TS8330インク

TS8330インクの純正

TS8330インクは2019年発売のインクジェット複合機の消耗品です
TS8330インクは6色あります
2種類の黒とシアン、マゼンダ、イエロー、グレーです


このTS8330インクにはお得な6個パックや5個
パックに標準から大容量、小容量までも用意されています
TS8330はキャノンでも売れ筋となっているのでインクも充実しています


TS8330インクはBCI381+380という品番です


TS8330インクの基本はメーカー販売の純正品です


TS8330インク純正こちら 
少容量タイプこちら 


ただ純正は高価ですね
年賀状でも多めに刷るともう無くなったのって感じることも度々


メーカーの立場からだと純正は利益の源です
上場している大企業であるメーカーは株主、配当、黒字の利益
社員の給料など安定した利益が必要です


なのでこのインクビジネスは相当助かっているハズです
そしてメーカーのすそ野は意外と広いのです


仕組みはこうです
メーカー

子会社

卸店

販売店や量販店

ユーザー

これは一例ですがインクの値段が確立しているといえます



この純正インクに対抗ということで
詰め替えインクや互換、リサイクルというメーカーと
対の業者が存在します

TS8330インク詰め替え

TS8330インクで詰め替えがあります
詰め替えインクは価格が一番安いのかもしれません
ただし少し面倒なところがあります

それは詰め替えの液体を自分で空のカートリッジに挿入しないといけないからです
手が汚れたり少し時間がかかったりするのです
➡TS8330インク詰め替えこちら



TS8330インクの詰め替えのデメリット
  • メーカーとは対です
  • 修理の時に詰め替えインクが問題な可能性がでます
  • 詰め替えインクの業者が小企業だと安心感がどうかと
  • 不良品で交換の時に配送や印字ストップなど余計な作業が増える

TS8330インクの詰め替えのメリットは価格が安い

TS8330インクの互換

TS8330インクで互換も価格が魅力的です
➡TS8330インク互換こちら

互換インクは純正の半値ほどになりますがデメリットもあります
それは先の詰め替えと同じところが多いです

要するに純正のメーカーと対ということです


互換と詰め替えどっちがいいのか

互換は新品なので純正のようにカートリッジ交換で済みます
詰め替えほど面倒さは減ります
詰め替えは自分で挿入を計って使えます

TS8330リサイクルインク

TS8330リサイクルインクとは
こちらもメーカーとの対の業者が純正カートリッジの使用済み空を集めて
海外に持っていってクリーニングや選別をして日本でリサイクル品として販売するものです

 

郵便局で空カートリッジの集める箱を置いてるのを見かけませんか
わかりやすくいうと中古品といえそうです

 

リサイクルインクは集める、海外、人件費、輸送代とかなりお金がかかるので
インクは安くはありません中途半端といえます
安さを目指すならリサイクルインクでは役不足です


扱ってるインクも少ないのも特徴

TS8330インクのまとめ

TS8330インクは6色でメーカーもお得な増量の選択肢があります
まずは純正だとは思いますが


純正以外の業者は対なので裁判で争ったりしていた過去があります


純正以外は自己責任になります


だから個人的に思うのは詰め替えインクや互換を使うなら
1円安い業者を追求するのではなく知られてる大手の会社や
小さくても社長の顔が見えるところがいいのではないでしょうか



例えばビジネスでインクジェット複合機を使っていて
互換インクが初期不良だったら仕事がストップするかもしれないし
その不良インクを送ったり運んだり揉めたりってあるかもしれない


純正以外はリスク管理も必要です



TS8330インクの純正品ですが
インクには染料インクと顔料インクがあります




染料インクは表面に染み込ませます
顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に
光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです
だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります


他にも
顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です



TS8330インクには黒が2色あったりするのは
顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりをってことです


キャノンのやり方はいつも5、6色は黒を二つ使います
エプソンは黒は一つでカラーはライトシアンとマゼンダをよく使っています
メーカーによって色域のやり方は違ってきます



メーカーのカタログや取説を見てると純正インクを使用することによって
最大限の色を出すことができると記載されています
また純正を使わないで印字すると機械のトラブル原因というような記載もあります。