『株式市場の敗者になる前に読む本

無料ダウンロードはこちら

メールアドレスを登録して
本をダウンロードする

本を読むにあたって(まえがき)


この本を手にとってくださったあなたは、すでに株式投資を行っているか、これから始めようとしていることでしょう。投資を行うからには、少しでも多くの利益を上げることを夢見ていることと思います。

しかし、実態はそんなに甘いものではありません。個人投資家の9割は株式市場の「敗者」となり、撤退を余儀なくされています。私自身も、損失を重ねて失意のまま投資を止めてしまう人を数多く目の当たりにしてきました。

失敗した投資家の多くに共通していることは、明確な方針や基準を持たずに投資を始めていることです。最初に「何となく上がりそうだから」という理由で銘柄を選び、株価チャートを少しだけかじって株価の動きに右往左往し、インターネット掲示板の根も葉もない噂話に心を翻弄される人があとを絶ちません。

株価の動きは、短期的にはランダムです。明日上がるか下がるか、誰も正確に予想することはできません。そのため、投資期間が短期になればなるほど、それは投資ではなく「投機」(ギャンブル)となります。

一方で、長期で見れば株価はロジカルに決定されます。株式には、多くの投資家の共通認識に基づく「本質的な価値」があり、株価はやがてそこに収束します。常にそうなっていないのは、短期的な株価の動きが投資家の不安や期待、あるいは株式市場全体の流れに左右されるからです。 

バリュー株投資は、このような一時的な動きと「本質的な価値」のを利用して利益をあげる手法です。この本を読めば、その基本的な考え方を理解し、明日からの株式投資における明確な基準を身につけることができます。

第1部では、バリュー株投資の基本的な考え方を解説し、第2部では投資に悩んだときに読んで欲しいコラムを掲載しています。どちらもバリュー株投資を実践する上で必ず役に立つ内容です。ぜひ何度も読み返して、株式市場の「勝者」になることを目指してください

著者紹介

栫井 駿介
(かこい しゅんすけ)

つばめ投資顧問代表
株式投資アドバイザー、証券アナリスト

【経歴】
1986 年 鹿児島県生まれ
2005 年 鹿児島県立鶴丸高校卒業
2009 年 東京大学経済学部経営学科卒業
2009 年 大手証券入社、投資銀行業務に従事
2011 年 証券アナリスト第2次レベル試験合格
2015 年 豪ボンド大学 MBA 取得
2016 年 つばめ投資顧問合同会社設立

大学時代は企業金融のゼミに所属し、企業価値評価の基礎を習得。証券会社勤務時代は大学時代の知識を活かし、投資銀行部門にて株式の売出しや新規上場、資金調達の提案を行う。

豪ボンド大学 MBA では経営に関する幅広い知識を習得すると同時に、プログラム創設者である大前研一氏のロジカルシンキングを徹底的に学ぶ。

自分の知識を使って一人でも多くの人を幸せにしたいと考え、つばめ投資顧問を設立。趣味はマラソン、読書。

金融商品取引法に基づく表示

つばめ投資顧問合同会社
関東財務局長(金商)第2932号
金融商品取引業者(投資助言・代理業)
加入協会:一般社団法人 日本投資顧問業協会

<投資顧問契約に係るリスクについて>
ホームページ上、メール上での提供情報は売買指示ではありません。実際の投資商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用下さい。情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。上場有価証券等には株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があります。信用取引を行う場合は、信用取引の額が当該取引等についてお客様の差入れた委託保証金または証拠金の額(以下「委託保証金等の額」といいます)を上回る場合があると共に、対象となる有価証券の価格または指標等の変動により損失の額がお客様の差入れた委託保証金等の額を上回るおそれ(元本超過損リスク)があります。手数料等およびリスク等については、当該商品等の契約締結前交付書面やお客様向け資料等をよくお読みください。