日本トリムの「電解水素水」

日本トリムのお水は、水素をナノ粒子化(1ナノメートル→100万分の1ミリメートル)しているお水です。

アルカリイオン水と言えば聞いたことがあるかも知れませんね?

日本トリムでは、水を電気分解して水素を含んだお水を電解水素水と呼んでいます。
また、電解水素水はアルカリ性の水でもあります。

人間の体内はアルカリ性ですので、アルカリ性のお水を飲むことが身体に良いと言うことは、これで何となくは解っていただけると思います。

老化や病気は、アルカリ性の身体が酸化することが原因ということは、よく知られていると思います。アルカリ性には、細胞機能を正常に保ち代謝を活発にする(デトックス効果)機能性があると言われいて、電解水素水に含まれる水素には酸化と戦う作用があります。

電解水素水は、アルカリ性で体内を正常な状態に保ちながら水素を取り入れる事ができるので、酸化を還元することで健康で若々しい身体を手に入れる事が出来ます!


日本トリムが選ばれる理由

① 取扱商品

TRIM ION SMART

定価:213,840円(税込)

酸性水/浄水/水素水生成適正吐水時にスパウト元のLEDシグナルが回ります。

切り替えは水素水/浄水/酸性水の文字部分をタッチするだけ。

幅6.3㎝

パソコンのルーターではありません!!

れっきとした水素生成器です。

TRIM ION TI-5HX

定価:293,760円(税込)

8セルの多層型電解槽を採用!!

水の電気分解を効率的にするためには、水の単位体積当たりの負荷電気量を大きくすることが必要です。TI-5HXは8層に分かれた多層型電解槽を採用し、電解効率を高くしています。

操作部分の表示が液晶画面で分かりやすくなりました。

液晶を採用し、大型ディスプレイで解りやすい表示をしました。
使用における注意事項から生成量や浄水カートリッジの寿命残量などの表示がされます。
キッチンで便利なタイマー付き時計もセットされ、メンテナンスにおける問い合わせ電話番号も表示しています。

② 整水器と浄水器の違い

整水器とは・・・

整水器とは一言で言うと、水道水に含まれる塩素や鉛などの不純物を浄水フィルターに通して除去し、その水をさらに電気分解し、アルカリ性で水素を豊富に含んだ水を生成する器械のことです。

■分かりやすく浄水器や、身近にある水と比較してみると・・・

※1:TRIM ION は、JIS T2004(日本工業規格)にて製品規格が定められています。「T」は医療安全用具につけられる部門記号です。
※2:TRIM ION に使用されているカートリッジは、JIS S3201(日本工業規格)にて定められた残留塩素や濁り、CAT(農薬)などの不純物19物質の除去が可能です。
※3:水質・水温によって異なることがあります。

③ 整水器と電解水素水

日本トリムの整水器の特徴

POINT
1

日本トリムの整水器は「家庭用医療管理機器」です。

整水器は1966年に旧厚生省から「家庭用管理医療機器」として承認され、現在は医薬品医療機器等法(旧薬事法)において胃腸症状改善の効果が認められています。飲用水生成器では唯一効果が認められている機器なのです。
POINT
2

JIS(日本工業規格)で規格が定められた製品です。

TRIM ION は、JIS T2004(日本工業規格)にて製品規格が定められています。高知県にある自社工場では、その厳密な規格に準拠し製造を行っています。なお、「JIS T2004」の「T」は、医療安全用具につけられる部門記号であり、安定した品質を要求される基準です。
POINT
3

浄水カートリッジはJIS規格指定13物質+浄水器協会自主規格6物質が除去可能です。

TRIM ION に使用するマイクロカーボンカートリッジは、内部に無数の微細孔をもつ多孔性の炭素物質で構成されており、溶解物質の吸着が早く、濁りなどの微粒子までしっかり取り除きます。
TRIM ION の浄水カートリッジは、マイクロカーボンだけでJIS規格指定13物質+浄水器協会自主規格6物質の除去が可能です。

電解水素水の特徴

POINT
1

水素をたくさん含んだお水です。

電解水素水は、電気分解により水素をたくさん含んでいる事が特徴です。
※原水の水質によって異なります。
POINT
2

アルカリ性のお水です。

水素イオンを表す単位は「pH(ペーハー)」と呼ばれています。pH7が中性、それより数値が低いものが酸性、高いものがアルカリ性です。
水道水や浄水は中性から酸性に近く、一般にペットボトルで市販されているアルカリ水はpH8程度。 電解水素水はpH9.0~10.0のアルカリ性の水です。

POINT
3

ミネラル類(プラスイオン)が原水と比べ約5~20%多く含まれています。

ミネラル類(プラスイオン)が原水と比べ約5~20%多く含まれています。
水道水を電気分解にかけることで、プラスイオンであるミネラル類(カルシウムイオン、マグネシウムイオン、ナトリウムイオン等)が原水よりも約5~20%増加します。

各ミネラル分の働き
カルシウム……神経の働きやホルモン分泌、血液凝固など生命にとって不可欠な役割をしています。
マグネシウム…血圧の維持やエネルギー作り、神経の興奮抑制、骨の形成を助ける働きがあります。
ナトリウム……体内の水分調整や、神経や筋肉を正常に動かすための重要な役割をしています。


④ 日本トリムの技術

〇TRIM IONが電化能力低下を解決!

整水器は水道水を電気分解して電解水素水を生成します。
電気分解すると水の中に含まれるミネラル(プラスイオン)等が電極版に引き寄せられます。

電気分解を繰り返すと…
そのミネラルが電極版に付着し堆積され、電解能力が低下してしまいます。

〇ミネラルの付着とは?

身近な例をあげると、よく温泉の蛇口についている白い物質があります。
これは温泉水に含まれるカルシウム等が、蛇口に堆積しているのです。

切り替えで長持ち「ダブル・オートチェンジ・クロスライン方式」

TRIM ION は「ダブル・オートチェンジ・クロスライン方式」という独自技術を取り入れ、定期的に電極の極性と水路を切り替え、電極に付着物がつくのを防いでいます。

素材で長持ち「プラチナメッキ電極」

TRIM ION の電極板は、ジュエリーにも使用されているプラチナを使用しています。プラチナは酸化されにくく、耐久性に優れているため電極の寿命は、TRIM ION NEOで約1,400時間。1日15分60リットル使った場合でも、約5,600日(15年)使用できる計算になります。
※TRIM ION NEOの電解水素生成量=4リットル/分 
1,400[時間]×60[分]÷15[分]=5,600※電極の寿命であり、製品の寿命ではありません

〇電気分解とは・・・

一般的には「電解」とも呼ばれ、水素と酸素の化合物である水に電気エネルギーを与え、水・水素・酸素に分解することを言います。 
この電気分解の原理を利用しているのが日本トリムの TRIM ION です。

⑤ 地球にもECO、家庭にもECO

電解水素水は地球にやさしい

POINT
1

ペットボトルいらずでゴミ・CO2削減

整水器 TRIM ION は水道の蛇口に取り付けるだけで、毎日の飲み水からお料理まで、水を使用するシーンすべてにご使用いただけます。
ミネラルウォーターは持ち運ぶのも一苦労。そして使用する分だけゴミが出ます。このゴミとなるペットボトル。製造から廃棄までに排出されるCO2はなんと100g以上!(500mlの場合)
CO2は地球温暖化の一番大きな原因となる温室効果ガスで、日本は世界でも5番目にCO2を排出していると言われています。(2009年国際エネルギー機関(IEA)調べ)
このまま地球上にCO2が増加すると海洋生物や植物などの生態形に影響を与える他、人間社会にも様々な悪影響が起こります。地球環境を守ることは、私たち人間の体を守ることにも繋がります。
ペットボトルいらずの TRIM ION を使用することは、地球にやさしいエコ活動なのです。
POINT
1

浄水カートリッジのリサイクル

日本トリムではECOへの取り組みとして、浄水カートリッジのリサイクルを行っています。家庭ゴミとして処理されてきた使用済みカートリッジをお客様から無償で回収し、当社で分別・リサイクルを行います。
また、独自開発の「Premiumマイクロカーボンカートリッジ」は環境にやさしいヤシ殻を使用。製造からリサイクルまで一貫して環境に配慮した仕組みを構築をしています。

電解水素水はお財布にもやさしい

整水器 TRIM ION は、エコなだけでなくペットボトルやウォーターサーバーと比較しても 
1リットルあたりの金額がこんなに違うので、お財布にもとってもやさしいのです。

比較

TRIM ION SMARTの場合

TRIM ION SMARTを使用し、1日27リットルを5年使用した時の1リットル当たりの単価
198,000円(税抜)……本体
7,500円(税抜)………専用カートリッジ

(198,000円+(7,500円×4本))÷(365日×5年×27ℓ)=4.6円(1ℓ)
※サンプル例であり、使用状況によって金額は前後します。
※電気代、水道水を入れても1リットル当たりの金額は変わりません。

TRIM ION TI-5HXの場合

TRIM ION TI-5HXを使用し、1日27リットルを5年使用した時の1リットル当たりの単価
272,000円(税抜)……本体
12,500円(税抜)………専用カートリッジ

(272,000円+(12,500円×4本))÷(365日×5年×27ℓ)=6.5円(1ℓ)
※サンプル例であり、使用状況によって金額は前後します。
※電気代、水道水を入れても1リットル当たりの金額は変わりません。

ペットボトルの場合





1日1本購入として

ウォーターサーバーの場合


1ヶ月2ボトルを使用として

1,200円(税抜)・・・ウォーターボトル1本(12L)
1,000円(税抜)・・・専用ウォーターサーバー(レンタル・メンテナンス料/月)

(1,200円×2本+1,000円) ÷ 24L = 約142円(1L)

⑥ 取り付け方

整水器の取り付け方

日本トリムのご紹介