女性目線の
生活動線・収納の提案

収納場所の提案をラクにスムーズに行える営業ツール

システムではなく”人” 工務店様のパートナーに


 インターネットで手軽にやりとりができるようになった今、工務店様のパートナーは近所や同じ地域にいる必要はありません。最新のシステムを自分で使いこなす必要はありません。トトノエ堂はお客様への提案を工務店様と一緒につくりあげていく、工務店様のパートナーです。これは、システムではない「人」だからできることです。トトノエ堂は全国の工務店様との物理的距離を乗り越え、本物の女性目線で支える工務店様の身近なパートナーになります。

図面を見慣れていないお客様に分かりやすいのは”手描きの絵”

 プランの魅力を伝える資料に

 プランの魅力をどれだけ伝えられるかが、お客様が貴社に決めるための決め手のひとつです。私たちの作成する提案書は、家事動線を中心にイメージ図と言葉でプランの魅力をしっかりとお伝えします。手作りの提案書は人の温もりが伝わり、工務店様の提案時にも場に馴染み使うことができます。口下手社長でも大丈夫!トトノエ堂の提案書を添えれば、お客様にしっかりとプランの魅力が伝わります。プランの魅力までもしっかり持ち帰りお客様に検討して頂くことが出来ます。

要望を聞けば聞くほど大変な収納の打ち合わせが、この提案書を使えば、どんどん進みます!

細かな収納打ち合わせをスムーズに

1か所ごとの提案書でもれなく打ち合わせ

詳細の打ち合わせには、収納や家事を行う箇所の提案書を1か所1か所作成します。この提案書を使って頂くことで、施主様としっかりとイメージ共有をし、収納の大きさ、棚板の枚数、寸法までしっかりと打ち合わせをしていただくことができます。

 ここでしっかりと打ち合わせをしておくことが、「伝えたのに作られていなかった」「イメージと違う」ということや、途中の変更などを防ぐことにつながります。

 打ち合わせの資料として、変更箇所を書き込みながら使って頂くことができます。間取りの検討時に間取りを詰める段階でも使用して頂き、再確認など必要な時などに何度も利用して頂くことで、施主様との確認にも使用して頂けます。

初回提案資料のみの作成や、決定までの修正まで、ご希望に対応して作成いたします。


  工務店様の生の声「手書きがいいね」 

無い物ねだりなのかもしれませんが、お客様向けの図面やパースは、出来れば手書きにしたいです。
トトノエ堂さんの「絵」はわかりやすいと僕は思っています。機械で書くと冷たい気がするんですよね。

(長野県中野市 矢嶋建築株式会社 代表取締役 棟梁 矢嶋一也様より)

工務店様からの声や、お客様の声は動画をご覧ください

料金・サンプル提案書、使い方もっと詳しく

収納計画 お客様の声

必要なものが必要な場所にある快適さを実感!

家の間取りを考えている時には漠然と「収納は多い方がいいかなぁ」と思っていたくらいで、具体的な希望などは特にありませんでした。収納は決められたところに当てはめていくものだと思っていました。

 

トトノエ堂さんと間取りの話を進めることになり、現在の収納方法や量、不満や希望などを聞いていただき、私があまり考えていなかった家事動線やクローゼットへの光の入り方、歩きやすい幅など・・・さすがプロだなぁと思うようなお話をたくさん聞く事が出来ました。

提案も分かりやすい絵で説明されていたので、具体的にイメージしやすく、こちらの希望も伝えやすかったです。

また、家族それぞれの少し困った習慣なども、片付ける事を押しつけるのではなく、本人も周りも快適になるような提案をしていただきました。ひとつひとつのことがちょっとした事ですが、そのちょっとした事の積み重ねが日々の快適さに繋がっていくのかなと思います。

実際に生活がスタートしてみて、必要なものが必要な場所にある快適さを日々実感しています。

キッチン横のパントリーには食材ストックや出番が少なめな調理器具や食器など、洗面所には洗剤や化粧品などのストック等。在庫管理がしやすくなり、無駄な買い物も減りました。

なにより、スッキリと整った収納を見ているととても気分が良いです。日中は子供たちが散らかしていますが、寝る前にはきれいに片付きます。

最初からどこに何をどのくらい収納するか?を考えてあったので、物が増えた時にも何をどこに収納すれば良いのかが分かりやすいです。

スッキリをキープをすることが苦ではなく楽しいと思えるのは、私たちの生活に収納を合わせていただいたからだと思います。

収納計画のおかげで毎日気持ち良い生活ができています。ありがとうございました。

(長野市 M様 夫婦お子様2人 新築)

 

なぜ、女性目線の生活動線、収納提案が必要?

こんなこと思い当たりませんか?


工務店様の視点

収納の細かな打ち合わせに時間がかかる。

収納棚工事を終えた後、変更をお願いされた。

奥様の言っていること(必要性)がよく分からない。

要望を聞けば聞くほど細かく大変になっていくのは収納のことです。

しっかりと施主様の要望を聞いて図面を描いたのに、途中で変更を要望され…なんていうことも。変更の料金は頂けるのか?悩む工務店さんも多いです。

施主様の視点

打ち合わせで聞かれても、どこに収納を作ったらいいのかわからなかった。

いろいろ考えていたら収納を作れなくなっちゃって…作らなかったんです。

収納のこともっとしっかり考えておけばよかった

こんなにいろいろなことが出来るなら、お願いすればよかった

これは実際に私たちがお片づけのサポートに伺ったお客様からお聞きした声です。収納をしっかりと考えられなかったことが、日々の家事の困り事、片づかない困り事へと発展していきます。

間取りを検討している段階では、施主様は収納の細かなことまで頭が回らないのが現実です。工事が進んで形が見えてきたときにふと不安になる方も多いです。だからこそ、工務店様が積極的に早い段階で、しっかり収納の打ち合わせをする必要があります。こうしておくことは、工務店様のスムーズな工事につながります。

生活は細かな行動の積み重ね

全ての生活の行動には収納が関わっています。

日々の行動を思い返してみてください。家に帰って、靴を脱ぐ、カギを置く、上着を脱ぐ、バックを置く・・・この動作を考えただけでも、生活の動作すべてに収納が関わっていますよね。新居ではその物をどのように収納したいのか、または、出しっ放しでもいいようにするのか。それによって収納場所や動線は変わってくるでしょう。
 最近では、大手ハウスメーカーなどから「家事シェア」という言葉もよく聞きます。若い共働き夫婦には、家事を生活の流れの中で完了するようにすることや、散らからないように片づけやすい仕組みを作っておくことは、生活していくために本当に大事なことです。

ずっと広告塔になってくれるお家に

「うちでお茶しようよ」

お友達とお茶するのが大好きな女性。昼間のファミレスには、なぜこんなに女性が?というくらいに女性が楽しそうにおしゃべりしています。
 自分のお家を建てたら、お友達を家に呼んでお茶をしたいものです。片づいていれば、いつでもお友達を家に呼べます。家を建てた人の周りには、家を建てる世代がたくさんいます。
 お家に片づけやすい仕組みをつくっておくことは、いつでも友達を呼べる家になることにつながります。それは、工務店様にとってはずっと広告塔となってくれるお家とお客様になることでしょう。

収納企画トトノエ堂って何してる人たち?

トトノエ堂スタッフは全員、収納と片づけのプロ、ライフオーガナイザー®です。私たちは、収納に入れる物が主役ではなくて、収納を使う人が主役であると考えています。一人一人、そのご家族に合った片づく仕組みをご提案しています。

①お家づくり 女性目線の収納計画

住宅設計時に家事動線と収納を女性目線でご提案
家を建てる時からお家に片づく仕組みを作る。

私たちは長野県の長野市を中心とした北信地域で、工務店様と関わって家事動線や収納の提案をしております。収納企画トトノエ堂を立ち上げてから地元の工務店様約10社と一緒にお家づくりに関わらせて頂いています。
 家族経営などの工務店様は社長自らが図面を引くことが多く、女性目線を提案に取り入れて提案することはなかなか難しいことです。必要な時に必要なだけ、女性目線の提案を取り入れて頂けます。

②お家の片づけサポート 

お客様の細かなお困り事を家づくりに生かす。

お客様のお家に伺い、お家のお片づけのサポートをしています。お片づけの苦手な方、忙しくて片づけられない方、様々な方がいらっしゃいます。
 その中で、新築の家に引っ越してから片づかない事に悩んでご依頼頂いた方も多くいました。家を建ててから、楽しみしていた新居が片づかない。建築側としても点検などに行ったときに片づいていない事は切ない事ですよね。このような事があり、これは家づくりを始めたときから、もっと家事動線と収納のことを細かくしっかり考えておけば、すぐにスムーズな快適な暮らしを始められるのではないかと考えました。
 日頃の片づけサポートで直面する奥様のお悩みも、家づくりの提案に生かしています。

③基本はリモートワーク 

どんな社会状況でも一定のリズムで。

2020年、日本だけでなく世界中が新型コロナウイルスに悩まされています。働き方も急遽在宅勤務にされた企業も多いですね。弊社は、創業当初から女性スタッフ4人で仕事をしております。基本は在宅勤務で行っており、長野県内提携企業様へは現場にも伺っています。
今まで築きあげてきた働き方で、どんなハプニングがあってもスタッフ同士の協力で仕事を止めることなく行ってきております。インターネットがあれば、オンライン会議で顔を会わせて会議もできます。距離を超えて一緒に仕事をすることができます。新たな仕事仲間にトトノエ堂を加えませんか?新しい可能性が広がりますよ!

トトノエ堂のミッション~収納計画を女性の仕事に~

ここまでお読みいただきありがとうございます。もしかしたら、収納計画くらいならウチでもできる、とお思いになった工務店様もいらっしゃるかもしれません。…その通りです。一言で言ってしまえば、この仕事自体は、日々の家事をこなしている女性であれば「頑張ればできる」仕事なのです。

 だからこそ、私たちは工務店様と関わる収納計画の仕事がもっと世の中に広がって、工務店さんにも女性の視点を取り入れて頂き、女性のひとつの職業として確立していくことが私たちのミッションなのです。もっと女性が家づくりに関わることで、各地域の地場の工務店様がより地域に愛される家づくりができると考えています。どんなふうに仕事をしているの?そんなお問い合わせでも歓迎です。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。