ミニ四駆について 

当店イベントアーカイブズ&定例レースレギュレーション

元気っ子さんで「ミニ四駆」始めてみませんか?

「ミニ四駆」は、約35年前にタミヤさんから発売されました。接着剤不要で組み立てることができ、単3電池2本を入れればすぐ走らせられる、とってもお手軽な模型です。
「子どものころやっていたのでまたやってみたい」「新たな趣味としてはじめたい」「走らせたいけど場所がない」―。当店はそんな皆さんに最適です。

当店のコースはこちらでチェック

当店の新シリーズ戦 「Dクラス」

基本コンセプトは「もっと Enjoy ミニ四駆」―
初心者の方、そして公式大会に参戦されている中級・上級者の方々にも、「ミニ四駆」を始めた頃のような“ワクワクドキドキ”をもう一度味わっていただきたい、という想いから始めました。
ここ数年、ミニ四駆を始めた方、再開された方には、「ライキリ」や「アビリスタ」等の、いわゆる実車系のマシンから始めたという方が多いと聞いております。
しかし、しばらくすると、速さを求めていく上で、“提灯”類のギミックの必要性を感じ、そのハードルの高さから、せっかく始めたミニ四駆が疎遠になってしまった、という声もあります。

この「Dクラス」は、ギミック類の使用を制限し、ボディ類も固定することを定めておりますので、過度な速度域でのレースにはならないようになっています!
実車系のボディをご自宅に眠らせている、という事実もアンケート結果から見てとれますので、それを活用し、ストリートバトルや峠の走り屋をイメージしたレースが繰り広げられることを期待しております。

【月例シリーズ】
チューン系モーターの『D-TUNED』、ダッシュ系(プラズマ/ウルトラは除く)モーター『D-DASH』共に、毎月開催。
毎月と言っても12カ月連続のシリーズではなく、年間で3シーズンに分けて行う予定で、タイトルは各シーズンごとに決定します。
・シーズン1 … 2~4月
・シーズン2 … 5~7月
・シーズン3 … 8~10月
各シーズン、2つのクラスそれぞれのランク上位選手は年末に開催予定の「グランドチャンピオン大会」出場権が与えられます。

各クラス1台に付き+200円でお一人様でも複数車両のエントリーが可能です。

【平日シリーズ】
「水曜D-でしょう」

原則毎週水曜の20:00より開催されるシリーズで、月例同様『D-TUNED』『D-DASH』共に開催します。はじめてのエントリー時に「パーソナルカード」をお渡しします。レース結果に応じポイントを獲得していくシステムなので参戦数が多いほど有利です。こちらも獲得ポイントに応じ、年末に開催予定の「グランドチャンピオン大会」出場権が与えられます。

各クラス1台に付き+100円でお一人様でも複数車両のエントリーが可能です。

【レース形式およびポイントについて】
「DーTUNED」「D-DASH」いずれも総当たり戦(勝ち=3P、速度負け=1P、CO=0P)を行い、上位選手で決勝トーナメントを行います。
決勝上位3名は、1位=8P、2位=4P、3位=2Pが付与され、入賞圏外の選手にも参加ポイント1Pが付与されます。(月例/平日同様)
また、月例レースについては、決勝トーナメント進出者以外もBメインとしてトーナメントを行いますので、予選落ちなしの“全員決勝”がお楽しみいただけます。

【車両規定について】
基本的にはタミヤさんの公認競技会規則に準じます。
★モーター
・D-TUNEDクラス(チューン系限定 ※2およびPRO含む)
・D-DASHクラス(ウルトラ・プラズマ以外のダッシュ系限定)

★使用ボディおよびボディの装着方法につきましては、下記をご参照ください。

■使用できるボディについて(2018.2.1現在)
「Dクラス」は前述の基本コンセプトの通り、実車っぽいクルマ、でのレースです。本来の趣旨に沿っていると思われるボディ(あくまで店主の判断)を“推奨ボディ”とし、該当ボディを使用の場合は総当たり戦のポイントに1P加算します。
縛りすぎても面白くない、ということで、使用可能ボディには幅を持たせ、制限をしつつも柔軟に対応しています。

★推奨ボディ
ラウディーブル、ナイトハンター、マッドレイザー、ジルボルフ、スパークルージュ、アビリスタ、アストラルスター、フェスタジョーヌ(L含む)、コペン各種、ライキリ、TRFワークスJr.、ベルダーガ、トルクルーザー、各種動物系GT
ラジ四駆のボディ各種(ただし、「リンドブルムライダー」「コバルトガンナー」は使用不可)

★使用可能ボディ
バロンビエント、Be-1、ナイトレージ、トライゲイル、ヒートエッジ、ブラストアロー、レイボルフ、エクスフローリー、サニーシャトル、ジョリージョーカー
ワイルドミニ四駆のボディ各種(ただし、「マンモスダンプ」「ワイルドザウルス」「コマンドザウルス」はクラスの主旨を鑑み使用不可)
(コミカル)ミニ四駆シリーズのボディ各種
※その他、海外のみで売られているモデルや、ここに載ってないけどアレはどうなの?とか、気になる点はドシドシお問い合わせください。

■その他、ボディに関する注意事項
開催のコンセプトとして、「難しい加工等を行わずに気軽に参加できるクラス」という位置づけをご理解いただいた上で、以下の点をご了承ください。

①キャッチャーあるいはビス等で固定してください。
※ボディ提灯状態になるものはNG。ヒクオやノリオ、フロント提灯等の提灯の類、センチネルポール等ボディ全体が可動するギミックは不可となります。

②サイドマスダン、東北ダンパーは使用可能とします。ただし、ボディをシャーシに固定するにあたり、一部カットはOKですが、著しくシルエットが変わってしまっているものは不可とします。
≪参考画像≫ 東北ダンパー装着時もオレンジのテープのあたりは残してください。(こちらを参照

③ボディとタイヤが干渉する場合、ホイールアーチの一部カットは認められます。
≪参考画像≫ フォルムが崩れない範囲で。ボンネットまではカットしないようご注意ください。(こちらを参照

④バンパーカットやシャーシの加工等は可能とします。

ご不明な点は045‐294-8154までお気軽に!

当店は「ミニ四駆ステーション」です

ミニ四駆のキットおよびパーツの販売、そしてコースを常設しているのはもちろん、積極的にレースも開催しています。毎年11月頃に静岡で開催されるチャンピオン決定戦の出場権をかけて競う「ミニ四駆ステーションチャレンジ」も年4回開催しています。
■2017 Round.1 2月26日() 開催しました。 レポートはこちら
■2017 Round.2 4月30日() 開催しました。 レポートはこちら
■2017 Round.3 7月30日() 開催しました。 レポートはこちら
■2017 Round.4 9月30日() 開催しました。 
レポートはこちら

「ミニ四駆ステーション」について

サテライトレースも開催しています

「ジャパンカップ」や、品川で各季節ごとに行われる、タミヤ公式レースの開催日に行っているレースです。公式大会の抽選に漏れてしまった方、大会の帰りの方はもちろん、公式レースには参加予定のないお客様のご参加も大歓迎!基本は公式ルールに乗っとりますが、独自企画のレースも併催しています。
■2017 ニューイヤー東京サテライト 1月29日() 開催しました。 レポートはこちら
■2017 スプリング東京サテライト  3月19日() 開催しました。 レポートはこちら
■2017 スプリング東京2サテライト 4月23日() 開催しました。 レポートはこちら
■2017 ジャパンカップ東京1サテライト 6月18日() 開催しました。 
レポートはこちら
■2017 ジャパンカップ東京2サテライト 7月16日() 開催しました。 レポートはこちら
■2017 ジャパンカップ東京3サテライト 8月26日() 開催しました。(レポートはこちら
■2017 ジャパンカップ東京EXサテライト 10月15日() 開催しました。(レポートはこちら
■2017 ウインター東京サテライト 11月25日() 開催しました。(レポートはこちら

【参考】ミニ四駆公認競技会規則

当店で開催した過去の独自イベントいろいろ

当店では、マシンの速さを競うのはもちろん、毎月さまざまなイベントを企画し、初心者の方からベテランの方まで、ミニ四駆の楽しさを再発見&共有しています。