TS8330インク

純正、互換、詰め替えインクの比較

BCI-381+380

TS8330インクは2019年発売のインクジェット複合機の消耗品です
TS8330インクは6色用意しています
2種類の黒とシアン、マゼンダ、イエロー、グレーです


このTS8330インクにはお得な6個パックや5個
パックに標準から大容量、小容量までも用意されています
TS8330はキャノンでも売れ筋となっているのでインクも充実しています


TS8330インクの基本はメーカー販売の純正品です
➜ TS8330インクの純正
ただ純正は高価ですね
年賀状でも多めにするともう無くなったのって感じることも度々


メーカーの立場からだと純正は利益の源です
上場している大企業であるメーカーは株主、配当、黒字の利益
社員の給料など安定した利益が必要です


なのでこのインクビジネスは相当助かっているハズです
そしてメーカーのすそ野は意外と広いのです

メーカー

子会社

卸店

販売店や量販店

ユーザー

これは一例ですがこういう仕組みでインクの値段が確立しているといえます




この純正インクに対抗ということで
詰め替えインクや互換、リサイクルというメーカーと
対の業者が存在します


この手の業者が共通するのが純正インクより安いってことです




TS8330詰め替えインクは
液体を販売しています。使用済みの空のインクカートリッジに
ユーザーがこの液体を流し込むのです

価格的にはこの詰め替えインクが一番安いかもしれません
デメリットは手が汚れたりこぼしたりするかもしれません



TS8330互換インクは
こちらは海賊版としてカートリッジそのものを販売します
金型からなのでユーザーとしては楽ですね
不良品とぶつかるかもしれません



TS8330リサイクルインクは
純正のインクカートリッジを引き取って洗浄して
新たに液体をそこに流し込む

海外でメンテを行ったりするのですが価格的には一番高い



純正とは対なので裁判で争ったりしていた過去があります


純正以外は自己責任になります

だから個人的に思うのは詰め替えインクや互換を使うなら
1円安い業者を追求するのではなく知られてる大手の会社や
小さくても社長の顔が見えるところがいいのではないでしょうか


例えばビジネスでインクジェット複合機を使っていて
互換インクが初期不良だったら仕事がストップするかもしれないし
その不良インクを送ったり運んだり揉めたりってあるかもしれない


もしもの時は出来るだけ時間をかけたくないというのを思います



最後にTS8330インクの純正品のフォローすると

インクには染料インクと顔料インクがあります




染料インクは表面に染み込ませます

顔料インクは用紙の表面に付着します



だから染料インクは光沢紙へ印刷する場合用紙の質感がそのまま印刷結果に

光沢感のある写真印刷が可能ですコピーや文章にも印刷できるので幅広い活躍できます




逆に顔料インクは先の説明よりインクが用紙に染み込みにくいわけです

だからインク径が広がらずよりくっきりとした印刷が可能となります


他にも

顔料インクはオゾンや光に分解されにくく変色しにくい耐水性が高い水濡れでもにじみにくい特性です



TS8330インクには黒が2色あったりするのは
顔料インクと染料インクで永年維持することや発色のいいとこどりをってことです


キャノンのやり方はいつも5、6色は黒を二つ使います
エプソンは黒は一つでカラーはライトシアンとマゼンダをよく使っています
メーカーによって色域のやり方は違ってきます