次世代で社会に貢献する人と文化を残す
ー他人を思い遣る人・文化ー
300年続く企業を目指して

あらゆる人、組織、動物、植物といった地球すべての可能性を引き出し、すべてが一体となって、よりよい未来をともに描き、ともに実現に向かって動く社会づくりを目指しています。

【育てる】人が四つの要素を揃えて、可能性を開花し、夢を叶えることを応援します。
・想い(高い志を持つこと)
・構想力(目標達成のための行動を考えること)
・実行力(行動の質と量をあげること)
・持続力(目標達成のための行動を長期に渡って続けること)

【繋げる】
・NPO/NGO・企業・大学などの異なるセクターの協働
・教育/国際協力/農業など異なる領域の組織の協働

【広める】
・「社会貢献」と「利益追求」の両立が当たり前と考える自律した方々が集まり、世代をこえてあらゆるノウハウ、サービス、住居、絆、資産を譲り合い、教え合い、助け合う生活圏/経済圏/心の拠り所/居場所/空間をつくりあげること。ソーシャルな新しい環境づくり、街づくり、国づくりを目指すことで日本から世界を変えていきます。
【育てる】人が四つの要素を揃えて、可能性を開花し、夢を叶えることを応援します。
・想い(高い志を持つこと)
・構想力(目標達成のための行動を考えること)
・実行力(行動の質と量をあげること)
・持続力(目標達成のための行動を長期に渡って続けること)

【繋げる】
・NPO/NGO・企業・大学などの異なるセクターの協働
・教育/国際協力/農業など異なる領域の組織の協働

【広める】
・「社会貢献」と「利益追求」の両立が当たり前と考える自律した方々が集まり、世代をこえてあらゆるノウハウ、サービス、住居、絆、資産を譲り合い、教え合い、助け合う生活圏/経済圏/心の拠り所/居場所/空間をつくりあげること。ソーシャルな新しい環境づくり、街づくり、国づくりを目指すことで日本から世界を変えていきます。

活動内容

プロジェクト領域
リーダーが輩出される環境
リーダーが育成される仕組み
リーダーが輩出される環境
The Social Impactの活動

・主に国際協力、多様性、社会投資、教育分野において、
社会の課題を解決するソーシャルビジネスを生み出す場所です。
・メンバーは良質なインプットとアウトプットを高速で回転させ、
ビジネスの立ち上げ・運営を行なっています。

The Social Impactの特色
The Social Impactには様々な領域の関心のある人々がいます。志の高い人が集まり、切磋琢磨しながら、協働できる環境を提供しています。
・地方創生×国際協力
・多様性×教育
・国際協力×教育
・社会投資×教育
・国際協力×多様性
リーダーが輩出される環境
育成フロー

・一人前のビジネスパーソンになるための準備を行う
・知識、スキル、考え方の基礎のインプットする
→アウトプットをして実践する
→(メンターとの)丁寧な振り返りをする


事業や独立の準備または社会で認められ快適に過ごせるような実績の準備→事業リソースの準備→カネ以外のヒトモノ情報をしっかり作り上げていく

事業や独立の準備または社会で認められ快適に過ごせるような実績の準備→事業リソースの準備→カネ以外のヒトモノ情報をしっかり作り上げていく
リーダーが育成される仕組み
・経験学習
・実践を重視した活動
The Social Impactの特色
The Social Impactには様々な領域の関心のある人々がいます。志の高い人が集まり、切磋琢磨しながら、協働できる環境を提供しています。
・地方創生×国際協力
・多様性×教育
・国際協力×教育
・社会投資×教育
・国際協力×多様性

例えば、皆様からのご支援があれば

水タンクを設置 し、
何キロも先から水を運ばなくても
水を利用できるようになります
水タンクを設置 し、
何キロも先から水を運ばなくても
水を利用できるようになります
水タンクを設置 し、
何キロも先から水を運ばなくても
水を利用できるようになります
水タンクを設置 し、
何キロも先から水を運ばなくても
水を利用できるようになります
タンザニアからの手紙
タンザニア在住 エミリー(12歳)

私達の村では、雨水がたまってできた池や衛生的に問題のある蓋のない井戸で生活に必要な水をまかなっていました。特に乾季には数キロも離れた隣村の井戸まで水を汲みに行かなくてはなりませでした。水汲みは女の人や子どもたちの仕事で、何度も往復しながら重い水を運ぶことに多くの時間を毎日費やさなくてはなりませんでした。
今回、村に新しい給水のしくみができたことで、水汲み労働から解放され、もっと勉強ができるようになりました。プロジェクトでは勉強だけではなくて、病気にならないように手洗いをすることや、歯磨きの方法まで学ぶことができます。最近は、絵を描く方法を教えてもらいました。 一年中安全な水が使えるのは何物にも代えがたいことです。水汲みの労力と時間を省くことができます。私はいま毎日学校で勉強しています。これからも勉強を続けて、大人になったら先生になれたらいいなと思います。
このプロジェクトを支援してくれた人たちに幸福が訪れますように!

2016年3月30日 エミリー

メンバー

子どもたちの夢を実現できるような支援をしたいと思っていました。 一般的に、募金はどのように使われるかが見えないことがありますが、写真や手紙で実際に役に立っていることが分かって良いと思います。
20代 女性
子どもたちの夢を実現できるような支援をしたいと思っていました。 一般的に、募金はどのように使われるかが見えないことがありますが、写真や手紙で実際に役に立っていることが分かって良いと思います。
20代 男性
子どもたちの夢を実現できるような支援をしたいと思っていました。 一般的に、募金はどのように使われるかが見えないことがありますが、写真や手紙で実際に役に立っていることが分かって良いと思います。
20代 女性
子どもたちの夢を実現できるような支援をしたいと思っていました。 一般的に、募金はどのように使われるかが見えないことがありますが、写真や手紙で実際に役に立っていることが分かって良いと思います。
20代 男性
子どもたちの夢を実現できるような支援をしたいと思っていました。 一般的に、募金はどのように使われるかが見えないことがありますが、写真や手紙で実際に役に立っていることが分かって良いと思います。
20代 男性
子どもたちの夢を実現できるような支援をしたいと思っていました。 一般的に、募金はどのように使われるかが見えないことがありますが、写真や手紙で実際に役に立っていることが分かって良いと思います。
20代 男性
子どもたちの夢を実現できるような支援をしたいと思っていました。 一般的に、募金はどのように使われるかが見えないことがありますが、写真や手紙で実際に役に立っていることが分かって良いと思います。
20代 男性
子どもたちの夢を実現できるような支援をしたいと思っていました。 一般的に、募金はどのように使われるかが見えないことがありますが、写真や手紙で実際に役に立っていることが分かって良いと思います。
20代 男性
子どもたちの夢を実現できるような支援をしたいと思っていました。 一般的に、募金はどのように使われるかが見えないことがありますが、写真や手紙で実際に役に立っていることが分かって良いと思います。
20代 男性
子どもたちの夢を実現できるような支援をしたいと思っていました。 一般的に、募金はどのように使われるかが見えないことがありますが、写真や手紙で実際に役に立っていることが分かって良いと思います。
20代 男性
子どもたちの夢を実現できるような支援をしたいと思っていました。 一般的に、募金はどのように使われるかが見えないことがありますが、写真や手紙で実際に役に立っていることが分かって良いと思います。
20代 男性
プロジェクト説明会に参加する
The Social Impactのプロジェクトに参加して、
ソーシャルビジネスに必要な知識・スキル・マインドを身に付けたい方はまずはオリエンテーションに参加してみてください。
The Social Impactの活動内容/活動日のご案内をいたします。
1時間程度で日時は参加希望者と個別で調整いたします。
オリエンテーションを経て参画したいかどうか決めることができます。

よくあるご質問

ペラウォータープロジェクトは、最初の協力国としてなぜタンザニアを選んだのですか?
タンザニアでは急性栄養不良の子どもの割合が高く、貧困もいまだに深刻な問題となっているのが大きな支援理由です。ほとんどの住民が農業を営んでいますが、生産性の低さや気候変動による雨水不足の影響も受け、約67%の家族が年間を通して十分な食糧を得ることが難しい状況です。
ペラウォータープロジェクトは、最初の協力国としてなぜタンザニアを選んだのですか?
タンザニアでは急性栄養不良の子どもの割合が高く、貧困もいまだに深刻な問題となっているのが大きな支援理由です。ほとんどの住民が農業を営んでいますが、生産性の低さや気候変動による雨水不足の影響も受け、約67%の家族が年間を通して十分な食糧を得ることが難しい状況です。
ペラウォータープロジェクトは、最初の協力国としてなぜタンザニアを選んだのですか?
タンザニアでは急性栄養不良の子どもの割合が高く、貧困もいまだに深刻な問題となっているのが大きな支援理由です。ほとんどの住民が農業を営んでいますが、生産性の低さや気候変動による雨水不足の影響も受け、約67%の家族が年間を通して十分な食糧を得ることが難しい状況です。
ペラウォータープロジェクトは、最初の協力国としてなぜタンザニアを選んだのですか?
タンザニアでは急性栄養不良の子どもの割合が高く、貧困もいまだに深刻な問題となっているのが大きな支援理由です。ほとんどの住民が農業を営んでいますが、生産性の低さや気候変動による雨水不足の影響も受け、約67%の家族が年間を通して十分な食糧を得ることが難しい状況です。
ペラウォータープロジェクトは、最初の協力国としてなぜタンザニアを選んだのですか?
タンザニアでは急性栄養不良の子どもの割合が高く、貧困もいまだに深刻な問題となっているのが大きな支援理由です。ほとんどの住民が農業を営んでいますが、生産性の低さや気候変動による雨水不足の影響も受け、約67%の家族が年間を通して十分な食糧を得ることが難しい状況です。