あなたの火災保険の利用をサポートします

火災保険が台風でも使えること、またおりた保険金が自由に使えるのをご存知でしょうか?申請手続きはプロにお任せして、
賢く火災保険を利用してください。

各地で起こる自然災害

近年『豪雨』『台風』による住宅被害が各地で報告されています。
自然災害が原因の
屋根、外壁、樋などの破損被害に
火災保険が使えたらどんなにありがたいでしょう。

我が家の被害は火災保険で直せる?

火災保険が使える事例を一部ご紹介

火災保険の対象になる箇所は実はかなり広範囲です!


同じ工事でも火災保険が使える人、使えない人がいるという事実

「自分の所は自費で修理したけど、お隣さんは同じ被害を保険で修理できた・・・」

こんなことにならないように、せっかくなら火災保険を有効に使いたいですよね。
火災保険を利用するためには大切な2つの知識が必要です。
それは・・・

  1. 『火災』以外の『台風』や『大雨』、『落雷』などの自然災害で火災保険が使えることを知っている。
  2. 火災保険を最大限利用できるよう保険会社と交渉できる専門家を知っている。
この2点です。

1つ目の火災保険が使えるということは既にクリアできているので
残るは1つ・・・
実は2つ目の専門家次第で、火災保険が使えるか使えないか大きく変わってくるんです。

それは何故でしょうか?

保険は原則『申請主義』だからです。保険会社は『申請』があった場合に初めて、
保険金を支払うよう動き出します。

また、その被害が『本当に自然災害由来』のものであるか、
一般の方で証明することは難しいですよね。

保険会社が「それは、経年劣化が原因です。」と言ってきたら、
普通なら、「仕方ないな・・・」とあきらめることしかできません。

一方専門家が間に入れば、
「いやいや、こういう状況だと自然災害が原因だということは明白ですよね。」
と対等に交渉できるようになります。

結果、専門家を知っているかどうかで、火災保険の利用可否や金額の増減に大きく影響してきます。

火災保険を利用した修繕を得意とする専門家集団をご紹介

ハウスビルダーや工務店はリフォームや修繕など建築のプロではありますが、
『火災保険を利用したリフォーム、修繕のプロ』ではありません。
コチラのブログで書かれている通り、
普通のビルダーや工務店では、保険会社との交渉や
火災保険申請のための調査や保険申請のための書類作成の経験はありません。

また、仮にできたとしても
申請のためには多くの労力が必要となるため、
ビルダーや工務店としても火災保険が下りる下りないにかかわらず、
別途費用をいただかざるを得ないでしょう。
そこでおすすめするのが、
『お家の保険相談センター』です。

お家の保険相談センター

お宅を調査・診断するところから、
申請書類作成のサポート、保険会社との交渉、リフォームや修繕まで全て
費用負担無しで一括してお任せできる、
というところが嬉しいです。

費用は一切不要!お金を支払うことはありません。

保険会社から保険金が支払われた時に限り
その一部を『お家の保険相談センター』に支払うことになります。
このため、お客様が費用を持ち出す必要がありません。

※保険金が入らなかった場合も費用がかかりませんので安心して利用できます。

火災保険は本当に使える?

画像参照:お家の保険相談センター
築5年以上というのが限定ですが、
70%以上の方が使えているそうで、しかも平均100万円というのがおどろきです。
火災保険は何回使っても掛け金が高くなることもありませんし、
まさに知っている人だけがお得になる保険といえます。

火災保険がおりるまでの流れ

支払われた保険金をどのように利用するかは自由

保険会社より支払われたお金の支払いには
使用用途の制約が無いことがほとんどです。
修繕に回すのも良いですし、
なにか別の用事にお使いになるのも良いでしょう。
大切な事は、このセンターのサービスを利用しても、
まったく損をするということが無い!というのがポイントですね。

※もちろん保険金が支払われなかった場合も費用はかかりません。

だからこそ気軽にお願いできますよね。

実際の利用者の感想

皆さん共通して、火災保険がいろんな用途に利用できる
ということを知らなかったようですね。
つくづく、『知っている人だけが得をする保険』だと思います。

まずはお問合せから!2~3分の入力で完了です。

入力項目も少なくあっという間に完了!

入力内容は少なく、名前や住所など基本的なことばかりです。
下のリンク先の下部にあるお問合せに入力していくだけです。
2~3分の入力で、あとは送信ボタンを押すだけ!
まずはお気軽にお問合せ下さい。