〒849-2101 佐賀県杵島郡大町町大町5205 TEL. 952-82-2428

佐賀県大町町
曹洞宗 岩松山

報恩寺
~ 家族との思いでを作る寺 ~

報恩寺の歴史



1249年(建長元年)宋から戻った臨済宗の神子榮尊禅師によって現在の本堂西にある山頂に建立されましたが、荒廃していたところ、佐賀藩初代藩主、鍋島勝茂公四男の鍋島直弘公を開基として再興されました。その頃より曹洞宗寺のお寺として現在に至っています。
報恩寺の教え

テキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
ペット葬について

ご家族立ち合いの元、お別れ、読経、焼香、火葬、収骨と執り行わせて頂きます。
※葬儀、火葬、収骨をスタッフで行う一任火葬もございます。

宗派に関わらずご利用いただけます。

永代供養

永代供養塔 寂光堂(じゃっこうどう)

寂光堂は、お墓参りができない、あるいはお墓参りをしてくれる人がいない、諸事情で家のお墓に入れない入りたくない方に対し、お寺が供養と管理をするお墓です。

東京など都市部にお住まいで佐賀県に埋葬を希望されている方、菩提寺・墓所がなくお困りの方は、お問い合わせください。供養塔とは別に納骨堂もございます。

ほうらい君の雷除け

報恩寺キャラクター
ほうらい君

1249年(建長元年)に

宋から帰国した神子榮尊禅師(じんしえいそんぜんじ)により建立されました。神子禅師の父は、平康頼公と言われていますが、時代背景や禅師の年齢から、壇之浦の戦いを生き延びた安徳天皇の御子という説もある方です。

また、神子禅師は雷神を捕らえて、教化したという伝説があり、それ以来、当地域では雷除けのお祭りを執り行っております。

雷除けのお守りとして、町内の村山畳店と協同で、畳の縁のお守りを作成しました。全4色各500円です。お守りは毎月1日に祈祷しております。有効期限は1年です。

※通信販売はしておりません。報恩寺にてお買い求めください。

報恩寺概要

所在地

佐賀県杵島郡大町町大町5205

アクセス JR大町駅より徒歩20分
宗派 曹洞宗
住職 竹内 宜典
アクセス JR大町駅より徒歩20分
アクセス
大町町役場から徒歩5分

〒849-2101 佐賀県杵島郡大町町大町5205
☏0952-82-2428

JR 大町駅から徒歩20分

住職からの挨拶
テキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

お問い合わせはこちらから

お問い合わせ、お守りのご購入はこちらからお願いします。
数日以内に住職より折り返します。

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信