毎月1回発行

トトノエ堂通信WEB
2020

※毎月、月末の1週間ほどは更新作業のためページにアクセスできなくなります。

ちょっとしたお片づけのお悩み相談をどうぞ!
毎月10日にトトノエ堂公式LINEでやってます。
ぜひご登録して10日をお待ちくださいね。

トトノエ堂公式LINE
https://lin.ee/mp8KXIG


毎月1日からスタートする、1ヶ月限定の「暮らしの習慣づくりLINE」。
それぞれが自分のこれからのために習慣にしたいことにチャレンジしてます!参加無料ですので、お気軽にどうぞ♪

詳しくはこちらからご覧ください。

*9月分の習慣づくりLINEは、9/1までの受付になります。

「これから家を建てるなら知っておいてほしい!」
収納に関することを毎週金曜日に配信します。

ご希望の方はトトノエ堂公式LINEご登録後、トークにて「家メルマガ希望!」と返信してくださいね♪
10回に渡って家族で考えたいポイントをお伝えします!

トトノエ堂公式LINEはこちら。
https://lin.ee/mp8KXIG

「これから家を建てるなら知っておいてほしい!」
収納に関することを毎週金曜日に配信します。

ご希望の方はトトノエ堂公式LINEご登録後、トークにて「家メルマガ希望!」と返信してくださいね♪
10回に渡って家族で考えたいポイントをお伝えします!

トトノエ堂公式LINEはこちら。
https://lin.ee/mp8KXIG


トトノエ堂通信9月号 No.35

片づけストレスは、まず優先順位を決めてメリハリを!

忙しいとき、
悩みごとがあるとき、
片づけは苦手だと思い込んでるとき。

そんなときは、なかなかお部屋もスッキリしていないもの。

「でも片づけなくちゃ!」「どこから、どう始めたらいいの?」というストレスに効く、片づけのメリハリの付け方をお伝えします。

片づかないストレスって、
いろいろ混ざり合ってる!
まず、ストレスを分けよう。

  • モノがたくさんありすぎストレス・・・・減らしましょう!
  • モノが出しっぱなしストレス・・・・なぜモノを戻しにくいのか検証!

    ・収納の仕方がめんどくさい?
    ・しまう場所が遠い?
    ・アクション数が多すぎる?
  • ビジュアルのごちゃつき感・・・・部屋の中に空白を作ってみよう!

    ・必要なものだけになってることが大前提。
    ・アッチにもコッチにも、とモノが置かれているとウルサイ感じに。
     空白のスペースを意識して作ってみましょう。
  • 掃除のしにくさストレス・・・・床置き、飾り物などの見直しを!

  • モノが出しっぱなしストレス・・・・なぜモノを戻しにくいのか検証!

    ・収納の仕方がめんどくさい?
    ・しまう場所が遠い?
    ・アクション数が多すぎる?
自分の片づけストレスって、どこにあるんだろう?

そこを分かって次に進むとうまくいくことが多いです♪

お片づけが苦手と思っていても、人それぞれ苦手なことは違うものです。
1
余裕がないときは、少しでもスッキリしているスペースをつくる
部屋の中がまんべんなく雑然としていると、さらに疲れも増してしまうもの・・・。
散らかった部屋だと、疲れも取れませんし、明日への元気も湧いてきませんよね。

かといって、時間もない!余裕もない!

そんなときは、1箇所だけでもいいので「スッキリと何もない」スペースを
作ってみることをオススメしたいです!!

■テーブルの上には何も置かない。

■玄関の靴は、げた箱にしまう。

■カウンターの上には花だけを飾る。

など、小さなことで大丈夫。

あなたがスッキリしていると気持ちのいい場所はどこですか?


トトノエ堂スタッフの場合、ダイニングテーブル。
ここにモノが溜まってくると余裕のなさを感じます・・・。
テーブルに何もないだけで、気持ちもホッとできるんですよね^^



2
ここだけは最優先!そんな場所だけの「毎日リセット」を続けてみる


「部屋全部を毎日リセット!」と意気込みすぎてしまうと、忙しい状況のときや
余裕のないときは続きません。

そんなときは、無理なく小さな1箇所だけを続けてみてはどうでしょうか。
いつも気持ちいい場所があることの効果を感じていけるはずです。

ぜひ「毎日リセットする」を続けてみてくださいね。
「毎日リセット」と「まとめてリセット」で、片づけの優先順位を付けておく
【ここだけは片づいてないと、毎日が大変になっちゃう!】

理想を言えば、散らかってもパパッと最適な定位置に
モノが片づけられていくお部屋かもしれません。


ただ、片づけに苦手意識がある人で
大変な時期を迎えている人や、物理的精神的にも忙しい人は
いきなりは大変すぎるのも事実です。


ただ、「ここだけは片づいてないと毎日が大変になっちゃう!」
そんな場所の片づけ優先順位はあげておきたいもの。


あなたにとってそれは、ご飯をつくるキッチンでしょうか?

それとも、ワークスペース?子供の準備スペースでしょうか?


毎日の時間管理や効率に直結している場所ほど、
モノの見直し、収納の見直しをして、毎日リセットを。



そこの片づけが習慣になっていけば、
どんどん次のスペースにつながっていきますよ。


残りは、「まとめてリセットでよし!とする」と決めてしまうのも手です。


罪悪感を持つ必要なんてないんじゃないかなと思うのです。
考えてみれば、私たちは毎日よくがんばってる^^


一つできたこと、今日リセットできたこと、
まずは自分を褒めていきましょう!


自分で自分のペースを作りながら、
理想の部屋作りに進んでいけばいいのではないでしょうか。


もちろん、片づけの基本は押さえておいてくださいね!
(やみくもに進めていくのと、基本が分かって進めていくのでは
ゴールへの速度がだいぶ違ってきます。)



2
ここだけは最優先!そんな場所だけの「毎日リセット」を続けてみる


「部屋全部を毎日リセット!」と意気込みすぎてしまうと、忙しい状況のときや
余裕のないときは続きません。

そんなときは、無理なく小さな1箇所だけを続けてみてはどうでしょうか。
いつも気持ちいい場所があることの効果を感じていけるはずです。

ぜひ「毎日リセットする」を続けてみてくださいね。
いかがだったでしょうか?
片づけにもメリハリを付けたり、大変なときは体を休めることを優先していきましょう。

そして、ちょっと余裕が出たときや、今が見直しのチャンスかもと思った時には
ぜひ片づけやすくなる仕組みを作っておいてくださいね。

どんな時もそのすぐに片づくお部屋があなたの力になってくれるはず!


トトノエ堂は、居心地のよくなるお部屋づくりを応援しています。

\暮らしの習慣づくり 9月グループ/

TocoTocoレッスンは
模様替えを通じて
"お部屋とわたしを育てる"
インテリアとお片づけの通信講座です

トトノエ堂通信8月号 No.34

【エコバッグ生活のその後】レジ袋有料化スタートして1ヶ月。みんなはどんな感じ?どんな工夫してる?

エコバッグ生活になって、1ヶ月が経ちました。

みなさんの毎日の中に変化はありましたか?

トトノエ堂通信7月号では、エコバッグについてお届けしましたが、
実際にエコバッグを意識して使うようになって分かったこと、
工夫がいるなと気づいたこと。
トトノエ堂スタッフの場合のその後をご報告!

暮らしの中の何かのヒントになれば嬉しいです。

こんな感じでやってます!

トトノエ堂/村仲の場合

とにかく忘れがち!二重の工夫と、買い足したエコバッグ。

スーパー用のカゴとバッグ
慣れないうちはとにかく忘れがちに・・・。
スーパーでは結構レジ袋のお世話になってたんだなぁと
改めて気づきました。

使ってから玄関収納にしまっていましたが、それも忘れる原因。
車移動がメインなので、常に車に置いておくようにしました!
大きなものから、ちょっと小さめのものまで、いくつかセット。
いい感じです。
(普段よく使うメインのバッグには、小さなエコバッグを入れています)

電車、歩き、自転車、などの移動の人は、
きっとコンパクトになるバッグの優先順位が高くなりますよね。
暮らし方によって、持つものも変わってきますね。
大物用の大きめバッグ
基本、まとめ買いが多いです。
買うものリストをまとめておいて、スーパーとホームセンター、
スーパーと薬局、などをまわります。(日用品はネットで買うことも多いです)

特にホームセンターなどでは、片づけ作業の買い出しなどもあり、荷物が大きくなることも多いので、今まで持っていたバッグでは足りないことが分かりました!

コンパクト&大容量のバッグをカインズホームで購入。
(入り口付近にありました。色もいい感じなのです〜)
お片づけの仕事でも使えそうです!
大物用の大きめバッグ
基本、まとめ買いが多いです。
買うものリストをまとめておいて、スーパーとホームセンター、
スーパーと薬局、などをまわります。(日用品はネットで買うことも多いです)

特にホームセンターなどでは、片づけ作業の買い出しなどもあり、荷物が大きくなることも多いので、今まで持っていたバッグでは足りないことが分かりました!

コンパクト&大容量のバッグをカインズホームで購入。
(入り口付近にありました。色もいい感じなのです〜)
お片づけの仕事でも使えそうです!

【無印良品】再生ポリプロピレンバッグを販売中。返却で返金もあり。

無印良品でも、ポリプロピレンのバッグが販売されています。
ずっと使い続けてもいいし、使わない時は返却もできるようですよ。
薄いバッグとはいえかさばるので、助かりますよね。


写真はHPよりお借りしました)

こんな感じでやってます!

トトノエ堂/大島の場合

エコバッグセットを常備!思いのほか便利です!

4つあればなんとかなると思って使ってましたが、これが本当に便利でした!
買い物に出ると何軒かお店によることもあるので、その都度お店ごとにエコバッグが必要に。

今はこんな感じで小さなショップバッグにまとめて入れています。

わたしの場合、とりあえずこの「エコバッグセットをガサッと持っていく」のがラクだなと思っています!

ただ、スーパーで魚を買った時にバッグの長さと魚パックの長さが合わずに縦に入れてしまい、魚のドリップがバッグ内に漏れてしまったことがありました。

レジ袋ならそのまま捨てられるけど、エコバッグは洗わないといけません。
ビニール系のものは洗濯機で洗ったとしても水が残るので、結局手洗いしてタオルで拭きました。ちょっと面倒ですよね・・・。

でも、新しいやり方で「洗う習慣」も取り入れていけないなと感じています。




こんな感じでやってます!

トトノエ堂/野上の場合

自分がラクに管理できるエコバッグで。

自宅からスーパーまでが近いので、保冷バッグなどは持っていません。

エコバッグも、けっこう汚れるものですね。
洗濯もラクにしたい〜という思いから、布製のエコバッグを愛用してます!(汚れても洗濯機にポイっと♪)

普段のバッグには、今までにもらったレジ袋を小さく畳んで忍ばせてます。いざというときに助かってます。

大島のように、「なんだか食材で袋が汚れそう」という時には、
無料でいただける段ボールなどに詰めてくるようにしています。


どんなバッグがいいのかな?
どんなところに収納しておくと便利かな?
いくつあればいいんだろう?

など、まだまだ定着するには試行錯誤が必要な気もします。
(そもそも、数円出してもレジ袋もらいます、という方もいるでしょうし)
自分の中のやりやすさを見つけてみるのも、小さな楽しみになるかもしれません。


コロナ禍でいろいろな新しいことが暮らしの中に入ってきますね。
全世界の教科書に載るような変化の中にいる私たち。
大変な中にも、ご機嫌のタネを見つけながら過ごしていきたいものです。



TocoTocoレッスンは
模様替えを通じて
"お部屋とわたしを育てる"
インテリアとお片づけの通信講座です

トトノエ堂に相談して
お片づけを進めていこう
【オンライン片づけ相談】
下のリンクをclick!


トトノエ堂通信7月号 No.33

レジ袋有料化。エコバッグ、どうしてる?

今日からプラスチック製の買い物袋の有料化がスタートされます。

今までちょっとした買い物や
コンビニなどで普通にもらっていたレジ袋。
あなたはこれからどうしますか?

お片づけサポートの時にも、結構な量が出てくることが多いこのレジ袋たち。「そんなに使わないのに結構たまっている」という方も少なくないかもしれません。

そんなみなさんには大チャンス?!
今回の変化をうまく取り入れていきましょう。

「エコバッグをいつも持ち歩く」ことは、なかなか習慣にしにくいかも
しれませんが、「使わないものを家の中に入れない」という習慣になるチャンスでもありそうです。

今月は「エコバッグ、どうしてる?トトノエ堂スタッフの場合」をご紹介します。


買い物の「量」と「頻度」で大きさを分ける

どんなエコバッグを持つのかは、買い物の量によりますよね!
自分の買い物の頻度や、
どんなタイミングで買い物にいくのかでも
変わってきそうです。
スーパーなどでの食料品
たくさんの量のとき
今はネットスーパーや生協などの宅配で完結している方も増えていると思いますが、
食材は自分の目で見て買いたい派の方や、自分の都合のいいタイミングで買い物を
したい派の方もいらっしゃいますよね。

スタッフ村仲の場合「以前は生協、今は自分のタイミングでスーパー」です。

自粛期間中はなるべく行く回数を減らしていたので、
必然的にまとめ買いになり、今もそれは続いている感じです。
週に1回まとめ買いし、途中で足りなくなった野菜などを買い足しています。


【スーパーに行く時のエコバッグ】
保冷機能のあるもの+レジカゴ仕様のカゴ。(車使用)


【ちょっとした工夫】
まとめ買いなので、カートには2つのカゴをセットします。
カゴに食品を入れる段階で分けて入れます。


1つ目:保冷して持ち帰る魚、肉、冷凍のものなど
2つ目:保冷しないで大丈夫な野菜など。


量が多い分、レジを通す時もスムーズで、食材の傷みや解凍を気にすることなく
持ち帰れるので、とても快適です。
たまに忘れて考えないでカゴにぽいぽい放り込んでしまい、レジでガックリきています。




大きめバッグの収納場所は?
かなり場所もとるため、キッチン内には置けません。
買い物に行く時、すぐに手に取れるように玄関収納スペースに置いています。


大きめバッグの収納場所は?
かなり場所もとるため、キッチン内には置けません。
買い物に行く時、すぐに手に取れるように玄関収納スペースに置いています。


(村仲の場合)

「キャンプですか?」くらいの大きめの保冷バッグ。
大きさもなかなかですが、しっかりと厚みもあり、
保冷機能は心配ありません。
田舎暮らしなもので、車移動で時間がかかっても安心!を優先しています。
まとめ買いでたくさんになっても大丈夫。

ピンクのカゴは、よくスーパーで売ってるもの。
オットにまとめ買いを任せた日に衝動的に買ってきたらしい・・・ので、使っています^^


(大島の場合)

村仲と同じく「とにかく忘れがち!」

「本当はスッキリしまいたいけど忘れちゃうので、玄関の目立つところに掛けてます!」だそうです。


見た目で主張してもらうのもいいアイデアですね!

コンパクトなバッグが便利
少ない買い物のとき

人気の「シュパット」なども検討しようと思いましたが、
まずは「今あるもので使う工夫」が大好きなので、
今まで持っていたいろいろなバッグたちを動員して対応中です。

リネンや綿の薄めのサブバッグを使っています。


小さめバッグの収納場所は?

自分がよく使っているメインバッグの大きさに合わせて、
このサブバッグをそれぞれに忍ばせておきます。


家に帰ってきて、中身を出したら、
また元のメインバッグに戻しておくようにしています。



それでも!
忘れてしまうことがよくある!ので、
車の運転席のドアポケットに一つ予備として入れてあります。



大島の場合は、
いつも使うバッグに、4個!という大量の小さなエコバッグを入れているそうです。
これだけあれば、どんな時もなんとかなるとのこと^^
小さく畳めるものらしいですが、それにしても4個(笑)

人それぞれですね〜^^

(村仲の場合)

昔はもっといろいろあった布系のサブバッグ。
整理を何度かするうちに、自分が好きで使えるこれだけになりました。
汚れたらザブザブ洗えます。

子供たちにも持たせた時代があったり、使用感もありますが、
エコバッグ時代も一緒に暮らしてもらおうと思っています!

右上の薄い綿のものは今まで出番なしでしたが、
小さめショルダーバッグにすっぽり収まる薄さで重宝しそうです。

(野上の場合)

持っているエコバッグは基本的には車に入れてあるけれど、
忘れるので(やはり!みんな共有の悩みです^^;)、
いつもお財布を入れている小さいバッグにレジ袋も2〜3枚入れてあるとのこと。


スーパーなどで重いものを買った場合は、無料のダンボールに入れてきて、
使い終わったら地域の資源回収に出しているとのことでした。


自分が負担なくできるいいサイクルですね!





どれだけの削減になるのかは分かりませんが、

✔️「何を意識して過ごしていくのか」
✔️「なんのためにどんなモノを持つのか」


そんなことにも繋がるような気がします。



❤︎せっかくなら、好きなバッグを使おう!

❤︎せっかくなら、バッグの中も整理しちゃおう!

❤︎せっかくなら、いい収納場所の見直しもしちゃおう!


そんな感じでいけたらいいな、なんて思います。



みなさんのエコバッグも気になってきました^^
よろしければ、みなさんの工夫も教えてくださいね〜!



今日から7月グループスタート!
まだ間に合いますよ〜〜!

暮らしの習慣づくりLINE

トトノエ堂では4月から、毎日の暮らしの中で自分が習慣にしたいことにチャレンジするという、応援企画をやっています。

60日はかかると言われている習慣づくり。
そのうちの30日をトトノエ堂スタッフといっしょにがんばってみよう!
そんな1ヶ月間限定の応援をLINEで行っています。
(参加無料です)。

習慣にしたいことは、お片づけ関連の人もいれば、運動、掃除など、それぞれがやりたいことに挑戦中です。


まさに、今日!7月のグループがスタートします(*'▽'*)
継続チャレンジしている方も多数!


まだ7月スタートに間に合いますので、やりたい方はぜひ一緒に
習慣づくりをしていきませんか?

詳しくは、こちらのページから。


ただLINEに報告していくだけですが、参加してくださってる方にとてもステキな効果を生んでいます!

ぜひ体感して、ご自身の心地よい暮らしのための一部分にしてみてくださいね。

トトノエ堂スタッフも一緒に楽しくチャレンジ中です♪


*お申し込み多数により、7月グループは受付終了しました!

トトノエ堂に相談して
お片づけを進めていこう
【オンライン片づけ相談】
下のリンクをclick!


トトノエ堂通信6月号 No.32

お片づけの習慣をつくるコツ

6月です!
新しいことも取り入れつつ
日常が戻っていくといいですね。

おうち時間が多くなる中で
毎日のお片づけにストレスを抱えた方も
多いのではないでしょうか。

今月は、お片づけの習慣を
作りやすくするコツをお伝えします!









毎日のお片づけ=大変!疲れる!めんどくさい!ツライ!

そう思うとき、頭の中ではこんなことを考えてはいませんか?


今やる? でもめんどくさいなぁ。
明日でもいいかな・・・。それか週末にまとめて・・・。
でもちょっとくらい片づけた方がいいよね。
とはいえ、重い腰があがらない・・・。
あー、収納の中もぐちゃぐちゃだし。
これ、いるの?いらないんじゃない?
モノも減らさないとな・・・。
まぁ、いいか。明日にしよう。


お分かりでしょうか?

疲れる原因は、これです。


「いちいち考えて、決めないといけない」


これが脳の体力を奪っていくというわけです。






体力温存!

ラクにできるやり方を見つけよう!

片づけって、使ったものを元に戻すこと!

「片づけ」とは?

使ったものを元に戻すという意味です。

いかに「元に戻しやすいか?」「ラクにできるか?」がポイントになります。



いる、いらない、を考えたり、
どこに収納しよう?どうやって収納しよう?
を考えることまでを含めてしまうと
とたんに大変でめんどくさい作業になってしまうんですよね。



*使う場所の近くに片づける場所を作ろう!

*よく使うものは、とにかく手に取りやすい場所へ!

*そもそも、いらないものは戻さない(笑)手放しましょう!



これを意識するだけでも、
片づけることへのハードルがグッと低くなりますので
ぜひ見直しをしてみましょう。



その上で!

どうやってお片づけを習慣にすればいいのでしょう?

 

 

\お片づけ習慣をつくるコツ/

片づけるタイミングを決める

これは、どの習慣づくりでも同じです。

どんなタイミングでやるのかを、あらかじめ決めてしまうこと。

これがとても効果的と言われています。

「〇〇になったら、△△する」ということですね。

〇〇には、毎日のように行っていることを当てはめるのがポイントです。

・夜寝る前に、ソファの上を整えてから寝る

・ご飯を食べる前に、一度テーブルの上を片付けてリセットする。

・食材や生活用品を買って帰ってきたら、全てをしまって、入れてきた袋を片づけるまでは座らない。

など。

自分で思い出しやすくするように決めておくと、習慣になりやすくなります。

 

タイミングを決めてみましょう
できたら毎日同じタイミングだと、さらに効果的。 

 

まずは完璧に片づかなくてもいい

習慣づくりの敵は、「やめてしまうこと」ですよね。

毎日がんばってきたとしても、1日できなかったとか、
この何日かサボってしまった、そんな時に自分にがっかりしたり、
もういいや!と自暴自棄になったりしがち。



まず完璧を目指すのはやめましょう。
続けていけることの方が、大事。



そもそも私たちは「片づけるために暮らしている」わけではありません。


片づけの先にある、自分がしたい暮らしのために、心地よくする方法として片づけをするのですから。


疲れていたら片づけをがんばるより、早く寝ましょう。
ご飯をしっかり食べましょう。


そして、「よし、また明日から!」
そんな気持ちで、片づく暮らしづくりの習慣を目指していけたら
いいんじゃないかな、と思います。


まずは完璧に片づかなくてもいい

習慣づくりの敵は、「やめてしまうこと」ですよね。

毎日がんばってきたとしても、1日できなかったとか、
この何日かサボってしまった、そんな時に自分にがっかりしたり、
もういいや!と自暴自棄になったりしがち。



まず完璧を目指すのはやめましょう。
続けていけることの方が、大事。



そもそも私たちは「片づけるために暮らしている」わけではありません。


片づけの先にある、自分がしたい暮らしのために、心地よくする方法として片づけをするのですから。


疲れていたら片づけをがんばるより、早く寝ましょう。
ご飯をしっかり食べましょう。


そして、「よし、また明日から!」
そんな気持ちで、片づく暮らしづくりの習慣を目指していけたら
いいんじゃないかな、と思います。


だれかといっしょに!

仲間をつくろう

報告と応援で、つづけやすい仕組みを

「暮らしの習慣づくり」を応援!
トトノエ堂では4月から、毎日の暮らしの中で自分が習慣にしたいことにチャレンジするという、応援企画をやっています。

60日はかかると言われている習慣づくり。
そのうちの30日をトトノエ堂スタッフといっしょにがんばってみよう!
そんな1ヶ月間限定の応援をLINEで行っています。(参加無料です)。
習慣にしたいことは、お片づけ関連の人もいれば、運動、掃除など、それぞれがやりたいことに挑戦中です。


まさに、今日!6月のグループがスタートします(*'▽'*)


まだ間に合いますので、やりたい方はぜひ一緒に
習慣づくりをしていきませんか?

詳しくは、こちらのページから。


ただLINEに報告していくだけですが、参加してくださってる方にとてもステキな効果を生んでいます!

ぜひ体感して、ご自身の心地よい暮らしのための一部分にしてみてくださいね。
トトノエ堂スタッフも一緒に楽しくチャレンジ中です♪

お片づけをすることは、
一度終わりをつくること

片づかない。いつも散らかっている。
このことって、とてもストレスになりますよね。


それを見てるだけでも疲れますし、
そのうちにその片づかない状態自体が
「景色」となり、意識することすらなくなってしまうもの。


どんなことも始まったら終わりがあるように、
モノが動いたら、戻すという終わりが必要で、
それがあることで、空間もリセットされ、
心もリセットされているのではないでしょうか。


もし、それが一瞬だとしても、
自分が気持ちのいいポイントに戻ることは
どんな時も必要だなと感じています。





今月も読んでいただき、ありがとうございました。






こんなときだからこそ!

1時間の相談で
お片づけを進めていこう
【オンライン片づけ相談】


5月号 No.31

余裕が生まれる、ムリしないお片づけのゴール

おうちでの「おこもり生活」が長くなってくると
時間がたくさんあるなぁと感じる人、
家族のいろいろに追われて大変!になってる人、
様々ですよね。


「もう片づけどころじゃないんです!」の日々にも、
ちょっと余裕が生まれるお片づけのゴールのお話です。

「きちんと片づける」って、
なんだろう?

こうも自粛生活が長くなってくると、
どんな人もストレスを感じてくるものですよね。
「おうちにいる」ことこそ、
今一人ひとりにできる社会貢献。
みなさん、一緒にがんばりましょう^^

そんな中おうちにいると、
「いつもの家事」「いつもの片づけ」が出来ずに
「どうしたらいいの!」となってきますよね。
気持ちも重くなってしまいがち。

そんなとき、きちんと片づけるって、
どこまで必要?と思うんです。

そもそも、お片づけは
「きれいに片づいている状態」が
ゴールではないからです。

暮らしの状況に合わせて、ゴールを決めてみる

今は緊急時で思いもよらなかった
暮らしになっていますが、

自分に余裕があるときに出来ていた
お片づけを今求めてしまうと
大変だしストレスがたまりますね。

こんな風にはじめに
スッキリレベルを決めてみるのは
どうでしょうか?


たとえば、ですが

理想のお片づけ状態を
「10割」だとしたら

家族みんなでいるときは?

本当はもっと片づいている状態がいいんだけど、
家族がいる中で「片づけつづける」のはムリだし、
そればかりを意識してるのも本末転倒ですね。

とはいえ、部屋が散らかりすぎていると、
それもまたストレスを生むので、

今は優先させることはなんだろう?

とちょっと考えてみる。

まずは元気でいられればよし!
家事も片づけも半分でも出来ていたらハナマル!

くらいの気楽さで。

あなたの場合、何割できていたらいいでしょうか?

わたし(村仲)の場合は、できるところはやりますが、
まずは5割でオッケーにしておいて、
家族でNetflixのシリーズものにハマっています^^


体調イマイチな時は?


あまりに「一人で家事を担っている」ことが多いと、
その人が体調が悪いときの家の中は乱れまくります。


「いつもの家事」「いつものお片づけ」のなかで
家族みんなの出来ることが増えてるといいですよね。


家族が3割くらいの家事・お片づけをしていてくれたら、
最低限のことは回っていくかもしれません。


家族が3割できていればハナマル!

そう思えていれば、ちょっと余裕も生まれそうです。
うちの場合の3割を考えて対策しておきましょう。


みんなで暮らす家なので、家族みんなを巻き込みながら
分担できることはしていきたいものです。
それって、結局家族を支えてくれるものになりますよね。
 

余裕のあるときは

余裕や時間があるときは、
8〜10割も目指せるかもしれません。

こんな時こそ、家事をラクにしておく工夫や、
お片づけがしやすい仕組みを作っておけると

・家族も分かりやすい
・どこに何があるか分かる
・戻しやすいので片づけやすい
・緊急時にも使いやすい

という方向に向かいそうですね。


仕組みができていると、
どんな時も暮らしやすいなと感じていけます。


体調イマイチな時は?


あまりに「一人で家事を担っている」ことが多いと、
その人が体調が悪いときの家の中は乱れまくります。


「いつもの家事」「いつものお片づけ」のなかで
家族みんなの出来ることが増えてるといいですよね。


家族が3割くらいの家事・お片づけをしていてくれたら、
最低限のことは回っていくかもしれません。


家族が3割できていればハナマル!

そう思えていれば、ちょっと余裕も生まれそうです。
うちの場合の3割を考えて対策しておきましょう。


みんなで暮らす家なので、家族みんなを巻き込みながら
分担できることはしていきたいものです。
それって、結局家族を支えてくれるものになりますよね。
 

状況に合わせたゴールでオッケー!

「ここだけ片づいていれば大丈夫」

そんなスペースを決めてみよう

わたしの場合は、キッチンのシンクの中と作業台。
簡単ご飯でさえも作る気持ちが失せてしまうのです^^;
まずは美味しくご飯が食べられればよし!
くらいの感じで暮らしてます。

今みんなでハマってるのは
「暮らしの習慣づくり」

前にトトノエ堂公式LINEでもお知らせしました、

\暮らしの習慣づくり@トトノエ堂/

スタートしています!
お申し込みいただいた方とトトノエ堂の1:1トークで
それぞれの方が毎日自分の習慣にしたいことを
チャレンジ中です。

お掃除チャレンジの人、運動チャレンジの人、
お片づけチャレンジの人、みなさんいろいろ!



毎日続けてみる。習慣になるまでやってみる。

これって毎日の中でその時間をとるための工夫や、
意識することや、サボりたい気持ちとの葛藤や(笑)
いろいろなことも同時にチャレンジしてるんだなぁと、
改めて気づいて来たところです。

続けていくと分かってくること、ありますね〜。

ちょっと出来てきた自分のことも嬉しいし、
スタッフも「私もがんばろう!」と励まされています。
ありがとうございます!

初回メンバーは、そろそろ中盤に差しかかります。
終わるころはどんな感じになってるかな?楽しみです。

 
*次回のメンバー募集は、またLINEでお知らせします(*'▽'*)
  先日はお片づけお茶会も楽しく開催!
こちらも次回があれば
 LINEでお知らせしますね。
こんなときだからこそ!

1時間の相談で
お片づけを進めていこう
【オンライン片づけ相談】


4月号 No.30

片づけが進んでいく、
今までの「当たり前」

との向き合い方

\見直しのタイミング/


おうちで過ごすことの多い今、
気持ちよく、暮らしやすくして、
今できることをして過ごしたいものですね。

日々緊張と不安の中で過ごしていると
気力も体力も消耗してしまいます。

自分が過ごす場所を整えることは
自分でコントロールできることの一つです!

今までの当たり前に感謝しつつ、
見直しのタイミングとして
今まで目をつむっていた場所の
お片づけの一歩、応援してます。

今までの当たり前はどんな基準?これからは?

私たちがお片づけのサポートに伺ったり、
おうち新築時のコンサルティングに伺うとき、
どんな物がどれだけあるのか、
どういうタイミングで買い物をするのか、
どういうライフスタイルなのか、
たくさんのお話をお聞きします。
 
なぜかというと、
「今までの当たり前」の中での暮らしに
ストレスがあったり不便を感じていて、
お片づけが苦手、できない状態で
困られているからです。
 

お片づけ苦手な方は
 ぜひ、今だからこそ考えてみましょう!
不安や衝動に任せて、やみくもに
モノを増やすことをストップできると
お片づけも進みます。


✔️今までのモノの持ち方、買い物の仕方の
当たり前はどんなことですか?

✔️そのために今何に困っていますか?



お気づきのように、
モノを増やす入り口を整えることが
片づく毎日への大事な一歩。
見直してみましょう。



\買う?借りる?サブスク?無料?今は選択肢も多様です/

  • 洋服レンタル
    (プロがスタイリングしてくれる air Closetなど)

  • 家電レンタル
    (ルンバ、カメラ、キッチン家電、ベビー用品などレンタル後に購入も可能 Rentioなど)
  • 映画、テレビなどの映像作品、音楽、本など
    (Netflix、Amazonプライム、Kindle、TVer、YouTubeなど)

  • おもちゃや知育玩具のレンタル
    (月齢に応じたおもちゃのレンタル Toysub!など)
  • おもちゃや知育玩具のレンタル
    (月齢に応じたおもちゃのレンタル Toysub!など)
例えば、
一度買ったらなかなか買い替えないものを、
もっと気軽に楽しむのもいいですよね!
お店のご紹介:長野市 ココクラさん

【カーテンの着せ替え放題!定額制スタート】


カーテンってお部屋の中で大きなスペースになるので、
「失敗したらどうしよう」と思うことの一つじゃないでしょうか。

洋服を着替えるように、カーテンの掛け替えを気軽にお試しできたら、
季節によって変えたり、気分によって変えたりできて
暮らしに楽しさが加わりそうだなと思います。


「ほしいものは、買う」という時代から、
今はサブスクリプション(定額制サービス)が
主流になってきています。
 
コロナショック後また大きな変化につながると思いますが
自分の軸を整えて、時間とお金を何にどう使うのかが
さらに大切な時代になっていくように思います。
 
長く過ごす場所を整えることで、
楽しく、気持ちよく、安心して
暮らしていけるといいですよね。
 
トトノエ堂スタッフ内では、
今習慣化したいことチャレンジ中で
とても楽しく盛り上がっております!

意識を向けるだけでも、
おうちの中が整っていくのを感じています。



こんなサービスもありますよー、
こんな感じで使ってますよー、
など、いい情報があったら
ぜひ教えてください♩

今までの当たり前を見直そう

  • 「あれば便利かな」と買ってしまい、 モノが増えてはいませんか?

    まず、余計なものは増やさない

    それだけで、片づけが効果的に進みます。
  • 「今なら無料だから。おまけでもらえるから。」と、モノが増えてはいませんか?

    それは本当にあなたの毎日の中でヘビロテしてくれそうなモノでしょうか?
    タダでもらっても、そのうちストレスの元になります。

  • 本当に必要なものはなんでしょうか?

    お片づけを進めると、どれだけモノを持っているのかということに気付きます。

    ない!ばかりに意識がむくと不安になりますが、
    ある!に意識がむくと、あることに感謝が溢れます。
    必要なモノを必要なだけ持ちたいものですね。

  • 「今なら無料だから。おまけでもらえるから。」と、モノが増えてはいませんか?

    それは本当にあなたの毎日の中でヘビロテしてくれそうなモノでしょうか?
    タダでもらっても、そのうちストレスの元になります。

アンケート結果!「学習机、買う?買わない?」

先月行ったアンケートにご協力いただいた皆さま、ありがとうございました!

結果では、「買わなかった」の方が多い結果でした。

*期間限定なので、お下がりをもらった(数名)
(実際に使ったのは自分の部屋ができてから)

*もともとスタディコーナーあり(数名)
 
*スペースが足りなくなった時には、手持ちのスチールラックで
 お子さんの様子をみながら臨機応変に。

*学習机はいずれ使わなくなるので、本人がほしいタイミングで検討予定。

*本人がほしいときに、長く使えるものを選ぶ予定

などなどでした。


買った方の中には、
*小学生のうちは、期間限定で机ごとリビングに設置。
 中学生になって自室に移動。

という方も。


どちらの場合も「期間限定」ということがポイントにありますね。

お片づけのしやすさの視点では、「兼用」できることや、用途が変わっても使えるようになっていると、モノも増えずに変化に対応できるようになっていきます。
それぞれのご家庭に合わせたモノの持ち方ができるといいですね。
今悩まれている方は参考にされてみてください。


3月号 No.29

物でいっぱい
“開かずの間”
の片づけ方

新型コロナウイルスの影響で、お出かけも自粛せざるを得ない状況が続いています。そんな時こそ、トトノエ堂がおすすめするのは、お家で楽しくお片づけ!です。とくに、家族みんなが家にいる時だからこそ、開かずの間となってしまった物置部屋や納戸の片づけに着手してみてもいいかも!みんなで片づけると、早く終わりますよ♪

開かずの間を片づける前にご注意を!

通常は開かずの間の片づけから着手しない!ことが重要です!

なぜなら、開かずの間にあるモノは普段使っていないモノだらけだからです。お家の中を片づけ始めるときには、日常よく使っている場所から片づけをするのが基本です!片づけをすることで毎日の家事などがラクになることを実感することが、片づけを習慣化することにつながるからです。

このことを頭に置いて、今回は開かずの間に着手しますよ!
Point
1
まずは片づけ完了後をイメージして

開かずの間だったそのお部屋・・・片づけたら何をする部屋にするのか?を片づける前に!片づける前に!!!しっかり考えてみましょう。コレ開かずの間の片づけにはとくに重要です!収納部屋だとしたら、何を収納するために使いたいのか?目的を明確にしましょう。十分にイメージしてから始めると、気持ちも前向きに片づけがはかどりますよ!

例)趣味の部屋にしたい。寝室を移動したい。など。

Point
2
手放す基準を明確にしよう

開かずの間を片づけるときには、いつもよりも明確に手放す基準を決めてから片づけに取り掛かる必要があります。長年使っていないモノだらけ、まだ使えるモノも多い可能性が高い、からです。開かずの間にあったモノを家の外に出していかないとその部屋は片づきません。

例)1世代前の物は残す。それ以前のものは手放す。家族誰が見ても誰の物か分からない物は手放す。など

そして、手放すことを決めたら、捨てる物はゴミ袋へすぐに入れること。ゴミの日を確認して予定すること。メルカリなどで売ると決めたら、早めに出品すること。家から出す行動をとりましょう!使うと決めた物は実際に利用する場所などに配置しましょう。

Point
3
片づけはいつでも基本に忠実に!
開かずの間を片づけるときにも、片づけ方は基本に忠実に行いましょう。「全部出す➡分ける」です。

部屋がモノで埋もれている場合➡部屋の中央にある物から廊下や隣の部屋など出せるところに出し「分ける」を行いましょう。

部屋に空きスペースがある場合➡押し入れ、タンスの引き出しごと、部屋の1角ごと区切る、などして1か所ずつその部屋に全部出し分けましょう。


Point
2
手放す基準を明確にしよう

開かずの間を片づけるときには、いつもよりも明確に手放す基準を決めてから片づけに取り掛かる必要があります。長年使っていないモノだらけ、まだ使えるモノも多い可能性が高い、からです。開かずの間にあったモノを家の外に出していかないとその部屋は片づきません。

例)1世代前の物は残す。それ以前のものは手放す。家族誰が見ても誰の物か分からない物は手放す。など

そして、手放すことを決めたら、捨てる物はゴミ袋へすぐに入れること。ゴミの日を確認して予定すること。メルカリなどで売ると決めたら、早めに出品すること。家から出す行動をとりましょう!使うと決めた物は実際に利用する場所などに配置しましょう。

1日では終わりません!
片づけ始めて
開かずの間の実態を
家族で共有して進めていきましょう!

「みんなどうしてるの?」アンケート

4月は進級、進学の季節♪ 教科書が変わったり、制服が変わったりする時期ですね。来月のトトノエ堂通信では新学期にまつわる片づけをお伝えする予定です。そこで、読者のみなさまに今回ご協力頂きたいアンケートはコレ。

学習机 買う?買わない?
または、買った、買わなかった

この質問、片づけでお悩みの方からもとっても多い質問です。ぜひ、みなさまの「私はこうしてるよ!」をお困りの方への参考に教えてくださいね♪

回答はアドレス等無記名ですので、お気軽にご回答くださいね!

オンライン新サービス
シンデレラフィット・カトラリー

開けるたびに嬉しくなるようなキッチンの引き出しを、カトラリーから。
ピッタリ、すっきり収まる収納用品をご提案します。
提案通りの収納用品をご自身で購入して納めるだけ!

2月号 No.28


家事って大変?!
へらせる家事を
探してみよう

家事って一つひとつは地味だけど、毎日続くからこそ大変で、もう嫌だ!と感じる時もある。
家事のやり方なんて、人それぞれ違うもの。
だからこそ、自分なりのやり方でいいんじゃないかと思います。

思い込みを捨てて、自分たちが気持ちよく暮らせる家事基準を考えてみませんか?

ちょうどいい「家事シェア」と「へらす家事」

  • そもそも、それ必要?
  • 簡単にできる方法は?
  • やらなきゃ、という思い込みかも?
  • ストレスを分解してみると?
  • 家族の中で、どう分担する?
  • やめられることはないかな?
  • やめられることはないかな?
Step
1
「こうあるべき」を疑ってみよう。
「大変」の中には「思い込み」が潜んでいるかもしれません。
こうあるべきを疑ってみませんか?

例えば・・・

■洗濯するときは裏返すもの・・・
・脱ぐときに自分で裏返してもらう
・着るときに自分で裏返してもらう

■靴下の神経衰弱問題・・・
・ペアにするのは自分でやってもらう
・人別に同じタイプの靴下で揃えてみる(リブ、色、柄、など)

■料理はお母さんがするもの・・・
・誰でも簡単にできるメニューを決めて、週に1回でも分担してみる
・ほっといても完成する調理家電を投入する(誰でもできる)

■下着はたたむもの・・・
・パンツはそれぞれのカゴに放り込み収納でオッケー
・たたみにくいヒートテックも、くるくる丸めてポン

■アイロンは妻がかけるもの・・・
・私は苦手だけど、夫はわりと好きかもしれない?!


などのように、
「こうあるべき」を柔らかくしてみると、
これくらいならできるかな?というラインが見つかるかもしれません。

それで「やっぱり嫌だな」「うまくいかないな」と思ったら、
やる方向に変えればいいのかなと思います。

いやいややるよりも、まず試してみる!それから調整していけるといいですよね!
Step
2

へらせる家事を探してみよう。
家事としてなくすことは出来なくても、減らせることはないでしょうか?

例えば・・・


■洗濯物をたたむのがイヤ・・・
 ・下着以外のトップスは全部ハンガーで干して、そのままクローゼットへ

■買い物に行くのが大変・・・
 ・食材や日用品も、ネット注文できるお店を利用して、
  いつも買うものをセット化しておく。

■料理に時間をかけられない・・・
 ・圧力鍋での調理で時間短縮。
 ・保温調理などできるものを利用する。

■なかなか乾かない厚手の洗濯物が大変・・・
 ・マット類(キッチンマット、トイレマット、バスマットなど)をやめて、
  洗濯の手間と洗い替えを持つ手間をへらす。
  その分こまめに床の「ついで掃除」をする。

■ペットボトルがすぐに溜まってしまう・・・
 ・なるべく水筒を持参する
 ・家に持ち帰る前に捨ててくる

など

少しの手間が減るだけでも、1週間単位、1ヶ月単位で考えてみると、
結構な量の家事が減ることにもなります。

Step
3
しない家事を決めてみよう。
「しない」と決めるとラクになる大きな家事は、
料理に関すること。洗濯に関すること。掃除に関すること。

その中で、補助してくれる便利家電を取り入れてみると、
暮らしの流れが大きく変わることがあります。
自分たちのストレスの大きさと、優先したいことを考えて、
思い切って取り入れてみるのもいいかもしれませんね!


例えば、

■洗いものをやめる・へらす・・・食洗機の導入

■洗濯物を干すことをやめる・・・洗濯乾燥機の導入

■掃除機をかけるのをやめる・へらす・・・ロボット掃除機の導入

■魚焼きグリルの掃除・・・グリルで魚は焼かない

■油の後処理・・・揚げ物は家ではやらない

など。

Step
2

へらせる家事を探してみよう。
家事としてなくすことは出来なくても、減らせることはないでしょうか?

例えば・・・


■洗濯物をたたむのがイヤ・・・
 ・下着以外のトップスは全部ハンガーで干して、そのままクローゼットへ

■買い物に行くのが大変・・・
 ・食材や日用品も、ネット注文できるお店を利用して、
  いつも買うものをセット化しておく。

■料理に時間をかけられない・・・
 ・圧力鍋での調理で時間短縮。
 ・保温調理などできるものを利用する。

■なかなか乾かない厚手の洗濯物が大変・・・
 ・マット類(キッチンマット、トイレマット、バスマットなど)をやめて、
  洗濯の手間と洗い替えを持つ手間をへらす。
  その分こまめに床の「ついで掃除」をする。

■ペットボトルがすぐに溜まってしまう・・・
 ・なるべく水筒を持参する
 ・家に持ち帰る前に捨ててくる

など

少しの手間が減るだけでも、1週間単位、1ヶ月単位で考えてみると、
結構な量の家事が減ることにもなります。

家事の基準に、正解なし!
「わが家なりの家事のやり方」を
見つけてみましょう!

■みんなどうしてるの?

先月はアンケートにご協力いただき、ありがとうございました!
①そもそも家事シェアしてますか?
②どんな家事シェアをしてますか?
具体的な工夫は?

みんなからのお返事です!

☑️家事シェアしてます
☑️平日の料理担当は私、週末は夫です。
 
夫は最初は全然料理も出来ませんでしたが、作ってもらえること自体が助かったので、とにかく「ありがとう!嬉しい!」を連呼。気になることはたくさんあっても、言わない^^それが良かったのか、今はかなり育ってくれました。 
☑️普段はワンオペですが、夫がいるときは家事シェアしてます。
☑️料理と後片付けが夫の担当になることが多いです。

以前は掃除機が夫担当でしたが、ルンバが来てからなくなったので、他の掃除を頼む時があります。
あとは、ゴミ出し(まとめる、出す、ゴミ袋のセットまで)
☑️家事シェア、というほど明確には分けてないですが、夫が得意な家事はやってくれることが多いです。

☑️やってくれたら、「ありがとう!」を言いまくっています!!
☑️少しだけ家事シェアしてます
☑️シェアしてる、というよりは、私の手が回らないときに具体的にしてほしいことを頼む。という感じです。
変に期待すると、「もう!やってほしかったのに!」とイライラするので、「やってほしいときに具体的に」がポイントです。

☑️家事シェアしてます
☑️食材や日用品など、買ってきてほしいものリストを家族共有で使っています。(ホワイトボードに書くだけ)
買い物に行く人はボードの写真を取って行きます。
家族に「〇〇にいるけど何かいるものある?」と聞かれれば、誰かがボードを見て必要なものを頼んだりしてます。

☑️家事シェアしてます
☑️洗濯が夫の担当です。

初めての育児で大変だった時の喧嘩から、夫が自主的に^^

☑️少しだけ家事シェアしてます
☑️シェアしてる、というよりは、私の手が回らないときに具体的にしてほしいことを頼む。という感じです。
変に期待すると、「もう!やってほしかったのに!」とイライラするので、「やってほしいときに具体的に」がポイントです。

などなど、皆さんのリアルな家事シェア状況でした!(抜粋掲載)

共働きのご家庭、育児真っ只中のママさん、二世帯で同居、など
どんなお家もそれぞれ環境が違いますが、
大きいもの、小さいものに限らず、やはり何かしらの「家事シェア」の意識は
どこのご家庭でもあるようでした。

例えば、「ゴミ出し」という家事は、
ゴミを持っていくだけじゃなく、ゴミをまとめて、次の新しい袋をセットするまでが「ゴミ出し」ですよね?主婦的には。そこまでやってもらえないとイラッとします。

そんなときは、どこかに「やりにくさ」がないか考えてみましょう。

「ゴミ袋はすぐ近くにあるかな?」
「種類が分かりやすくなってるかな?」
「必要な記名がしてあるかな?」

そんな、ちょっとのやりにくさを解消してみると、
家事シェア率も上がるかもしれません。(スタッフ経験談)

回答いただいた皆さま、ありがとうございました!

お片づけ・家づくり
\ キャンペーン中です/

■1日でどーんと集中お片づけ!
片づけサポートキャンペーン

■間取りの家事動線&片づけやすさをプロがチェック!
間取り相談セカンドオピニオン

2/15受付までの、お得なキャンペーンになっています。
ぜひこの機会をご利用くださいね。

1月号 No.27

暮らしやすさは
動線づくりにあり


トトノエ堂が今関わらせていただいているお客様では、
新築設計中の方、リフォーム設計中の方、
建築も大詰めの方もいらっしゃいます。
家づくりで暮らしやすさに直結してくるのが、
やはり「間取り」です。
その中でも大切なのが「動線づくり」。
今月号は暮らしやすさを感じられるようになる
ポイントをお伝えします。
Step
1
部屋数と広さにとらわれない間取りづくり
「お家を建てよう!」と思ったとき、「部屋数」「広さ」にこだわりすぎると「暮らしやすさ」から遠のいてしまう場合があります。

家族構成も変わっていきますし、暮らしは必ず変化していくもの。

「叶えたいのはどんなことなのか」を土台に考えていくと、
必ずしも必要ではないスペースも仕様もあります。
ライフステージの変化にも対応できる間取りを考えてみましょう。
Step
2
名もなき家事をへらす家事動線づくり
「暮らしやすい!」「ラク!」と感じられる家事動線には、必ずスムーズな流れがあります。


例えば、

*洗濯をする→どこで干す?(干さない)→どこでたたむ?(たたまない)→どこにしまう?

 この距離が短ければ短いほどスムーズになりますね!
 最近は室内干しスペースの優先順位を高くされるお宅が多いです。
 それだけ洗濯関連の家事ストレスは大きいということでもあります。 

 予算を考えた時にその分他のスペースが減ることがありますが、
 どの家事ストレスを減らすと自分の毎日が暮らしやすくなるのかを
今のストレスに向き合って考えてみましょう。



など、
毎日必ずすることの動きを書き出して、自分たち家族に照らし合わせて一つひとつチェックしてみましょう。

Step
3
片づけやすさに直結する収納づくり
「家づくりで失敗したと思うことランキング」的なものに、いつも上位に入ってしまう収納スペース・・・。よく考えて建てたはずなのに、なぜでしょうか?もしかしたら、「これくらいあれば」や
「広さや大きさ重視」で考えてしまったからかもしれません。

必要なのは、収納スペースの位置と大きさを「一般的に」ではなく「自分たちの暮らしに合わせて」考えること。

そして、自分たちの持ち物の量と暮らし方をしっかり考えてくれる、かつ、実際に日常の家事を(想像ではなく)自らやっている人に間取りづくりに関わってもらうことも大きなポイントです。(トトノエ堂だけではなく、全国にはライフオーガナイザー・整理収納アドバイザー他たくさんの家づくりのサポートをされている片づけのプロがいます)


✖️片づかず暮らしにくい・・・「片づけにくい収納位置と大きさである」

◯暮らしやすい・・・「暮らし方に合う動線上に片づけやすい適正な収納がある」


他の広さを削ってでも、使いやすい収納スペースを作られることをオススメします!
Step
2
名もなき家事をへらす家事動線づくり
「暮らしやすい!」「ラク!」と感じられる家事動線には、必ずスムーズな流れがあります。


例えば、

*洗濯をする→どこで干す?(干さない)→どこでたたむ?(たたまない)→どこにしまう?

 この距離が短ければ短いほどスムーズになりますね!
 最近は室内干しスペースの優先順位を高くされるお宅が多いです。
 それだけ洗濯関連の家事ストレスは大きいということでもあります。 

 予算を考えた時にその分他のスペースが減ることがありますが、
 どの家事ストレスを減らすと自分の毎日が暮らしやすくなるのかを
今のストレスに向き合って考えてみましょう。



など、
毎日必ずすることの動きを書き出して、自分たち家族に照らし合わせて一つひとつチェックしてみましょう。

理想の暮らしは、
動線づくりで叶えよう


■みんなどうしてるの?

今まで「スタッフからのいいもの見つけた!」コーナーを楽しみにしてくださっていた皆さま、ありがとうございました!
2019年12月号まで26回に渡って紹介させていただきました。

2020年からは新しく「みんなどうしてるの?」コーナーを始めます!

家事のあれこれ、片づけのあれこれ。
「みんなはどうしてるんだろうなぁ?」とちょっと気になることありませんか?

私はこんな工夫をしてます♪ 
こんなふうにやってみたら、結構いい感じ!

など、みんなで毎日の家事や片づけがラクになるヒントをシェアしていけたらいいな!と思っています。

誰かのお悩みのヒントが、あなたの工夫の中にあるかもしれませんし、あなたのお悩みのヒントが、誰かの工夫の中にあるかもしれません(*'▽'*)


また 後日LINEでアンケートを配信しますので、ぜひぜひご協力いただけると嬉しいです。

お楽しみに♪