5月スタート

3期生募集中!






こんなひとにオススメ!

  • ✅推手の指導者・選手・ご経験者
    格闘技、武道家、武術家
  • サッカー、バスケ、アメフトなどの
      コンタクトスポーツ指導者・選手
    推手という技術体系の持つ、力の操り方、
        力の原理原則、その技術体系を学びたい方
  • サッカー、バスケ、アメフトなどの
      コンタクトスポーツ指導者・選手
    推手という技術体系の持つ、力の操り方、
        力の原理原則、その技術体系を学びたい方

武術プログラム(10ヶ月)の入会特典

  • 推手基礎概論(公式テキスト)の贈呈

    概論に沿った技術解説をFBサロン内にて実施
    (10ヶ月サポート:
     2021年5月~2022年2月末まで)
  • FBサロン内で常時質問などに対する回答、ディスカッション
    1ヶ月に1回武術サロン内でFBライブ配信
  • 化勁チャレンジの技術指導、指導者育成

  • FBサロン内で常時質問などに対する回答、ディスカッション
    1ヶ月に1回武術サロン内でFBライブ配信

公式テキスト:推手基礎概論

全日本推手普及協会が認定する指導者資格の
取得を目指す方に必読の認定テキスト。

武術家・葛西眞彦が養生推手、自由推手、
競技推手および詠春のチーサオと呼ばれる
技術に融合、総合的な崩しと打撃へ
対応できる技術を推手に落とし込んだ必読書!

葛西先生の技術体系のコアとなる養生推手の
技術が公式テキストになりました。

公式テキストを手に、推手の世界をご一緒に
楽しんでいきましょう!

認定指導者を目指す方に
  必須の「認定テキスト」です!

✅全日本推手普及協会の最新カリキュラムに準拠
 (2021年2月現在)

✅推手オンラインセミナーのテキストとしても
  ご利用いただけます。

武術サロン(非公開Facebookグループ)

非公開Facebookグループ(オンラインサロン)で
あなたの学びをサポート!
(動画・LIVE/サポート期間10ヶ月)

関連動画やLIVE配信をサロン内で
随時行うことで、
技術の補足説明、解説・指導いたします。

推手オンラインセミナーの
録画データをプレゼント*

ご受講いただいた推手オンラインセミナーの
録画データをプレゼント
(希望者のみ・動画データの共有・転載禁止)

注)オンライン推手プログラムにオンラインセミナーの
  受講費は含まれておりません。

ご参加されていない回の推手オンラインセミナー
の動画データをご希望の場合、
別途お申し込み頂く必要があります(各回4,200円)

小よく大を制す、柔よく剛を制す
は実現可能です!


中国武術の推手という練習体系には
「三つの力理論」「連結」「接点圧」
「力の誘導」「相手の無力化」といった

あまり馴染みのない力の考え方、
力を取り扱う技術体系があります。

推手という稽古体系から新しい
「力の原理原則」を学び
新たな武器を身につけましょう!

この技術、考え方が皆さまの推手技術ならびに
ご専門の技術向上にお役立ていただければと思います!


第4回推手オンラインセミナー

❑日程:2021月03月27日(土)
 20:00開催(約90分)

❑テーマ:無力化

相手の推し、押しを受けても崩れない、
崩されない推手の技術とは!?

≪内容≫
①無力化のやり方がわかりやすい、
 無力化に必須の養生推手パターン
 
②自由推手で確認する方法

③一人練習法(養生推手と自由推手)
 初心者でも取り組みやすい方法を
 メインにご紹介

❑開催方法:Zoom
(LIVE配信後、1週間の見逃し配信)
❑講師:全日本推手普及協会・代表
    葛西眞彦
❑受講料:4,200 円

❑対象:推手ならびに武道・武術初心者
から上級者まで大歓迎!

❑注意:1Dayのオンラインセミナーには

    推手基礎概論(PDF)、
    オンラインサロンは付属しません。


講師紹介

全日本推手普及協会・代表 葛西眞彦

日本在住時は意拳、フルコン空手、
杖、剣道、逮捕術、合気道等を修行
していた武術歴約30数年の元刑事。

現職時代に大病を患い、発作で仕事も
ままならなくなったことから、
漢方治療を受けるため早期リタイヤし
台湾へ移住。

1年間の漢方治療を経て発作も収まり、
体がある程度動くようになったため、
台湾での本格的な中国武術修行を開始。

台湾では、中華民国八極拳教練資格を
日本人として初取得、また同様に
推手教練資格も日本人として初取得。

台湾で実施される競技推手世界大会を
運営する団体に所属し、詠春拳と太極拳、
八極拳を修業し、シニアの身の上で
ありながら、競技推手青年部での中量・
重量級チャレンジを続け、優勝・入賞
経験を積み重ね、その経験と技術を
後進に伝えている。

日本の選手を団体流派の制限を一切問わず、
最短の時間と努力で台湾大会に入賞・優勝
するために必須の技術と哲学を公開指導。

競技推手大会開催地である台湾に居住し、
常に参加選手、参加団体との交流が
あるからこそできる分析、解析を強みに
熱意のある方に情報を還元。

指導者としてのスキル研鑽にも力を入れ
関わった日本人全員が世界で優勝することを
目標にして、指導と修業を並行した研鑽を
続けている。

現在は競技推手のみならず、自由推手と
養生推手および詠春のチーサオを融合させた
総合的な崩しと打撃へ対応できる技術を
研鑽し、独自の境地を見出すための努力を
続けている。

最終的には日本に帰国して
素手の崩しと武器の崩し、ランダム性
の中で戦えるものを、刑事時代の経験等
からも総合的な形でまとめた独自の技術
として提唱すべく準備中。


執筆活動も精力的に行なっており、
台湾では心理学と人相に関する本を1冊、
護身術に関する本を1冊出版。

日本ではwebマガジン「コ2」にて、
直接的な攻撃や抵抗の段階に入ることなく
事前に危機を察知、回避することを
主体とした「間接護身」という独自の
概念を紹介・解説するコラムを書籍化し
応用編を現在執筆中。

実績

 2016年10月
 台湾世界大会「第六屆世界盃太極與推手錦標賽」
 第七級(76〜83kg)にて三位入賞
 (台湾推手大会の入賞としては日本人初)。
 2016年12月
 台湾全国大会「第十二屆志堅盃全國太極拳錦標賽」
 社男第五級(80〜90kg)にて優勝(台湾推手大会の
 優勝としては日本人初)。
 2017年5月
 台湾全国大会「第10屆道生盃武術錦標賽-
 定步推手比賽」第七級(82kg以下)にて優勝。
 2017年10月
 台湾最大の全国大会である
 「第7届總統盃全國太極拳錦標赛」青年男子第八級
 (83〜91kg)にて優勝。
 2017年12月
 台湾全国大会「第十三屆志堅盃全國太極拳錦標賽
 -定步推手比賽」第七級(91kg以下)にて2位。
 2018年10月
 台湾世界大会「第七屆世界盃太極與推手錦標賽」
 青年男子第七級(76〜83kg)にて2位。
 2019年12月
 台湾全国大会「第十五屆志堅盃全國太極拳錦標賽」
 小よく大を制すを体現するため、中量級の体重で
 最重量級に参加し、110キロ、115キロ、140キロの
 重量級選手を倒し優勝。
 2020年9月13日
 台湾全国大会「第十六屆志堅盃全國太極拳錦標賽」
 にて、定歩種目、活歩種目を分けて1日でやる
 独自設定したルールの大会において、男子第4級
 (76kg~86kg)で定歩優勝、活歩優勝の2種目
 同時優勝を果たす。