最初にハウスメーカー様に確認してください

このたびはk-designのTVボードに興味を持っていただき
ありがとうございます。

このページは
ハウスメーカー様にごらんいただくためのページです。


ハウスメーカー様へ

もっとも重要となる
三つのお願いです

施工(取付)をお願いします

フロート式のTVボードの取付には建築の下地が欠かせません。

どのようなものなのかを
k-designのTVボードの施工例及び施工図を見て確認してください。



TVボード施工例
サンプル図面①
サンプル図面②

施工に関する技術的な打ち合わせは
工場担当者と情報交換をしていただきます

取付の手順を説明した資料をお渡しし、
不明なところは工場の担当者と打ち合わせをしていただきます。

施工後のアフター管理もお願いしたい

施工後の管理は家の点検時に同時にお願いします。

主になるのは扉の調整程度です。
キズや破損等があった場合には、
こちらにもご連絡ください。

ハウスメーカー様のご協力があってこそお客様はお望みのTVボードを
リビングに設えることができますので、何卒ご検討のほどお願いいたします。

お客様へ

以上の三つのお願いがハウスメーカー様に承諾されましたら
お望みのTVボードの選定に入りましょう

問い合わせの前のチェックリスト

  • ハウスメーカー様から施工と管理の承諾は得られていますか?
  • 完成予定日とお住まいの地域をお伝えください。(場所により運送費が変わるため)
  • TVボードの施工例からお好みの形をお伝えください。(画像をクリック→右クリック→画像アドレスをコピー)

お問い合わせ

(011)864-0122

メールでのお問い合せ:
kawa.design@gmail.com

k-design:川尻 明世志(あきよし)

フロート式TVボード価格表

以下で紹介するTVボードプランは
あくまでも定型のものであり、
実際お客様からお問い合わせをいただいた際は
設置場所の条件や工事の進捗状況に合わせて、
かならずこちらからお客様の家に合った図面の提案をするものです。
ですから
家の下地の位置によりサイズも変える必要も生じ、
収納したいものによって内部の高さや割付の変更も可能です。
仕上げの色もご自由にお選びいただけます。
扉を引き出しに変えることも自由ですので
二つとない完全オリジナルのTVボードを提供することができます。
*図面の提案までは料金は発生しませんので お気軽にご相談ください。





k-designとは?

記事の提供

正式コントリビュータ

月に二度ほど特集記事を担当し、
インタビューなどもさせていただきながらすぐれた施工例を紹介しています。

詳細こちら

コントリビュータ

オーダー家具に特化した記事を書いています。

詳細はこちら

新聞掲載

数度にわたり取材を受けました。

紹介はこちら












家具設計.jp  建築に関わる家具設計に特化したページ 無料データ公開しています。
blogではインテリアデザインの話題を発信しています。   
システムキッチン/オーダー家具/k-design facebookページです。     
Pinterest (写真SNS) 世界中の優れた写真を集めながらデザイン感覚を 学んでいます。
 Furniture design を主宰