天の声とあなたの想いを、
書と点描で結ぶ。
巫 咲

ご覧下さりありがとうございます。
文字と言葉のアーティスト 巫 咲(みさき)です。
これまでに制作した作品やご提供中のメニュー・作品などを掲載しています。

Profile

書と点描のアーティスト 巫 咲

元看護師、保健師。

日々生死に関わる現場で働くなかで
時間に追われて心がすさみ、体調を崩し休職。

その中で、人生1度きりだから後悔しない日々を過ごそうと思い立ち、
2017年より幼少の頃から大好きだった書道を再開する。

想いのままに書く日々のなかで、
文字を絵のように使うようになり、
また額縁の塗装とともに点描を始める。

「書と点描」という独自の作風を確立し、
2018年にJapan Expo,藝展など
多数のイベントや企画展に出展している。

これまでの作品集

ご依頼いただいた作品やオリジナル作品を掲載しています。

オリジナル作品(額縁)

冬の星空

自身の作品の中でもっとも古い、初期の作品。「星」という漢字の旧字体を絵のように使い、星空を表現しています。淡墨の点は、筆を振って飛び散らせてみました。
額縁も塗装し、金色の小さな点で星が光る様子を表してみました。

蜺色のやさしさ

「蜺色」は「にじいろ」と読みます。虹という字は雄の龍を表しており、 雌の龍はこの「蜺」という字を使います。こちらの作品は女性のお客様への制作だったためこの字を使い、力強くも優しいエネルギーで大切なものを守り、包み、流れているようなイメージで書きました。
額縁はエネルギーが流れている様子を表現しています。

次元上昇する魚

「魚」という漢字の字源から草書までの変化を人が変化していく様子と重ねてみました。魚が下から上に向かって泳ぎ、変化することで次元上昇していく様子を表しています。背景の淡墨は花という字で下から上にエネルギーが舞い上がっていく様子を書いています。
額縁はそのエネルギーの軸に集まってくる光の粒を表現しています。

わらう

たゆたう感性

見出し

泡沫のきらめき

鈴のなる樹

no title

草分け続ける人

星月夜(白)

星月夜(紺)

紅差すをとめ

no title

no title

花の言祝ぎ画

恋煩い

躍りはずむ雨音

心の蓋をあけたら

恩贈り

自由の海から立ち上る焰

桜襲

ボタン

天地(あめつち)

ボタン

minori.

ボタン

花 結 〜hanamusubi〜

〜 紫 〜

〜 美・伸 〜

〜 心・在 〜

〜 結・彩 〜

〜 秀・和 〜

〜 奏・奈 〜

〜 忍 〜

〜 笑・佳 〜

〜 永・愛 〜

〜 健・美 〜

〜 幸 〜

〜 福・春 〜

〜 蓮・視 〜

〜 利・香 〜

〜 嬉・和 〜

〜 俊・光 〜

〜 喜・楽 〜

〜 雅 〜

〜 菜・光 〜

〜 儀・流 〜

〜 夢・現 〜

〜 洋・笑 〜

〜 光・繋 〜

〜 清・華 〜

〜 直 〜

〜 笑 〜

〜 蜜 〜

〜 甘 〜

〜 美・香 〜

〜 愛 〜

〜 世・響 〜

〜 光・季 〜

〜 作・章 〜

〜 麻・勢 〜

〜 康・繋 〜

見出し

見出し

見出し

見出し

〜 結・香 〜

〜 俊・楽 〜

〜 満・月 〜

〜 由・然 〜

花靈 〜hanatama〜
お名前作品

惠麻 〜えま〜

優斗 〜ゆうと〜

悠之介 〜ゆうのすけ〜

花靈 〜hanatama〜
命名書

心悠 〜こはる〜

斗葵 〜とうり〜