tumemizumushi:爪水虫自力で治す

爪水虫自力で治す 市販薬

「爪水虫を自力で治す方法!ドクターズチョイス爪水虫完治セットを使って、爪水虫を治しました」

【爪水虫の原因】

爪水虫の原因は、カビによる感染症で、ほとんどが靴蒸れによって引き起こされています。靴を一足だけ履き続けるのではなく2足用意して交互に履くようにして、足の蒸れを防ぐようにします。また、履いていた靴の中に乾燥剤を入れておくと、さらに効果があります。

夏場は特に蒸れやすいので、外出先から家に帰ってきたら、足を洗うようにしましょう。

爪水虫の原因菌

爪水虫の原因菌は、カビ菌の一種である'白癬菌'です。'白癬菌'に感染すると、水虫は、なかなか治らないので、治療は、1年以上かかるので、根気強く治すことが必要です。爪水虫は、爪表面が硬くなり、薬成分も浸透しにくいので完治するのに時間がかかります。自宅でセルフケアする場合、塗り薬になりますが、爪水虫ができている部分にだけ塗るのではなく、その周辺も少し広い範囲までケアすると爪水虫対策に効果があります。家族に移してしまう可能性があるので、帰宅後は足を石鹸で良く洗い、乾いたタオルで水気をしっかり拭き取った後は、足を良く乾燥させます。

爪水虫が悪化するとどうなる?

実際、爪水虫を治療せず、放っておく人も少なくないようです。冬には、いったん症状が治まることが多いですが、夏になると体の症状が現れたり、水虫の症状が繰り返されます。水虫のアレルギー反応として、'白癬菌'に反応していない部位に発疹ができたりします。また、水虫を放っておいたために感染が広がる恐れもあり、水虫は、足だけでなく、体部、手、頭部にも感染します。家族や周りの人に移してしまう可能性もあるので、早めに治療することが大切です。また、爪水虫が悪化すると、痛みが伴い、靴が履けなくなることもあります。

爪水虫が侵食すると最後には黒くなる

爪水虫の'白癬菌'侵入経路は、爪の先からです。爪の先が白く濁ってくるのが、爪水虫の初期症状で、そのあと黄色に濁ってきたり少しづつ爪の根元の方まで、侵食していきます。かゆみがないので、気づくと爪が黄色くなっていたということもあります。'白癬菌'の侵食が進むにつれて爪の濁りがひどくなり、爪も分厚くなってきます。爪が硬くて分厚くなってくるので爪切りで爪を切ることができなくなります。症状がひどくなると爪全体、黒色に変色してきます。'白癬菌'が爪内部まで侵食して爪の栄養分のたんぱく質を破壊、爪が剥がれ落ちます。

爪水虫の画像からわかる自力で治すための大切なポイント

爪水虫を自力で治すためには、時間と根気が必要です。自力で治す場合、塗り薬が良く使われていますが、治ったと思ったら皮膚の内部や底の方で”白癬菌”が繁殖、だから、治ったと思ってもしばらく塗り続けることが大事です。また、塗り薬を塗る前に、爪の表面をやすりで少し削ります。そうすることで、有効成分が爪になじみ皮膚の内部まで浸透、'白癬菌'増殖抑制に効果的です。また、塗り薬を塗る場合、少し広い範囲まで塗ることが大切です。塗り薬を使って、自力で爪水虫を治す場合は、薬の塗り方が大切なポイントになります。

爪水虫は手にも出来る!

手水虫は、手白癬とも言います。水虫は、'白癬菌'というカビ(真菌)が皮膚に感染することで起こる皮膚感染症で、実際、足水虫が多いですが、足だけに現れる症状でなく、髪の毛、爪、手や頭にも現れます。'白癬菌'は、フケや垢がたくさん集まる、温泉、プール、スポーツジムなどの大型公共施設に潜んでいます。手にできる水虫は、比較的珍しく手がカサカサしてくるので手荒れと間違われやすいですが、爪の間に”白癬菌”が感染すると足の爪水虫と同じような症状が現れます。爪が白く濁り黄色に変色、やがて、爪がごわつき分厚く変形してきます。

爪水虫の治し方・治療方法(病院・薬)

爪水虫の治療法は、内服薬(飲み薬)と外用薬(塗り薬)、レーザー治療などがあります。内服薬は、病院で処方されることが多く、爪水虫を約3か月間で完治させるというイトリゾールの場合、『パルス療法』がとられています。『パルス療法』とは、1週間薬を飲み続けた後、3週間は休むという飲み方です。この飲み方を3回繰り返します。塗り薬の場合、カビを殺菌する外用抗真菌薬が使われます。

爪水虫に効果的な薬は?

爪水虫に効果的な薬は、外用薬よりも内服薬です。内服薬は、外用薬よりも有効成分が患部にとどまりやすく高い殺菌効果を期待することができます。外用薬の薬効も進歩しており、有効成分が爪と爪の間、皮膚の奥深くまで良く浸透し、健康な爪育成成分が含まれている薬が効果的です。'白癬菌'殺菌の有効成分が良く浸透することに特化したジェルタイプの市販薬が口コミでも評判で、健康的な爪育成のための成分も配合されています。有効成分浸透特化型ジェルタイプで硬い爪にも有効成分が馴染みやすく、爪水虫治療に効果的な塗り薬です。

爪水虫の飲み薬は?

爪水虫の飲み薬は、有効成分が効果的に爪患部に届けられ、爪水虫の治療期間が、塗り薬よりも短くて済みます。爪水虫の飲み薬は、「イトラコナゾール(イトリゾール)」「塩酸テルビナフィン(ラミシール)」があります。「イトラコナゾール」は、1週間内服した後は、3週間休む、これを3回繰り返すというパルス療法がとられています。通院回数が少なくて済むので、仕事で忙しいサラリーマンの方でも治しやすい療法です。「ラミシール」は、錠剤で1日1錠服用しますが、副作用として肝機能障害リスクがあり服用前の血液検査と服用後の定期的な血液検査が必須です。

爪水虫の塗り薬は?

爪水虫の塗り薬は、抗真菌(カビ)外用薬の軟膏、リキッド、クリームが使われます。症状がひどい場合は、軟膏やクリームの方が有効成分の浸透率が良いので、良く効きます。リキッドタイプの塗り薬を使う場合は、コットンに薬をしみこませて、爪の上にのせて上からマスキングテープをかけます。こうすることで薬成分が良く浸透し、水虫菌に効果的です。また、爪の表面をやすりで薄く削ると、薬成分が馴染みやすくなります。爪水虫菌は、外用薬での治療は効果的ではないとされていましたが、薬効成分が浸透しやすい塗り方で、効果的に治すことができます。

爪水虫を自力で天然成分で治す

爪水虫を自力で天然成分で治すという方法もあり、使う天然成分としては、「酢」「馬湯」「ティーツリーオイル」「ホホバオイル*ティーツリーオイル」「足湯」などです。いずれの方法も化学成分は含まないので、肌に優しく・肌質が弱い人に良い方法です。肌の優しい成分を含む塗り薬と併用するという方法もあります。「足湯」は、熱で'白癬菌'を殺菌、足も温まり、その後に使う塗り薬成分の浸透力も高まります。

爪水虫・水虫菌の殺菌なら天然成分のティーツリーオイル

爪水虫・水虫菌の殺菌に殺菌力が強力な天然成分ティーツリーオイルを使うという方法もあります。ティーツリーオイルは、“白癬菌”殺菌の有効成分として塗り薬にも含まれている成分です。ティーツリーは、インドネシア、オーストラリア、ニュージーランドに自生している植物で強力な抗菌・抗炎作用があり、古くから怪我や病気の治療に応用されてきました。100人中99人の疾病を完治に導くという強力な殺菌力で、疾病治癒例も数多いです。例:ニキビ、皮膚のカンジダ、口腔のカンジダ、その他の皮膚炎・湿疹、体、手、足の水虫、少量の濃度でも強い殺菌力があり、水虫菌の殺菌に最良の天然成分といえます。

天然成分のティーツリーオイル

ドクターズチョイス 爪水虫と水虫完治セット

ドクターズチョイス爪水虫と水虫完治セットは、「ファンガソープEX」「ファンガクリーム」「チモールリキッド」の3本セットになっており、水虫菌約99.9%の殺菌率で、水虫対策に大変効果的です。ファンガソープEXには、天然殺菌成分のティーツリーオイルが含まれ水虫菌を強力的に洗い流し、健やかな皮膚を保ちます。ファンガクリームには、水虫菌や雑菌を殺菌する成分が含まれ、チモールリキッドには、アルコールと殺菌エキスが含まれています。ドクターズチョイス水虫完治セットを使えば、使い切ったころには、水虫がすっきり治っています。

ファンガソープEXが爪水虫対策に良い理由

ドクターズチョイスファンガソープEXには、'白癬菌'を強力に殺菌する天然成分ティーツリーオイルが使われています。だから、肌が弱いから、通常のソープよりも優しい成分でありながら殺菌力が強く安心して使えるソープです。シャンプーとしても体全体に使えます。ファンガソープEXの使い心地も良く、使っているときはオイルのぬるぬる感があるので肌なじみが良く、ソフトで良く洗えますが、すすぐとさっぱりした洗い上がり感なので、使い心地も抜群に良いです。

ファンガクリームが爪水虫対策に良い理由

ファンガクリームは、ファンガソープを使った後、足を良く乾かし、患部に一日2~3回塗ります。市販のかゆみ止めではなかった水虫のかゆみとただれに効力を発揮します。ファンガクリームの中に水虫の原因になる真菌(カビ)やその他の雑菌を99.9%除菌する天然オイル成分ティーツリーをはじめ、数種類の天然オイルが配合され、水虫菌の殺菌に大変効果があるクリームです。今までに様々な水虫対策商品を試してみたけれど、何度も再発を繰り返すばかりで、いっこうに水虫が治らなかったという人におすすめのクリームです。

爪水虫対策

爪水虫になると、なかなか根治しないので、自力で治すという方法もありますが、皮膚科での治療が早く確実に治せます。爪水虫対策としては、予防することが一番大切なポイントになります。そのためには、プール、温泉、スポーツジムなど、公共施設を利用して帰宅した際には、足を洗うようにして、菌を洗い流すことが大切です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       【爪水虫の塗り薬 Dr.G's クリアネイル】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   爪に塗るだけで、有効成分が爪下の皮膚に浸透。
   無味無臭で飲み薬に比べて少ない副作用なので安心です。

爪水虫対策のための靴の殺菌方法

爪水虫対策のためには、毎日履いている靴のお手入れ、殺菌方法も大切なポイントになります。運動靴など布でできた靴は、洗剤を入れた水のバケツにつけおき洗いにします。革靴やブーツは蒸れやすいので、帰宅したら風通しの良いベランダに陰干しします。靴の中に靴用の乾燥剤を入れておくのも良い方法です。また、靴用の除菌スプレーを吹きかけておくのも良いです。靴の中に消臭、吸水性がある中敷きを敷くという方法もあり、靴を洗わずに殺菌する方法はたくさんあります。靴の蒸れがひどい場合は、ドライヤーの温風をあてると良いです。

爪水虫対策のための靴下


爪水虫対策に良い靴下は、5本指ソックスです。4本指が一緒になったソックスは、指と指の間がくっついているので、カビが繁殖しやすい環境にあります。それに比べ、5本指ソックスは、指と指の間の通気性と吸収性に優れ、菌が繁殖しにくい環境です。他の皮膚病にも言えることですが、指と指の間、脇の下など皮膚が密着している部分は、湿気がこもりやすく菌が繁殖しやすい環境にあり、指と指を引き離し、通気性を保てる5本指ソックスは、爪水虫改善に効果的です。デスクワークが多い場合、サンダルを履くなどして指の通気を良くしましょう。

爪水虫対策のための家の掃除

裸足で踏むマット、スリッパ、共有するものは、常に洗濯し清潔を保ち、床の掃除もまめに行います。除菌スプレーなどを使って拭き掃除をするとさらに効果的です。また、プールやスポーツジム、サウナなど、公共施設を利用して帰宅した場合、必ず足を洗うことが大切です。足を洗うのが手間な場合、濡れタオルで足を拭くだけでも、'白癬菌'の繁殖を防ぐことができます。公共施設など、人が集まるところでは、爪水虫の感染源ともいえる場所で共有で履くスリッパも気を付けましょう。靴専用の除菌スプレーを利用する方法もあります。

爪水虫対策のための足の洗い方・足湯

爪水虫対策としては、外出先から帰ってきたら足を洗い、足の清潔を保つように心がけましょう。足の洗い方は、石鹸で指と指の間も良く洗い、洗い終わったら石鹸が皮膚に残らないように、シャワーの流し湯で十分に洗い流します。洗い終わった後も、乾いたタオルでしっかりと水気を拭き取り、ドライヤーの温風をあてて良く足を乾燥させます。'白癬菌'にとって、湿気のあるところが繁殖の場になるので、そのような環境を作らないようにすることが爪水虫対策の大切なポイントになります。'白癬菌'は、熱に弱く足湯も効果的です。

爪水虫対策でやってはいけないこと

水虫は、かゆみが伴いなかなか治らないという厄介な皮膚病です。爪水虫は、かゆみがないので、かきむしるということはありませんが、指と指の間にできる水虫、足の裏などに小さい水泡ができる水虫は、かゆいのでかきむしることがありますが、かゆみ止めなどを塗ってかきむしらないようにすることが大切です。手でかきむしった場合、手の爪の間に”白癬菌”が入り込み手水虫になってしまいます。手は、一日に何度も洗い、乾燥しやすいので、手水虫になるのは稀ですが、'白癬菌'がついた手でものを触ると、'白癬菌'を広めてしまいます。

爪水虫自力で治す:まとめ

爪水虫対策に殺菌作用が強い天然成分のティーツリーオイルが良く知られていますが、酢を使うという方法もあります。'白癬菌'は、酸に弱いので殺菌に効果的です。酢の濃度にもよるので、少し濃い目の方が良いかもしれません。米ぬか油を使うという方法もあり、ビタミン類が豊富で敏感肌の人にもソフトな効き目で良いですが、殺菌力の点では劣ります。爪水虫を予防するには、足の清潔を保つことが一番ですが、爪水虫になった場合、爪水虫を早く確実に治すには、皮膚科での診察と治療が最良です。