性教育は

愛・命・身を
守るもの

自分を大切な存在だと思って欲しい、
それが生きるチカラになる。
性を語り合える関係になれることは
子どもとの信頼関係を築けているからこそ。
そして、自分のカラダを
自分で守れる子どもに育てたい。


<こばやし とわ>
とにかく明るい性教育“パンツの教室”
初級講座のご案内
3月30日(月)10:30 〜 15:00 新宿駅周辺

4月  3日(金)10:30 〜 15:00 新宿駅周辺

                                           
            *各日休憩30分あり 
                              

2時間×2回の内容です。
講座費:33,000円(税込) 教材費:2,200円(税込)
(講座費:銀行振込・クレジット可)
(教材費:銀行振込のみ)

*教材費は講座費とは別に必要となります。
*お申込は受講日の5日前までとなりますので
  ご注意ください。
*お子様のご同伴は基本的にご遠慮いただいておりますが
 1歳未満の抱っこで過ごせるお子様はお連れいただいても
 大丈夫です。

お申込はパンツの教室協会お申込フォームから
となります。

お申込ボタンまたは以下のURLをクリックして
いただくと
お申込フォームが開きますので
インストラクター欄に
”こばやし とわ”
とご記載をお願いいたします。

インストラクター 
こばやし とわ

はじめまして。
とにかく明るい性教育”パンツの教室”インストラクター
こばやし とわ と申します。
性教育講座インストラクターのほか、
LGBT教育、傾聴についても学び
こちらもインストラクターとしての資格を有しています。
また、ジュエリーデザイナー・ダンスインストラクターとしても
活動している6歳の娘をもつ母親です。
不妊治療・高齢出産で娘を授かりました。

みなさんは性教育と聞くとどのようなことをイメージされますか?
きっとついつい、あんなことやこんなことが頭の中に
浮かんでしまうのでしょうはないでしょうか。

私もそうでした。
でも、性教育って命の話なんです。
自分がどのようにこの世に誕生したのか
純粋に子供達は知りたい時期がやってきます。
その時に恥ずかしい、嫌な顔をしてしまったら
”私が生まれてきたのは恥ずかしいことなの?”と
感じてしまうのではないでしょうか。

私は不妊治療を受けて娘を授かったものの、子どもが実は
とても苦手だったんです。
それは自分の幼少期の経験と母との関係に原因があったように
思います。
ですが性教育を学んで子どもと向き合うようになってから
丸ごと娘を受け入れられるようになりました。
もちろん、イライラすることはたくさんあります。
でも素直に愛情を表現し伝えていくことができるように
なったことで、娘も私も笑顔が増えました。

”生まれてきてくれてありがとう。
ママとパパのところにやってきてくれてありがとう”

そう伝えると、娘も嬉しそうに
ママ大好きと毎日伝えてくれます。

子どもはきっとお母さんが思っている以上に、
お母さんのことが大好きなんですよね。
お母さんがいつも笑顔でいてくれたら、
それが一番子どもにとって素敵なことなのではないかと思います。
お母さんにとっても子どもが笑顔で毎日を過ごせることが
幸せの一つですよね。

そのためにも、私は娘が何か困った時
迷いや悩みを抱えた時、不安や恐れを感じた時・・・
誰かに相談したいと思った時に真っ先に母である私に
打ち明けてほしいと思っているんです。


性教育は命の奇跡、命の輝きを伝える教育です。
自分の存在がいかに大切なものかを知っている子どもは
自分自身を信じる心を養うことができます。
”性”というセンシティブなことをお母さんと
話すことができるということは、それだけお互いを
信頼できている関係が築けているということではないでしょうか。


子どもたちの笑顔を、命を守っていくために
性教育を子どもを育てているすべてのお母さんお父さんに
知ってもらいたい!
それが、私がインストラクターになって理由となっています。






 お申込はこちら

楽しい!
早く我が子に伝えたい!

初級講座は
我が子に性の話を伝えたいけれど、どうしたら
いいの?
そんなお母さんお父さんへ、
明るく楽しく性の話ができるようになる4時間の
講座です!
性教育の必要性を感じている方へ、体験会に
参加したことがなくても
初級講座から受講が可能です。
初級講座の主な内容
■パンツの教室の基礎
■日本における性教育の現状について
■子どもの心の仕組み、声かけのポイント
■性教育カードの遊び方
■自分の体の大切な部分が3歳の子どもでもわかる魔法の言葉
《初級講座1》2時間
■年齢別の反応について考える
■パンツの教室流 女の子の身体について
■パンツの教室流 男の子の身体について
《初級講座2》2時間
■年齢別の反応について考える
■パンツの教室流 女の子の身体について
■パンツの教室流 男の子の身体について
《初級講座2》2時間
体験会に参加されたことがない方でも丁寧に説明させていただき
ますので安心してご参加ください。
階段を一歩一歩上って行くように、子どもたちと性について
楽しく話し合えるようになる
”伝え方のコツ”を、
体の仕組みを学びながらお伝えしていきます。

なぜ今、妊娠してはいけないのか?させてはいけないのか?
初級講座を受講するとこのようなことが具体的に伝えられるように
なります。
初級講座へのお申込・お問い合わせはこちらから。日程のリクエストも受け付けています。
受講生のご感想
Yさん (6歳女の子・小学3年生女の子のママ)
長女は身体も大きくもうすぐ生理を迎えるのではないかと思いますが、どのように伝えていけば良いのか。
そして、子どもが中学生や高校生になった時にきちんと避妊の大切さを話したい。
そのためには今から話していくことが大切だと思いました。
恥ずかしいという気持ちがなくなり、そんな風に思える自分がとても嬉しいです!
Oさん (2歳女の子・6歳男の子のママ)
性教育って子育ての軸にもなるような、奥の深いものなんだ!と感じました。
この子たちを守っていきたい、けれど何からどのように話せばいいのだろう・・・
そんな思いから参加しましたが、子どもたちばかりでなく私自身の幼少期の
記憶も癒されたり思いがけない収穫もありました。
子どもたちへの伝え方のハードルも下がり、これから実践が楽しみです。