このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
042-439-3320
受付時間 9:00〜18:00
(定休日:水曜日、隔週火曜日)
トップページ
トライスター不動産は西東京市(東久留米市、小平市、練馬区、新座市)の売買物件を専門とする不動産会社です。
専門スタッフが空き家に関するご相談にご対応いたします。
不動産に関するお悩み、ご質問、ご意見等がございましたら、下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お問合わせはこちら

お電話でもお気軽にお問い合わせください
042-439-3320
受付時間 9:00〜18:00
(定休日:水曜日、隔週火曜日)
メールでのお問い合わせ
24時間365日対応
3営業日以内に担当者よりご連絡致します。

増加する空き家の現状

現状空き家率は13.6%と過去最高

空き家の割合は年々増えている状況で、総務省の平成30年住宅・土地統計調査によると、空き家率は13.6%と過去最高となっています。
これは昭和38年から常に増加し続けている状況です。
13.6%とは、戸数にすると848万9千戸で、数にするとかなり多いことがわかります。
空き家の内訳として、賃貸用の住宅が432万7千戸、売却用の住宅が29万3千戸、別荘などの二次的住宅が38万1千戸、その他住宅が348万7千戸です。
その他住宅とは、転勤や入院などで居住住宅が長期にわたって不在の住宅や建て替えなどのため取り壊す予定となっている住宅、空き家の区分判断が困難な住宅などが含まれます。

空き家を放置するリスク

空家対策特別措置法
空家対策特別措置法
リスクのある家を減少させ、周辺住民を保護するための空き家対策特別措置法が成立しました。
この特別措置法で一番大きなポイントは、処分を第三者が行える点にあります。
災害リスクがある古い建物や、景観を著しく損ねる建物は強制的に取り壊しができるようになり、行政処分として強制的に取り壊され、その費用は所有者に負担させられます。
資産価値が下がる
資産価値が下がる
土地と異なり、家屋は時間の経過とともに劣化していきます。
特に日本では、一戸建ては木造が一般的であるため、換気が不十分な状態になったり、管理が適切になされていなかったりすると劣化のスピードは速まることでしょう。
不動産としての資産価値は、確実に失われていきます。
売却しようと思ったときには、すでに廃屋同様でまったく買い手がつかないことになるでしょう。
犯罪と災害リスク
犯罪と災害リスク
第三者の不法占拠や犯罪者の侵入などで犯罪リスクが増加します。
不法投棄があったりすると環境悪化の懸念もあります。
さらに、建物の崩壊や放火による火災などがあれば、災害リスクにもつながります。
単に所有者の問題だけでなく、周辺住民にも迷惑をかけてしまうこともあり、見逃せない課題となっています。
老朽化による倒壊
老朽化による倒壊
老朽化の進行で屋根、外壁が傷んで剥がれ落ちることがあります。
また、シロアリによる土台の腐食が進むと、建物自体が傾いて倒壊の危険性が高まります。
実際に地震や台風で倒壊した例もあります。
屋根や壁が剥がれたり、倒壊したりしたことによって、周囲の建物を損傷させてしまうことも考えられます。
運悪く、通行中の人が負傷することもありえます。
資産価値が下がる
資産価値が下がる
土地と異なり、家屋は時間の経過とともに劣化していきます。
特に日本では、一戸建ては木造が一般的であるため、換気が不十分な状態になったり、管理が適切になされていなかったりすると劣化のスピードは速まることでしょう。
不動産としての資産価値は、確実に失われていきます。
売却しようと思ったときには、すでに廃屋同様でまったく買い手がつかないことになるでしょう。

空き家を売却するメリット

時間と手間をかけたくない方にオススメ

  • 現金化することで分割しやすくなる
  • 納税資金に充てられる
  • 維持管理が不要になる
  • 固定資産税がかからなくなる
  • 納税資金に充てられる

売るなら早期売却

空き家に対する国や地方自治体の取り組みが強化されると、当然ながら所有しているだけでリスクを負う空き家を売却する人が増加します。この状況が続けば、数年後には「家を買いたい」という人と「売りたい」という人のバランスが崩れていくことは明らかです。
しかし、いまなお日本では、毎年80~90万戸の新築住宅が建てられており、空き家は更に増え、売り物件同士の競争が激しくなり、空き家はどんどん売却しにくくなることが予想できます。
特に郊外のニュータウンや地方の空き家は、今後どんどん売りが増えて値下がりし、価格がつかなくなる可能性もあるので「売る」と決めたら、早期売却をおすすめします。

空き家問題を解消する4つの手段

①売却する
①売却する
現金化できて特別控除の適用も受けられるというメリットがある一方、地方の場合、土地の需要が低く、買い手を見つけることは困難というデメリットがあります。
②現状維持
②現状維持
自宅に収納スペースが十分にない場合はトランクルームとして活用することができますが、定期的に通気・換気、設備をしっかりメンテナンスしておくことが大切です。
③更地にする
③更地にする
家屋がないため、メンテナンスの必要がなくなり、定期的な巡回の頻度は大幅に減らすことができますが、解体費用がかかります。
④賃貸にする
④賃貸にする
資産運用として毎月、賃料収入が確保することができますが、管理人として対応すべき業務が生じます。
家屋の破損箇所の修理のほか、家賃滞納などのトラブル対応も考えられます。
④賃貸にする
④賃貸にする
資産運用として毎月、賃料収入が確保することができますが、管理人として対応すべき業務が生じます。
家屋の破損箇所の修理のほか、家賃滞納などのトラブル対応も考えられます。

売却までの流れ

STEP.1
売却相談
不動産のご売却を考えられるご事情やスケジュールによって、ご売却方法は変わってきます。
所有不動産がどれ位の価格で売れるか、住宅ローンが残っている物件を売るにはどうしたらよいか、また、税金や手数料といった諸経費をどのくらい見込めばよいかなどについて、状況にあった売却方法を検討します。
STEP.2
査定・物件の確認・調査
不動産売却は、所有不動産がいくらで売れるかを調べる価格査定から始まります。
売却が決まっている方はもちろん、住みかえを考え始めたばかりの方も、まずは査定をしてみましょう。
売却金額の目安を知ることができます。
STEP.3
媒介契約
不動産の売却を依頼する契約です。
価格査定の内容、売却活動の内容について説明を受け、媒介契約書の内容を理解した上で契約しましょう。
STEP.4
売却活動
媒介契約が済むと、いよいよ売却活動の開始です。
売却活動が始まると、週末を中心に購入検討者が内見に来るようになります。
その時にバタバタしなくてよいように、事前に準備をしておきましょう。
さまざまな売却活動を通して購入希望者を探します。
お問い合わせをいただいた方に、実際に物件の見学をしてもらいます。
STEP.5
購入申込み~売買契約の締結
購入希望者から「購入申込書」を受領し、価格や引渡し等の条件について調整を行います。
売主様、買主様間で合意に至ったら、売買契約を交わします。
購入希望者から受領した「購入申込書」をご覧いただき、ご売却の条件に合致するかどうかをご判断ください。
STEP.6
売買契約後の手続き
残代金の受領日までに引越しや公共料金の清算などを済ませ、買主様へ引渡せる状態にする必要があります。
引渡しは契約時に約束した状態で行なわなければなりませんので、引越し後の状況を確認しておきましょう。
STEP.7
残代金決済・引渡し
契約時に定めた内容で物件の引渡しを行います。
物件の状況を改めて確認し、残代金の受領と同時に物件(鍵)の引渡しを行い、売却手続きが完了します。
STEP.2
査定・物件の確認・調査
不動産売却は、所有不動産がいくらで売れるかを調べる価格査定から始まります。
売却が決まっている方はもちろん、住みかえを考え始めたばかりの方も、まずは査定をしてみましょう。
売却金額の目安を知ることができます。

空き家対策特別措置法に注意

危険な空き家には行政が介入できる

空き家対策特別措置法
空き家対策特別措置法では、管理が行き届かず危険のある空き家は「特定空家等」と判定され、行政が介入できるようになりました。
特に気をつけておきたいことがあります。特定空家等場となると、市町村長から指導がなされ、それに従わない場合は勧告を受けます。
これによって固定資産税の住宅用地特例は適用されなくなり、その結果、固定資産税は最大で6倍に、都市計画税は最大3倍になってしまうということです。
また、勧告にも従わないときは、50万円以下の過料のほか、強制撤去されてしまいます。
もちろん、それに要した費用は徴収されることになります。

早期の対策が重要

空き家に認定されてしまうということは、倒壊の恐れがある・人や物に被害を与える可能性が高い危険な建物であると判断されたということです。ご自身にとっても特定空き家に認定させてしまうと、固定資産税が大幅に上がる・命令に従わなければ強制撤去の可能性があります。
実際に認定を受けた・強制撤去が行われたことがニュースで報じられており、特定空き家の認定を受ける事は他人事ではありません。
特定空き家の認定を受けない・そして住民や大切な物に被害を与えないためにも、定期的な管理や修復が必要です。特定空き家認定を受けるかもしれない状況になってからでは遅いので、空き家の所有者だけではなく関係者も含めた話し合いと、今後空き家をどうするかの方針を早くから決めることが重要なのではないでしょうか。

空き家のリフォーム・リノベーション

空き家のリフォーム・リノベーション

空き家のリフォームについて、悩みを抱えている方は数多くいらっしゃいます。
すでに親元を離れてマイホームを持っている方は、相続した不動産の使い道に困っているかもしれませんね。
あるいは、ご自身で住むためにリフォームしたい、賃貸に出したい、といった希望はあるものの「どのような工事をして良いか、予算内でおさまるか」と不安な方もいらっしゃるでしょう。
空き家は適切なメンテナンスを行っておかないと、今後思わぬリスクが発生することもあります。
特に、誰も住む予定がないまま空き家を所有している場合、固定資産税などを気にかけている方も多いでしょう。
状態の悪い空き家を放置し続け、行政から「特定空き家」と認定されてしまうと、「住宅用地に係る特例」措置が解除され、固定資産税が最大6倍にまで跳ね上がってしまいます。
年数が経った物件であるほど、なるべく早めに対応したいところですよね。
しかし適切なリフォーム方法を考えるためには、工事の目的を明確にすることが大切です。
そこでまずは、空き家リフォームのメリットやデメリットについて、確認しておきましょう。


リフォームするメリット

資産価値の増加
資産価値の増加

空き家は、日常的に窓を開けて空気を入れ替えることがないため、湿気が内部に溜まりやすいという欠点があります。
木造住宅の場合は木材が傷みやすく、さらに高温多湿によりカビや虫が発生することもあります。
また、さほど状態はひどくなくても、壁紙などは徐々に汚れていってしまいます。
このような劣化した建物を、リフォームやリノベーションで蘇らせれば、「資産」としての価値がアップすることになります。
ご自身が「居住」する場合には快適に暮らしやすく、また「売却」や「賃貸」が目的の場合も、買い手や借り手が見つかりやすくなりますね。

倒壊・犯罪のリスク軽減
倒壊・犯罪のリスク軽減

空き家を放置すると「倒壊」や、空き巣などの「犯罪」の危険性が増大します。
万が一倒壊してしまうと近所に迷惑がかかることもありますし、誰かに損害を与えてしまった場合、賠償責任を負う事態に発展してしまいます。
今後、いつ誰が居住していくかにかかわらず、老朽化している物件をリフォームしておくことで、安全性を確保できるでしょう。

倒壊・犯罪のリスク軽減
倒壊・犯罪のリスク軽減

空き家を放置すると「倒壊」や、空き巣などの「犯罪」の危険性が増大します。
万が一倒壊してしまうと近所に迷惑がかかることもありますし、誰かに損害を与えてしまった場合、賠償責任を負う事態に発展してしまいます。
今後、いつ誰が居住していくかにかかわらず、老朽化している物件をリフォームしておくことで、安全性を確保できるでしょう。


お問合わせはこちら

お電話でもお気軽にお問い合わせください
042-439-3320
受付時間 9:00〜18:00
(定休日:水曜日、隔週火曜日)
メールでのお問い合わせ
24時間365日対応
3営業日以内に担当者よりご連絡致します。

代表挨拶

西東京市(東久留米市・小平市・練馬区・新座市)の不動産売買専門

代表
-ワクワクする未来図の提供を!-
  1. 仕事、遊び、通勤、通学、子育てなど新たな環境でのライフスタイルを多角的に提案いたします。
  2. 日々、向上心を持って不動産知識を習得し、安心・安全は取引が出来るよう努めます。
  3. マイホームと資金面との、理想と現実のギャップを少しずつリンクさせて実現へと導きます。

-街を造る。皆様の生活を作る。-
  1. 地域に貢献できる街づくりのご提案をいたします。
  2. わたしたちが手がける街を好きになってもらえるように貢献します。
  3. 100年企業を目指し、地域社会から必要とされる会社を目指します。

-みんなが笑顔 win win の会社-
  1. 社員一人ひとりが最上級の接客をするために、気持ちよく仕事が出来る環境づくりを目指します。
  2. 社員が実力以上の能力を発揮できるように、良好な会社の雰囲気作りに努めます。
  3. お客様も社員も笑顔になれる会社を目指します。

会社概要

トライスター不動産

所在地 〒188-0001
東京都西東京市谷戸町1ー6ー4
TEL 042-439-3320
FAX 042-439-3310
代表者 堤 正健
登録免許番号・登録事項 東京都知事 (1) 第104706号
加盟団体 公益社団法人 全日本不動産協会
HP トライスター不動産
FAX 042-439-3310

お問い合わせフォーム

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信