豊岡小PTAだより いきいきとよおか
入間市立豊岡小学校 村越校長先生

地域とともに感動を作り出す学校に

この春、校長に赴任された村越新先生。モットーは、「感動創―感じたら動け。動いたら何か創れ―」。学校の様子を伝えるホームページを着任初日から更新している村越先生にお聞きしました。(2019年1学期号)

※2019年秋号は、こちらをご覧ください▶▶「いきいきとよおか」秋号

豊岡小学校PTA
豊岡小の第一印象は?

まじめで素直です。毎朝1列に並んで登校してくる姿を見て感動しました。横断歩道で2列になっても、歩道に戻ると譲り合ってまた1列になって歩き出す。この姿を見たら、誰もが感動しますよ。これは、学校と地域で作った感動です。

なぜそれが生まれるのでしょう?

保護者の意識も高いですし、職員も伝統ある豊岡小で働いているという自負を持っています。豊岡小の長い歴史の中で、いろいろなことが重なってきた結果だと思います。

なぜそれが生まれるのでしょう?

保護者の意識も高いですし、職員も伝統ある豊岡小で働いているという自負を持っています。豊岡小の長い歴史の中で、いろいろなことが重なってきた結果だと思います。

日々いきいきと新しい

入間市立豊岡小学校 村越校長先生
子どもの頃はどんな子でしたか?
よく外で遊びました。遊びを考えるのが好きで、私が考えた遊びやルールで友達と遊びました。何をしていたか良く覚えていないのですが、それを考えているときが一番楽しかったんです。

今も毎日新しいことをしようと考えています。校歌にも「日々生きいきと新しい」というフレーズがありますしね!様々な課題をどう解決するかを考えている時間が充実しています。今月はこれ、今週はこれ、とテーマを決めて取り組むんです。それがうまくいくと幸せです。子どもが良くなれば、職員も幸せですし、私も幸せです。
豊岡小学校の課題とは?
たとえば、まじめな反面、授業中の発言の声が少し小さいこと。本校の先生が親切だから、子どもが発言したときに声が聞き取れないと復唱してあげるんです。先生が助けてくれるから、小さくてもいいと思ってしまうのかもしれませんね。このあたりを改善したいです。

また、理由はわからないのですが、背中が曲がっている子が多いように感じます。まずは椅子と机のサイズを子どもたちの体に合わせたものに見直す予定です。

ほかにも、子どもの体力面・学力面の課題をどうするかなど、いろいろあります。いっぺんには難しいので、少しずつ取り組んでいくつもりです。
校内の掲示物が毎日変わっていますね?
昇降口のモニターに映している子ども達の写真は毎日入れ替えています。職員室で職員みんなが見るところにはメッセージを、子ども向けには「日々いきいきと新聞」などを廊下に掲示しています。

以前、生徒に「お皿洗いをするなど無理なくできることで、人が喜ぶことを毎日続けてほしい」と言ったことがあったんです。ふと、まずは自分がやろうと思いました。そのひとつが校内の掲示物。「勉強しなさい」と子どもに言っても、「じゃあお父さんお母さん、何かやってるの?」と言われてしまいます。我々大人が、その姿を見せることが一番わかりやすいですよね。

掲示しているメッセージで、何かが変わることはないのかもしれません。でも、校長は教育者であり経営者でもあります。トップが動かなければ、職員も動かない。職員が動かなければ子どもも動かない。そう思って日々行動しています。
掲示物の中には、動物のフォトカードもありますね!
最近は、子どもも大人も忙しい。みんな時間がなくて気ぜわしいですね。廊下にちょっとした写真が貼ってあるだけで、ほっとします。子どものイライラした気持ちも少し収まるのではないかと思って始めました。

職員が捺印のために私の席に来るのですが、そのほんの少しの間でも目に留まるように、パソコンの後ろにもフォトカードを日替わりで貼っています。
子どもたちにやってほしいことは?
ゲーム以外で遊んでほしい!私はゲームのない時代に子どもだったことに感謝しています。遊びは、思考力・判断力・想像力・創造力などいろんなことを育みます。入間市で進めている「ノーメディアデー」(テレビ・ビデオ・ゲーム・パソコン等の電子メディアををつけない日)にも取り組んでいこうと思っています。
どんな学校にしたいですか?
地域とともに感動を作り出す学校にしたい。学校だけではダメなんです。「先生のおかげでいい子になりました」では、二流です。「親御さんががんばったから」「地域があったから」それが本当の学校教育だと思います。

豊岡小の校区の全ての方と教職員と一緒になって子どもたちを育てることが、一番のまちの感動になります。
お父さんお母さんに望むことは
こうしてほしいという要望はありません。まずは私たちが子どもに寄り添って、家族に寄り添って、今何ができるかを考えることが出発点です。心配なことがあれば抱え込まず、何でもご意見やご相談をお寄せください。
豊岡小学校の課題とは?
たとえば、まじめな反面、授業中の発言の声が少し小さいこと。本校の先生が親切だから、子どもが発言したときに声が聞き取れないと復唱してあげるんです。先生が助けてくれるから、小さくてもいいと思ってしまうのかもしれませんね。このあたりを改善したいです。

また、理由はわからないのですが、背中が曲がっている子が多いように感じます。まずは椅子と机のサイズを子どもたちの体に合わせたものに見直す予定です。

ほかにも、子どもの体力面・学力面の課題をどうするかなど、いろいろあります。いっぺんには難しいので、少しずつ取り組んでいくつもりです。

村越校長先生に質問!

「感動創―感じたら動け。動いたら何か創れ―」
「感動創―感じたら動け。動いたら何か創れ―」
無人島に行くことになったら、持って行くものは?
「生きる」という気持ち。カッコよくいえば「希望」かな?
好きなテレビ番組は?
お笑い系。ダウンタウンの番組が好きです。最近のドラマなら「わたし、定時で帰ります。」がおもしろいですね!
自分を動物にたとえると?

うーん。難しい(笑)…水鳥!
優雅に泳いでいるように見えて、水面下では一生懸命水をかいているというような。校長はそうあるべきだと思います。

影響を受けた先生は?
北野広大。(ドラマ「熱中時代」で水谷豊が演じた真っすぐ子どもと向き合う小学校の先生)
毎回ドラマを見て感動していました。
保護者におススメの本は?
子どもの自己肯定感を高める本です。いろいろ出ています。たとえば、

「自己肯定感」を高める子育て
ダニエル・J・シーゲル (著), ティナ・ペイン・ブライソン (その他), 桐谷 知未 (翻訳)

自己肯定感を高める方法について、具体的な事例をもとに解説しています。そして生きていく上で重要なスキルの教え方を実践できるようにまとめています。
先生の働き方改革はどうお考えですか?
先生という仕事は、一生懸命で働きすぎになってしまいがち。でも、「健康で」休む時間をとってほしいです。年に2回くらいは旅行に行くとかね。自分がそうでなかったので…。子どもの前に立つ価値のある大人であってほしいのです。
職員の負担を減らすため、教頭と一緒に業務を見直しています。週に200分削減を目標に無駄な業務を省くよう取り組んでいます。
好きなテレビ番組は?
お笑い系。ダウンタウンの番組が好きです。最近のドラマなら「わたし、定時で帰ります。」がおもしろいですね!
村越先生がホームページを日々更新しています!
村越先生が学校の様子を伝えてくださっている豊岡小学校のホームページ。校内に掲示している「豊小ニユース<日々いきいき>」、ちょっといい話、子育てヒント本紹介など様々な話題が掲載されています。スマホの方は「添付ファイル」をタップしてください。

村越新(むらこし・あらた)先生プロフィール

30代目の入間市立豊岡小学校校長。入間市内の全地区で教員経験があり、今年豊岡小校長に着任。影響を受けた先生は、ドラマ「熱中時代」で水谷豊が演じた真っすぐ子どもと向かい合う小学校の先生、北野広大。好きなタレントは、長渕剛・ダウンタウン。東京都出身、入間市在住。
モットーは、「感動創―感じたら動け。動いたら何か創れ―」

村越先生がご自身で作った言葉です!
モットーは、「感動創―感じたら動け。動いたら何か創れ―」

村越先生がご自身で作った言葉です!

校内取材のひとこま

村越先生が毎日発行している「日々生き生きと新聞」。豊岡小のちょっといい話を紹介しています。
心がけていることは「毎日ゴキゲンでいること」。いつも笑顔で先生方や子どもたちに接している村越校長。
校内のあちこちに貼ってあるフォトカード。学校に行ったら見つけてみてください!
「校歌の中に私の名前があるんですよ!」と嬉しそう。お名前は村越新(あらた)先生です。
日替わりで掲示しているネタは、教員時代のストックがたくさんあるのだそう。
自席から見える位置に、先生ご自身の目標も!
職員に向けたメッセージも日々更新。
第30代校長です。と自己紹介したら、年齢が30代かと勘違いした人がいたほどお若く見える村越先生。
校内のあちこちに貼ってあるフォトカード。学校に行ったら見つけてみてください!

学校応援団(学校ボランティア)

図書ボランティア
図書の貸し出しや管理の補助、読み聞かせなど図書関係の仕事です。
担当できる仕事だけ、できる範囲でOKです。
ベルマークを集めたお金で図書館の本を購入しているので、ベルマーク集めも担当しています。
興味があれば、図書ボランティア担当まで!
緑化ボランティア
豊岡小学校の花壇の植え替えや除草のお手伝いをします。
今年度は1回目の植え替えを5月22日に行いました。2回目は10月21日の予定です。

今年の植え替えボランティアには17名の保護者が参加しました。「作業は大変ではなく、むしろ楽しかった!」という声が多数。お手伝いの後には、子どもたちが毎日食べている給食も食べることができるという特典つき!秋のボランティアもご参加をお待ちしています。
学校支援ボランティア

生活科や総合的な学習の時間、作業を伴う授業(家庭科・図工・体育等)に関して必要な場合、その都度該当学年からご協力いただきたいボランティアの募集をします。

写真は、3年生の社会科見学で文化創造アトリエAMIGO!で染色体験をしたときのお手伝いの様子です。

ハンカチをお茶で染めた後のアイロンがけに4名の保護者が参加しました。

参加したお母さんからは、「楽しかった」「普段とは違う子供の学校の様子を見られた」「いろいろな個性の子供達と触れ合えた」の声がありました。また、会場の文化創造アトリエ内の染色工房の存在を初めて知ったので、「次回は家族で体験に来たい」と新たな地元発見に喜びの声も!

ほかにも様々な学習支援ボランティアがあります。募集の際には、ぜひご参加ください。

吹奏楽クラブ クラブ活動ボランティア
活動時間は木曜日の15:00〜15:45です。
(11月以降は14:10〜14:55)
吹奏楽クラブの楽器は、トロンボーン、トランペット、クラリネット、フルート、サックス、アルトホルン、ユーホニウム、パーカッションです。
全校校内クリーン活動
児童は通学班で登校します。お父さん、お母さんのご参加をお待ちしています。詳細が決まりましたら、お知らせいたします。
緑化ボランティア
豊岡小学校の花壇の植え替えや除草のお手伝いをします。
今年度は1回目の植え替えを5月22日に行いました。2回目は10月21日の予定です。

今年の植え替えボランティアには17名の保護者が参加しました。「作業は大変ではなく、むしろ楽しかった!」という声が多数。お手伝いの後には、子どもたちが毎日食べている給食も食べることができるという特典つき!秋のボランティアもご参加をお待ちしています。

PTA活動のスリム化を進めています!
2019年度 豊岡小学校PTA会長 菅原聡

会議の数を減らすなど、活動を絞りながら質はさげない工夫をして改革しています!親が子ども達に関われるのは、今だけです。やらなくてはいけないという義務感のPTAではおもしろくありません。私も普段はサラリーマンです。誰でもできるPTAにして、楽しく活動して子どもたちを一緒に支えていきましょう。

いきいきとよおか クロスワードの答え

ご意見をお聞かせください

次回の広報誌発行の参考にさせていただきます。ご感想などをお寄せいただけると幸いです。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信