トラクターを新車で買うときの値引き率とは!安く買う方法は?

トラクターは農作業の必需品ですが、気になるのが購入価格ではないでしょうか。

イセキやクボタ、三菱、ヤンマーなどの人気ブランドのトラクターを購入するとき、いったいどれくらいの値引きが可能なのでしょうか。

「トラクターの一般的な値引き率は?」

「安いのは何割引きから?」

ブランドや型式などによる値引き率の違いはありますが、目安となる値引き率トラクターを安く買うためのポイントについて解説します。

新車トラクターを賢くお得に購入しましょう!



新車トラクター値引き率は20%OFFが目標!

最初にざっくりと目安を書いてしまうと、新車トラクターの値引き率は、

 

カタログ価格から20%、つまり2割引きを目標とすると良いでしょう。

 

やはり、メーカー、型式、販売店、需要と供給バランスなどによって値引率は変わりますが、一般人が普通に対面販売で値引きしてもらえるのは

  • 1割引きくらいが普通
  • 1.5割引きでまぁまぁ
  • がんばって2割引き

くらいが相場です。

 

法人相手にはさらに安くするのは普通です。やはり購入台数や規模も違うので、3割、4割引きで販売というところもありそうです。



新車トラクターを安く買うコツ

さてここからは新車トラクターをなるべく安く買うコツについてです。


新車なら展示会がお得!

地元の農協や、各メーカーの販売店が開催する展示会のときが狙い目です。 
春~秋にかけてよく開催されています。

 

展示会では、ディーラーも目玉商品を並べるし、
農機具販売店はメーカーにお願いして目玉となる商品を持ってきます。

 

この「展示会目玉商品」を狙って購入するのもいいですし、展示会前に「このくらいの馬力のトラクターがほしい」などと伝えておけば、メーカーと販売店が交渉してくれて置いてくれることもあります。

 

また、たいていの農機具屋さんでは、その日の売上ノルマなるものも存在していて、展示会の期間では売る側もがんばるため、交渉すると思いの外多くの値引きが期待できます。

 

モデルチェンジの旧型品を狙う

こちらは一般的な新車や家電製品と同じことで、新しい商品が出たタイミングで、一つ前の旧型製品が格安で販売されるというものです。つい最近までは最新の商品ですから、コスパがいいのに間違いはありません。

 

展示会時期や販売店のタイミングが合わないならモデルチェンジのときの旧型品も狙っていきましょう。

 

このモデルチェンジ時の旧型品狙いも、農機具屋さんに話しておくと、出たときに連絡してくれたりしますよ。

 

新古、展示機、実演機を狙う

こちらは運の要素も必要ですが、

  • キャンセルなどで売れなくなってしまった新古機
  • 展示してあるため完全な新品ではない展示機
  • 実演のため、多少の汚れや傷などがある実演機

は新車に近い状態で、値段が安いため狙い目です。

 

1点物であることが多いため、なくなったらおしまい。運も必要です。

 

上手な値引き交渉の仕方

新車のトラクターを上手に値引きして購入するには下準備が二つあります。

 

その二つが

  • ライバル車を一つ以上用意する
  • 下取り車の下取り価格を把握しておく
ことです。

ライバル車を1つ以上用意する

主にメーカーのディーラーで購入するときに使える方法ですが、

 

ライバルとなるトラクターを一つ以上用意すると良いです。

 

新しいトラクターはこれが絶対いい!と強く思っていたとしてもです(笑)

 

要するにディーラーや農機具販売店へ行って見積もりをとってもらう時に、

 

「まだ他の車種も検討しているよ」
「他の店のやつも検討しているよ」

 

というのを見せておくことです。

 

例えばあなたがイセキのトラクターが欲しいとしたら、

 

「○○(販売店名)で売ってるクボタの○○(商品名)も田んぼ仲間がいいって言ってて捨てがたいんだよなぁ」とさりげなく、具体的に言っておきます。

 

ここでのポイントはそのお店に置いていない商品をチラッと言うことです。

 

「このお客さん(あなた)を逃すと販売店にはお金が入らない状態」であるのが重要です。

 

もちろんそれぞれの車種が、近所ではどこのディーラーで取り扱っているかを確認しておきます。

 

下取り車の下取り価格を把握しておく

もし下取り車がある場合は、

 

下取り車のメーカー、型式(商品名)、年式、稼働時間を確認しておくのは必須です。

 

「下取り」というのは本体値引きと合わせてよく使われる商談方法です。

 

「どうせボロボロだから価値なんてないよ」という方は多いですが、日本製の農機具は東南アジアなどで価値が高いのはご存知ですか?

 

今持っているトラクターや農機具の価値を目安でも把握しておかないと、タダ同然で下取られても、損をしてしまったことにすら気が付かずに終わってしまいます。

 

農機具王で価値を調べる

 

こういった中古農機具の価値を計算できるサイトで、下取り価格を把握しておくことで、販売店側に上手く言いくるめられないようになります。



下取りに出してはいけない!

下取りは見せかけの値引き

ディーラーのセールスマンなら誰でも使うのが、「下取り調整」と呼ばれる商談方法です。

 

下取り車の価格を上げることで、値引き額を少なく済ませる方法です。

 

こういった提案はされたことありませんか?

「申し訳ありません。値引きはこれが限界なんですが、下取り価格を何とかもう少し頑張らせていただきます!」
これはトータル支払うアナタからしたら嬉しい提案なのですが、まったく値引きではなく、販売店側からすればむしろ古い農機具を買い取って売れる(利益に変えられる)という一挙両得の手法なのです。。

農機具販売店も結局のところ専門業者間へ売る

あなたが新車の購入を検討している販売店が買い取りにも強いとは限りません。
購入先は購入先、売却先は売却先。それぞれ得意分野が違います。

 

農機具販売店でも結局のところ下に示すような業者間へと売っているので、末端の農機具店の場合は高価買取が期待できません。

 

「いつもお世話になっているから」というような理由で販売店との関係を気にされる方もいますが、 自分のお財布を犠牲にしてまで販売店との義理を保つのはナンセンスです。

 

このままでは値引きと下取り価格をうやむやにされたままで、あなたは損をして販売店だけ得をしていると考えなければいけません。

 

売値は売値、下取り価格は下取り価格と切り分けることが一番お得になるポイントです。

 

下記のような買取が得意なところで下取り車を一番く高値で売って、新車の軍資金にあてましょう。

農機具王

農機具王は全国19の実店舗からスピーディーな対応がウリの農機具買取専門店です。

 

無料で農機具の査定を代行&最大額を教えてくれます。
買取機種が豊富で、不動車や、壊れている農機でも無料で査定申し込みができます。

 

トラクターの他にも壊れて処分したい農機があったというときにも便利で、ついでに見積もってもらえます。買取額が不満ならキャンセルも無料です。

 

農機具王で価値をチェック

 

農機買取査定君

「農機具買取査定君」は東証上場企業が運営する中古農機具買取一括査定サービス。

 

中古農機具の買取査定額を最大5社まで一括で査定することができます。

 

査定会社数は少ないですが、上場企業で、メディア掲載もされているのが特徴です。

 

農機具買取査定君で価値をチェック

 


中古農機具を売って軍資金に!

ボロボロの中古でも高額査定が出る事があるのは、海外での需要があるからです。

 

東南アジアなどでは品質の高い日本メーカーの農機具は好まれるので、「日本メーカー製」がすでに価値です。

 

見た目がボロボロ、外観が傷だらけ、20年落ちのトラクターでも向こうではまだまだ現役として使えます。

 

エンジンや駆動系の状態が良ければアワーメーターの稼働時間が多くても高値がつきやすいです。

 

大事なのは見た目ではなく、その先壊れずに長く使えるかです。



新車トラクターの値引き率まとめ!

ということでまとめると、
  • 値引きは20%OFFが目標!
  • 安く買うなら展示会へ行くこと
  • モデルチェンジの旧型品を狙うとコスパ最高
  • ライバル車を一つ用意する
  • 下取り車の下取り価格を把握しておく
  • 購入する店と売る店は分けるのが鉄則!

ということになりましょうか。
これから10年、20年と連れ添っていく大事な相棒。価格、スペックともに納得した良いトラクターを購入して下さいね。




便利な販売店リンク

井関農機 販売店検索
イセキ 最寄の販売店検索

 

クボタのお店|クボタ電農スクエア
クボタのお店検索

 

ヤンマー お近くの販売店を探す
ヤンマーのお店検索

 

三菱農業機械 購入先検索
三菱マヒンドラ農機のお店検索