台風たまご最新情報
日本へ接近する2020年の台風と熱帯低気圧の最新情報をお届け!

2020年の台風12号ドルフィンたまご最新情報

 2020年の台風12号ドルフィンの、たまごなる熱帯低気圧は発生しているのか?

令和2年9月19日の土曜日の午後時点の最新情報を、お伝えする。

米軍JTWCの最新の衛星画像は

 米軍の合同台風警報センター( Official U.S. Navy Website
Naval Meteorology and Oceanography Command )の最新の衛星画像は2020年9月19日の午前2時15分現在もの。

画面右下に見える雲の塊が台風11号ノウルの最終警告で、タイに上陸している。

台風12号ドルフィンの、たまごらしき熱帯低気圧も無ければ形成の警報( Warning Tropical cyclone Pacific North )である熱帯撹乱円の表記も一切ない。

ヨーロッパ中期予報センターの気圧配置図は

 ヨーロッパ中期予報センターECMWF( European Centre for Medium-Range Weather Forecasts )の9月23日の水曜日の気圧配置図。

画像は、日本の南側のフィリピン海の海域だが、台風12号のたまごらしき熱帯低気圧は発生していない。

実は、23日のコンテンツが一番先の予報なのだが、昨日までは27日ごろまでの気圧配置図が見られた。

特に24日から東シナ海上に低気圧らしき等圧線が現れ始めて、日本列島に向かって北上し始める進路予想図が公開されていた。

冒頭の動画でも解説しているが、次章でご覧いただける「 Windy 」でも確認ができる。

Windyによる9月24日午前8時の予想気圧配置図

 ヨーロッパ中期予報センターECMWF及び国際環境予測センター ( Global Forecast System )が提供している気象データをもとに生成される、Windyの画像。

上の画像は、9月24日の午前8時の予想気圧配置図だが、九州地方を四国地方の南の海上に1,006hpaの低気圧の等圧線が見える。

本当は、ここにWindyの埋め込み画像が貼れれば一番いいのだが、プレミアムプランじゃないと出来ないので、リンクにした。

2020年の台風12号に関する、さらに詳しい情報は私めのメインブログに書いているので、ぜひご覧いただきたい。↓