まずは、自分の想いを言葉に表すことから始めませんか?

こんなシーンを見たことはありませんか?
夏休みや冬休みが終わるころです。
TVの取材で、日本人の小学生ぐらいの子どもに『夏休みの想い出は何ですか?』って聞いてるシーンです。
日本人の子どもは、『暑かったけど○○に行けて楽しかったー!』って答えてます。
でも、海外、特にアメリカの子どもは、『○○に行けて、そこの××を体験してすごくよかったの!特に、、、』
ってシーンです。 

 
日本の子どもは、感想文なのですが、海外の子どもは『プレゼン』になっているのです。この『差』はなぜでしょうか? 

 
 
ずばり言います。

 
結論、『学校での教育』の差です。 

 
海外、特にアメリカだと小学校1年生から高校を卒業するまで毎週1時間以上『プレゼン』を勉強する授業があります。 

日本の学校で、プレゼンの授業があったでしょうか?? 
 

つまり、『人前で話すのが苦手、プレゼン嫌い、口下手で自信がない、、、』って何も特別なことではありません。 
だって、練習したことないんだもん。 

イメージで理解するとわかりやすいです。
『泳いだことが、1度もない人に、自分の足が着くかわからない深さのプールに飛び込ます』ことと同じです。
『不安』であたりまえです。『怖くて』当たり前なんです。

人前で自信をもって伝える
具体的な方法を提供します。

本当のことを言えば、自信をもって人前で話せる方法は複雑ではありません。
誰でも、かんたんにうまくやり遂げるための、シンプルな方法を知るだけで良いのです。

いくつかの基本的なテンプレートに従いさえすれば、誰でもにすぐに実践できるのです、その具体的なアクションプランが
どんなに口下手でも人前で言いたいことがキチンと伝えられる 図解でわかる!4ステップ伝え方説明会』なのです。

この説明会では、あなたがなぜ苦手なのか?
4つのタイプに分けて考え、ひとつづつ実践していくことで、
1)自分の意見・考え・想いがまとめられないときに、どうしたらよいのか?
2)伝える話をストーリー仕立てにするには、どうしたらよいのか?
3)人前で緊張して話せなくなるときには、どうしたらよいのか?
4)相手の言いたい事をまとめられないときには、どうしたらいいのか?
など
全て、シェアし、グループワークを行い、身に着けていきます。

そして、

自分のいつでもすぐに使える、自信を持って伝えられる『自己紹介分』を作ります。


このシステムを使用すれば、あなたの伝える力が変わり、上司や同僚、取引先とのコミュニケーションミスが減り、さらには、営業力や生産性も高めることが可能になってきます。