トレジャーコース受講者の声を紹介

心のリノベーション

自分に花まる
自分の選択に自信を持てなかったり、選んだ結果に後悔したり。
そんなことが、よくありました。

でも、
『人のせいにすることを、やめる』
『自分が決めた結果を、全肯定する!』
とコミットしたら、
本当に、後悔がなくなりました。

思い通りの結果じゃなかったとしても、
何を感じて、何を思って、やったんだっけ⁉️って目的に帰ると、自分の現場や、その他の手段が、勝手に見つかるので、いつまでも過去にウジウジ悩まなくなり、人の評価も、
無視ではないけど、最終は自分の選択にマルをつけられるようになってきました。

イライラは、格段に減った‼

東野 直美

物件アヤコのリノベーション
『壁』…沢山の壁で仕切られていたけれど、壁がなくなり「自分」の住まいになり、手足を広げ伸び伸び出来るようになりました。
➡️自分軸でいいんだ❗️出来事に意味はなくどう思った?誰かの思いに影響されにくくなったように感じます。

『床』…過去、未来という床の上でグラグラしてた足元を“今”という床に張り替えました。
➡️過去や未来を気にするのではなく「今」にフォーカスする、ということが出来るようになりました。
過去の出来事を引きずったり、過去を見て、あの頃は良かったと比べたり、未来を考え不安になることが減りました。

『窓』…外から見えないようにと、すりガラスにしてたり、割れにくいようにと特殊加工ガラスの窓だったのをふつーのクリアな窓になりました
➡️トレジャー受講後、心が澄み、平穏な感覚を体験しました。

今まで見てた同じ光景でも見えるものが変わった。このお花、こんなに綺麗だったんだ!

テヘラニ 綾子
声で世界に勇気を届ける新人類。
忘れたいと思ってごめんなさい。

今日までの私、全部大好きな自分ありがとう。

忘れたいと思ってごめんなさい。

私の声を聴いて、生きてくれてありがとう。

上良 昌子
枠はずしの新人類。

末娘の担任の先生から電話。

ドキッ「え?娘がまた何かしちゃった?」と一瞬にして思った私。

お知らせの電話でした・・・

一瞬にして何が反応したの?ザワザワ・ドキドキしたのは何故?

子供のことを指摘されるといや~な自分? いや違うな~

子供の頃、担任の先生に叱られて、心臓バクバク、すごく怖くて、何だか悲しかった私の過去の経験が反応していました。

こんな風に自分の気持ちに向き合えば、こうした過去のちょっとした囚われみたいなものからも解放され、出来事の捉え方も全然違ってきて、出来事に左右されなくなりました。

能勢 京子

魔法の手を持つ新人類。
寝ているパワフル神様(長女)と私が手を握っている写真です。

この時なんか手を握りたくなって、ふわぁーと幸せな気分になったから、写真に収めていたんです。

この時の感情のようにトレジャー受講後はこのふわぁ~とした幸せな気分を感じることが多いんです。

村田 なつ美
大丈夫
『苦しかったね。 もう、大丈夫よ』 

これは、自分にあてた、言葉。

苦しかったね。は、
受講するまでの私に言ってあげたい言葉。

大丈夫よは、 
トレジャー受講後の私に、かけてあげた言葉。 

これからずっと 大丈夫な私になれました。 

阿部 尚美
無茶振りも笑いでかわすスーパー新人類。
長年、人間関係で問題が出るたびに 「相手が悪いから相手に変わってもらおう」とばかり思ってきました。

でもいつまで経っても問題は解決せず、僕は爽快になりませんでした。 どう考えても、僕はおかしくない、間違っていない。それの一点張りでした。

ある日トレジャーコースを受けて「相手の考えや思いを作っているのは自分!」ということを教えてもらいました。

それを聞いた後、ある時、その対象になる人に聞いてみました。

すると本当にセミナーで言われたようにそんなふうに思っていなかったのでした。

まさにこっちが相手の思いを作り上げていました。

聞きもせずに!勝手に!。。。

最近は人間関係で問題があっても、相手のオモイを聞いたらすぐに解決するのでラクになりました。 家内にも受けてもらって、共有したい講座です。

濱野 忠 (会社経営)
みんなのおかえり灯になる
私の中にある灯りは、どんなに辛いなと思う時でも完全に消えることはありませんでした。

でも光が弱くなったり、点滅したりして見失いそうになることが度々・・・

トレジャーコースを受けて、私の中にはちゃんと温かい灯りがあることを再確認できたし、その灯りは必要なときに応じて、白熱灯になったり、LEDになったり、形も北欧デザインのような灯りになったり、クラシカルなランプのようになったり、和の灯りになったり。

オモイひとつで自由に変わる最新型の灯りにチェンジしました。 

その灯りは自分を照らすだけでなく、家族が心の迷子になったとき「大丈夫、自分の中に答えはあるよ」 と 照らせる灯りです。

迷子になってた心におかえり、戻ってこれたね、と言ってあげれる灯り。 

心が冷たくなったときは、そっと温めることのできる灯りです。

家の玄関にあるような、いつも温かくおかえりと迎えてくれるような灯り それが 私の心の灯りです。

小林 佳代子 (主婦・1児の母)
物件アヤコのリノベーション
『壁』…沢山の壁で仕切られていたけれど、壁がなくなり「自分」の住まいになり、手足を広げ伸び伸び出来るようになりました。
➡️自分軸でいいんだ❗️出来事に意味はなくどう思った?誰かの思いに影響されにくくなったように感じます。

『床』…過去、未来という床の上でグラグラしてた足元を“今”という床に張り替えました。
➡️過去や未来を気にするのではなく「今」にフォーカスする、ということが出来るようになりました。
過去の出来事を引きずったり、過去を見て、あの頃は良かったと比べたり、未来を考え不安になることが減りました。

『窓』…外から見えないようにと、すりガラスにしてたり、割れにくいようにと特殊加工ガラスの窓だったのをふつーのクリアな窓になりました
➡️トレジャー受講後、心が澄み、平穏な感覚を体験しました。

今まで見てた同じ光景でも見えるものが変わった。このお花、こんなに綺麗だったんだ!

テヘラニ 綾子