含まれない料金:通信費・お土産代・昼食代ほか
※オンラインサロンの会員料金は、新規入会の方は、対象外になります

よくある質問

渡航前の準備について
必要になるであろうもの、あったら便利な物や、その他、渡航に関する相談は、いつでもメール、または、スカイプを通じてケア致します。
黄熱病予防接種に関しては、タンザニアのみの渡航であれば必要はありません。ビザは、アライバルでも受け付けていますが、特にサバサバの期間は、混雑していることもあるため、日本から事前に取得されるのことをお勧めしています。

航空券の取得について。
現地空港集合の企画なので、航空券の取得は、各自で行って頂きます。お申し込みされる方には、お勧めの航空券などは、お教え致します。
現地でのトラブルについて
現地で盗難や、何かしらの損害が発生した場合について、弊社では一切の責任を負えません。
安全な滞在になるよう最大限の注意を払って企画していますが、自己管理を前提にご参加ください。
学生でも参加できますか?
勿論可能です。昨年開催した際は、20代前半の方から、中小企業の社長まで、集まりました。
別日程で個別にアレンジメントなどは出来ますか?
状況次第です。都度お問い合わせください。
ビジネスプランを練っていて、今回現地に視察に行きたいと考えています。フォローしてくれますか?
簡単に相談に乗ったり、アドバイスくらいは出来ると思います。
ですが、コンサルティングのようなものとは違いますので、コミットをお約束できるものではありません。
昨年の例では、この企画に参加された後も、継続して事業展開のために奮闘されていらっしゃる方もいます。
団体での参加は出来ますか?
人数次第で、割引も含め、相談に乗ります。
参加を迷っています。説明会などはありますか?また、締め切りはいつですか?
説明会などの開催は、未定です。お問い合わせ頂ければ、スカイプで個別に質問などもお答え致します。
締め切りですが、申し込み状況により、予告なしに終了する可能性がありますので、ご理解ください。


現地でのインターネット環境は?
滞在ホテルを除いた、ほとんどの場所でwifiスポットはありません。
また、弊社グループの旅行会社でwifiルーターのレンタルも行っていますが(有料オプション)、在庫により貸し出しできない場合もあります。
日中、インターネットに接続したい方は、SIMフリーの携帯電話をお持ち頂くのが一番です。
現地でのトラブルについて
現地で盗難や、何かしらの損害が発生した場合について、弊社では一切の責任を負えません。
安全な滞在になるよう最大限の注意を払って企画していますが、自己管理を前提にご参加ください。