今後も売上を確保していきたいけれど、
求人広告を出しても人が集まらないとお悩みの経営者様へ

人を増やさないで売上を確保できる方法があるのをご存知ですか?

生産性改善活動
サポートプログラムのご案内

まずはこちらをご覧ください

  • 作業者への工具の人数分確保、置き場や管理方法の改善により月に240時間の作業時間削減 (機械製造、10名)

  • 旧式の加工機械の一部自動化(約60万円)により、月に100時間の作業時間削減 (部品製造、3名)
  • 書類(紙・データ)の管理方法・検索方法見直しにより、月400時間の作業時間削減 (設計、30名)
  • 旧式の加工機械の一部自動化(約60万円)により、月に100時間の作業時間削減 (部品製造、3名)

お客様の声

「ムダ」が減り求人をせずに済みました (食品製造業)

社員もまじめて一生懸命働いているので
サポートを受けるまでは「ムダ」はないと思っていました。
人手不足で改善も何もできないと思っていました。

実際に細かく調べてみると

・トラブルの指示がわからず仕事を止めていた

・書面・データ・道具を探して仕事を止めていた

・実は、ミスによる仕事のやり直しが
 ちょくちょく発生している

などなど、たくさんの問題があることがわかりました。
そして、すぐ対策できることが多いことも分かりました。

「ムダ」が減りその分、正味の仕事時間が増えました。
生み出した時間で次のアクションもできそうです。
ありがとうございました。

モチベーションも上がりました (電子部品製造業)

採算状況が悪いのに、
社員のコミュニケーションが悪く、やる気もなく長年指導方法にも困っていました。

今回の改善活動の中で、
社員たちが実はいろいろな問題点や
改善方法を考えていることが
わかりました。

実際に自分たちで対策をして、
自分たちで職場をよくする楽しさを
実感したようです。

「20年以上仕事をしてきて
 はじめて、仕事を楽しいと思った」
という声を聞くことでき、
これまでを反省するとともに
非常によかったと思いました。

しばらくは退職の心配はなさそうです。

モチベーションも上がりました (電子部品製造業)

採算状況が悪いのに、
社員のコミュニケーションが悪く、やる気もなく長年指導方法にも困っていました。

今回の改善活動の中で、
社員たちが実はいろいろな問題点や
改善方法を考えていることが
わかりました。

実際に自分たちで対策をして、
自分たちで職場をよくする楽しさを
実感したようです。

「20年以上仕事をしてきて
 はじめて、仕事を楽しいと思った」
という声を聞くことでき、
これまでを反省するとともに
非常によかったと思いました。

しばらくは退職の心配はなさそうです。

人を増やさず売上を確保できる!!
3つのポイント!

時間当たりの付加価値改善!
わざと「ムダ」をする人はいませんが、
ヒアリング・調査をしてみると
なくそうと思えばなくせる作業が
ほんとにたくさんあるものです。
それを「ムダ」とよび、
なくす「仕組み」を作ります。

なので、時間当たりの付加価値高が上がり
より少ない人数で仕事をこなせるようになります!
離職の防止!
がんばって採用できたのに短期間で辞めてしまい
また求人を繰り返すお話もよく伺います。
なかなかつらい状況ですよね。

離職を未然に防ぐのも経営の大事な要素です。

社員が自分の職場の問題を解決することに
やりがいをもち、楽しんで取り組むことで
離職の防止を図ります!
自分たちで継続して改善!
QC活動や生産性改善の活動をしている職場は多いですが、実は、マンネリ化したり、やらなくなったりしている失敗事例も多くあります。

目標設定や、改善前後の結果を見える化することで
メンバーは自ら達成感を得ながら改善を継続していくことができます!

労働時間だけでなくコストの削減も見込めるため、継続的な職場改善・事業の採算改善も計画できるようになります。
自分たちで継続して改善!
QC活動や生産性改善の活動をしている職場は多いですが、実は、マンネリ化したり、やらなくなったりしている失敗事例も多くあります。

目標設定や、改善前後の結果を見える化することで
メンバーは自ら達成感を得ながら改善を継続していくことができます!

労働時間だけでなくコストの削減も見込めるため、継続的な職場改善・事業の採算改善も計画できるようになります。

生産性改善活動サポートプログラムの流れ

お客様によりサポート内容はさまざまですが、一般的な流れをご説明します。
Step.1
事前打合せ
具体的にどういう問題を解決したいのか、会社の方針は、どれくらいの成果を期待するか、
などなどをよく話しあいサポート内容を決定します。
対面が理想ですが、遠方などの場合は、Skype・ZOOM・メール・電話などで
やり取りを行います。
この時点では費用は発生しません。
Step.2
契約
サポートの内容、頻度、期間などについて決め書面により契約を結びます。
Step.3
目的・手法の共有、目標設定
改善活動を実際に行うメンバーには、どのような目的で、どうやって改善活動を進めていくのかをセミナー形式で学んでいただきます。
どれくらいの改善を目標とするのかも設定します。
また、次のサポートまでに調査する課題の提案も行います。
Step.4
問題の原因抽出・対策立案
調査した内容やヒアリング内容をもとに、問題点を挙げ、その根本原因を探ります。
根本原因について、担当者・期限などを含めた対策案を決めていきます。
複数の対策案について、効果が高く進めやすいものの優先度を決めます。
Step.5
対策実施
改善活動メンバーのみなさんで対策を実施、評価していただきます。
具体策や評価方法についてサポートします。
Step.6
効果確認・次のテーマ選定
実施した対策がうまくいったのか、いかなかったのか、確認をしながら進めていきます。
ここをおろそかにすると苦労したメンバーのモチベーションは下がっていきます。
一番インパクトの大きい問題について改善ができたら、その次にインパクトの大きい問題の改善に取り組んでいきます。
Step.7
Step.4~6の繰り返し
問題を見つけ、根本原因に対策を打っていくことを継続して行います。
この中で、できるだけ効果の高い改善をできるだけ少ない労力で行うことがコツとなります。
また、設定した目標を追いかけることでマンネリ化を防ぎ、より大きな改善効果を狙います。
Step.2
契約
サポートの内容、頻度、期間などについて決め書面により契約を結びます。

生産性改善活動サポートプログラム

場所
お客様の職場
内容
生産性改善活動のサポート
・ムダとり(どうにかすれば削減できるお金を生まない作業の削減)による生産性改善
・業務の整理、ルール化
・ITや機器の導入による業務効率化
など
サポート時間
たとえば)3時間 x 月2回
(改善活動指導2時間+経営者ヒアリング1時間)
サポート費用
たとえば) 月額120,000円 (税別)
   +鹿児島県霧島市からの旅費交通費
会社名
株式会社タナカサトル技術支援
E-mail
tanakasatoru@ts-techsup.co.jp
Tel
090-1636-4179 (田中)
Fax
099-833-3433
会社名
株式会社タナカサトル技術支援

生産性改善の専門家:
代表取締役 田中 覚

長年大手メーカーの中で生産性の改善業務をしてきましたが、大企業に比べ伸び悩む中小企業のために技術を活用したい、地元企業の役に立ちたいと想い起業しました。

「生産性改善」について、ドライな効率化の技術を想像されるかもしれませんが、実は、働く人の自主的なやる気やコミュニケーションがとてもとても大事です。モチベーション x 技術 でさまざまな問題を解決し、より効果の高い生産性改善、事業の安定化に挑みます。

・大手メーカー3社にて開発設計、生産技術など約20年の経験
・技術士(機械部門) (日本技術士会、鹿児島県技術士会会員)
・鹿児島工業高等専門学校非常勤講師
・鹿児島県ものづくり先端技術導入支援事業参画

よくある質問

Q
これまでに改善の実績のない業種でも効果が出せますか?
A
問題の分析・解決の手法は同じです。必ず改善はできます。
ただし、どれくらいできるかは少し調べる必要があります。
弊社にて初めての業種で懸念事項がある場合、
進め方などを相談してから取り組ませていただきます。
Q
サービスは改善活動のサポートだけですか?
A
生産機械の影響の大きい歩留り改善や加工方法の調査、省エネなど、
専門性の高いサポートが必要な場合、別途お見積り差し上げます。
Q
これまでに改善の実績のない業種でも効果が出せますか?
A
問題の分析・解決の手法は同じです。必ず改善はできます。
ただし、どれくらいできるかは少し調べる必要があります。
弊社にて初めての業種で懸念事項がある場合、
進め方などを相談してから取り組ませていただきます。

※生産性改善のスタートはお早めに!

・労働人口の減少、高齢化はみるみる進んでいます。
 今後10年間で約10%の労働者減

・有効求人倍率(鹿児島県)は
 平成26年 0.78 → 令和元年5月 1.35 
 急激に採用が難しくなってきています!

・一度改善した内容は仕組みを作れば元に戻りません。
 自己流で時間をかけるより、専門家と早く進めた方がお得です。

・専門家が対応できる件数は限りがあります。
 (最大月10件程度)


お問合せ

以下の入力欄からお問合せをお願い致します。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
営業時間 9:00 - 18:00
090-1636-4179
土日祝日休み