統合失調症

自分しか見えない世界がある、生きづらさを感じている、怒りが続く、恐怖が続く、不安が続く。
そんな自分に周りの人が困っているいう。。。

人生は修正できる、生き方は変えていける。
自分が変わり、自分らしさが見えてくる。

それは、個性や特徴だ

自分らしさを生かす生き方を目指す!

私、夏川は、どんな問題も解決することは可能だと思っています。もし、精神的疾患や独特の気質のために、何かしら自他共に困っているなら、その特質を生かせる生き方を学べば良いことだと思っています。もし、その特質が過剰すぎて、適応できないのであれば、その特質を調整する力を付ければ良いのです。そのためには、いくつかのステップを踏んで成長していかないといけません。

そのためのセッションは存在しているのです。
ゴールにたどり着くまで、一緒に歩み、進路を見失わないように声かけしてくれるカウンセラーが重要な鍵です。

必ず人生は変えていけます。自分らしさを良い形で発揮できるようになります。

気になる傾向

幻聴

聞こえるのは、多くの場合は誹謗中傷や恐喝めいた言葉ですので、当人は極度の恐怖や不安にさいなまれますが、人によっては普通の会話や宇宙語や妖精語であることも。
自分で処理できなくなり、周囲の人にまで困惑させてしまう程度に達することもあるます。

幻覚

幻視の場合もありますが、何かしらの現実ではおきていないものを感知しますが、当人には現実のものと体感しています。体の上を虫が這う、とか感触の場合もあれば、世界が歪み異界へと変化する、などもあるのです。

過剰な想像

想像力が豊かという感じから、行き過ぎる感のある想像もあります。その想像は「現実には明らかな間違い」を信じ込んでいるものです。何かの恐怖や宇宙人襲撃のような壮大なこともあれば、身近な問題もあります。社員に不快にさせられているとさわいだり、盗難被害の妄想などで、社内がざわめくことも。周りの人が振り回せれてしまっても、当人はその重みに気づかないことも多いです。

類似のケース

人格者障害

精神病と神経症の境のような言動で、周りの人が驚くことが多いです。業務をこなすのは普通の人並なので、性格や人格を指摘しにくいです。病識がないことが多いです。病識があれば、社会でうまくやっていけるようにはなりますが、自他共に「性格が激しいだけ」と思っているので、修正の必要性を全く認識していないことが多いです。場合によっては、パワハラに発展することもあります。周りの人にウツになってしまう人が出ることも。

神経症

現代は違う言葉(表現)を使う傾向ではあります。過敏な神経質的な言動や、過剰反応によって、一般生活に支障が起きてしまい、部屋に閉じこもってしまう人もいます。中には、適応水準ゆえに、勤務など普通に生活はできるものの、周りの人が対処や理解に困ることは多いです。誇大妄想をする統合失調症とは違うのですが、一見、わかりにくい場合も。過剰反応に、周囲の人が逆に罪悪感を持ち悩むこともあります。

せん妄

高齢になって幻視や妄想等、現実現状の認識不調が起きてしまうことがあります。第三者からすれば、見た目も普通で、正しく進行しているような会話なのに、明らかに現実とかけ離れた内容であることもあります。一見、統合失調や分裂症状かと思えてしまう言動をもしますが、高齢になってから発症します。これは若年で妄想癖はないのに高齢でおきます。夕方や夜に起こる傾向にあります。

    よくある質問     

Q
通う期間や頻度は?
A
クライアントの症状や悩みレベル、スケジュール希望によって、さまざまです。
ですが、統合失調症でも人格障害でも神経症でも、1年未満ということはほぼないと思ってください。頻度は、週1回から2週間に1回が目安ですが、自己管理力がついてくると月に1回になってきます。これらに当たらず、一時的な困難であれば、数回で解決する(時に初回のみで)ことも。
ですので、まずは、単発でお、申し込みください。
Q
何をどのように行うセッションですか?
A
統合失調症と人格障害と神経症は、それぞれ行うことは全く違いますが、基本的に共通していることは、会話の中で行動修正や考え方の修正をうながします。「他者から見て《変わっている》と思われている」ところを修正すれば良いからです。きちんと理解を深めて、納得していくように進めますので、強制的に「xxしろ」というものではありません。
また、ケーキ作りのように「決まった手順と決まった作業」があって「テキスト通りに行えば良い」というものではありません。クライアントの成長とそのタイミングにあった、最善の一手を毎回見極めて行います。最大限の効果を得るように、全神経を集中して行うので、クライアントの数だけ手法は違ってくるのです。
Q
ついていけるか不安です。
A
それぞれの状況、状態、理解度、背景に合わせてセッションは進みます。
誰であっても結果を得られるよう配慮しながら進んでいくので大丈夫です。
Q
これらの項目に当てはまる問題または病気なのか、わからないです。放置しておいて時間が経てば変われるものかもしれないし。
A
今ある、ご自身の課題、生活上の負担になっていることがあるなら、一度セッションを受けてみてください。病気だけが対象ではないですし、分類することが重要ではないです。何度か相談することで、発症や悪化を未然に防ぐことも多々あります。一時的な症状であれば、セッションで早期解決すれば、元の生活パターンにすぐに戻り、負担も少ないし、後々、引きずりません。ただ単なる、性格の問題だった場合、その傾向をゆるめるセッションをすれば、生きやすくなります。
   ただし統合失調症の場合は要注意です。初発の始めの頃は、ちょっと周りも不安になる言動があったにも、数日で落ち着いた為に、家族なども安心してしまうことがあります。その後、1年くらい普通だったのに、またおかしな症状が出て、また数日で落ち着いたから、季節的なことかな?と思ってしまうケースがあります。これは症状が見えにくいだけで、最初に手当てしなかったために、数年後に本格的に発病した時には手遅れ、ということが多いのです。鬱(うつ)も、鬱になった初日に来ていただければ鬱病にならずにすみますが、2週間経ってしまえば、本格的な鬱病となります。放置にして様子をみることが、危険なことは多いです。
Q
他者の問題でもいいですか?
このような問題がある人に被害があるので困っています。
A
家族、友人、同僚、知人の態度や傾向によって、困っている場合も、いらしてください。
困っている当人がセッションを受けることで、人間関係がスムーズになったり、対応力がついて、対処しやすくなりますし、場合によっては、相談者が理解を深めることで、間接的に相手の方が成長していくことも多々あります。
Q
生活に支障はないですが、ストレスのせいか、ここのところ体調が良くないです。上記の病気だとは思っていません。
A
精神面に出る人、体に出る人、行動を含め生活面に出る人、色々といます。
病気かどうかよりも、負担を起こすストレスの原因を知って、解決するのが一番重要です。
どのような問題でも、一度セッションを受けてみてください。
要は、自分らしく生きやすい未来を手に入れることがセッションの存在意義です。
Q
金銭面が心配です。
A
長期になる場合、早い段階でお伝えします。金銭的負担を減らし、長期継続ができるように、プランも費用も長期プランパッケージを適用します。
Q
今でなく、いつか申し込もうかと思うのですが?
A
今ある問題を今しなくてどうするのですか?  例えばですが、ご自身の年齢が30歳なら、30年間溜め込んだ問題や、問題の原因を、さらに何年先まで持ち続けるのですか?同じ間違いをあとどれほど続けようというのですか? あと何年、その痛みを引きずる予定でいるのですか? 今対処しないなら、1年後には、その1年の新しい課題が追加され、2年経てば、2年で得る課題が追加されていきます。 先延ばしにすればするほど、解決は先延ばしになりますし、解決への一歩を踏み出すまでの蓄積年月に比例して、解決作業にかかる時間も増えていきます。早く対処開始する人の方が、早く結果が出るのです。
Q
年齢制限は?
A
特にありません。言語的制限がある方でもお受けできます。言語的未発達である幼児でも、日本語が不得意な外国語環境の方でも、創作セラピーなど対応できる手法があるので対応可能です。
Q
自分が納得しなければ受けたくありません。
やり方やプログラムや進行工程など、自分が納得しなければ始めたくないです。
  (もしくは)家族の問題の相談ですが、自分が納得しなければ、家族に勧めることはできません。
A
今まで、自分が納得したやり方で成功していないですよね?修正できていませんよね?
間違った選択しかできない思考パターンで納得する方法は、間違った選択しか生みませんよね?

要は「失敗に終わる方向を選びたい脳(=思考)」になっている、のであれば、あなたが納得するなら、絶対うまくいきません。

あなたが納得しないと他者へ推薦できない場合も同じです。あなたが、その方が失敗する線路を歩ませる選択ばかりとってきた、ということになります。

専門家への相談とは、新たな視点と、新たな選択肢を知り、視野を広げ、正しい判断を身につけることです。
Q
通う期間や頻度は?
A
クライアントの症状や悩みレベル、スケジュール希望によって、さまざまです。
ですが、統合失調症でも人格障害でも神経症でも、1年未満ということはほぼないと思ってください。頻度は、週1回から2週間に1回が目安ですが、自己管理力がついてくると月に1回になってきます。これらに当たらず、一時的な困難であれば、数回で解決する(時に初回のみで)ことも。
ですので、まずは、単発でお、申し込みください。

下記のチェックリストを参考にしましょう。
下記のものは、相談するに値するかの判断基準です。
精神病や精神疾患になっているかの判断基準ではありません。
また、統合失調症の判断基準でもありません。
いくつか当てはまるなら、一度セッションを下記よりお申し込みください。

チェックリスト

  • 感情が不安定になり、ささいなことで興奮してしまったり急激に怒りをぶつける、自分がコントロールできない。
  • 自分が見たり聞いたり感じること事で、他人が感知できないことがある。他人には聞こえない声がしっかり聞こえたり、見えたりする。又は、別の部屋など離れている人が、誰かとしゃべっているのが聞こえてくる。
  • 気力や何かへの意欲がない。時には、集中力が続かない。
  • 一般の人より敏感であり、感受性も高い。傷つきやすい。受け入れがたいと思うことがよくある。
  • 怒りが強い方である。
  • 思い通りにならなくてイラつく。
  • 社会生活や日常生活が送れない、普通に生活することに影響してしまうような状態が時々またはしばしばある。
  • 家族親類に精神病や、神経症、うつ病、人格障害の者、もしくはその類の人がいて、自分も不安である。
  • 騒ぎを起こして周りを驚かせたり巻き込んでしまうことが時々ある。自分は大渦を起こそうとしたわけではないのに、ちょっとした自分の言動が多ごとに発展することが時々ある。
  • 所属する会社やグループなどにおいて、人間関係や業務上の問題で、自分が被害を受けることが多く、もめて、相手もしくは自分が辞めていくことがあった。または、内容は違うが、相手もしくは自分が辞めるきっかけになったことが何度かあった。
  • 体調不良が数週間続いている。疲労感、声(のど)がおかしい、お腹の不調(食欲、胃痛、大腸不調、下痢、便秘)、肌荒れやアトピー的、原因不明の痛み、など。
  • 理解してくれる人なんているわけないと思っている。
  • どこかに自分を幸せにしてくれる人がいるはずだ。その救世主を探している、迎えに来るのを待っている。
  • こらえるよう努力しているが、思いがたまりすぎて爆発したり、突然、相手に対して我慢できなくなったりして、激しく感情をぶつけてしまうことがある。
  • 自分は困っていない。私との人間関係で困っているというなら、困っている人が、困まっている問題点を相談に乗ってもらって解決すべきだ。
  • 続かない。もしくは完了しない。
  • 困っている姿を見るのは快感だ。
  • 操られてる感がある、そうだったらと不安になる。監視されているかも?と思う時がある。
  • 独り言や、独り笑いが多くなって来た。他人との接触が億劫になって来た。
  • 楽しくない。
  • 満足しない。満たされない。
  • 感情が不安定になり、ささいなことで興奮してしまったり急激に怒りをぶつける、自分がコントロールできない。

問い合わせ

web@yoshiko-natsukawa.com

お名前、電話番号、メールアドレス、50文字以内で問題症状もしくはご質問を、必ずお書きください。

セッション申し込みの場合は、
第三希望日程を明記してください。

傾聴だけのカウンセリングではない!
自他共に生きやすくなる
変わるための機能的セッション!

夏川佳子 Yoshiko NATSUKAWA

メンターの夏川佳子です。
生きづらいのは、方法や選択が間違っているからです。それを修正すれば生きやすくなります。
間違った選択を取ってしまうのは、ちょっとした心のカラクリがあり、そのカラクリを解けば、同じ間違った選択をしなくなるのです。
これは、どんな悩みでも同じことなのです。
例えば、「恋人とケンカばかりする」「転職しても長続きしない」「義母と仲がうまくいかない」「人を信用できない」「ヘマをしがち」「途中でやる気が出なくなりがち」などのことでも、同じように、カラクリさえ解けば良いのです。
そのカラクリを解いて、方向修正する手伝いが私メンター夏川の仕事です。
いくつかカウンセリングを受けても解決や修正できなかった方には、特におススメです。

プロフィール

ボランティア活動も含め、10年以上、心理カウンセリング、メンタリングを行っている。
会議中に年配の部下が、突然豹変し、統合失調症の初発の過程を目撃。自体不明の中、異常事態発生と感知し、対処する。統合失調症という言葉を初めて知り、これをきっかけに心理とカウンセリング技法の重要性を感じ、学びとカウンセリング活動を開始。催眠心理療法、カラーセラピー、創作セラピー等も複合的に使用し対処する場合もある。心理戦に強いため、各種人格障害や神経症の対応にも強い。
http://yoshiko-natsukawa.com/