東洋医学&リハビリテーション
シンポジウム 2016

今年開催される東洋医学&リハビリテーション協会主催のイベント。
『理学療法士や作業療法士、言語聴覚士の方々にもっと東洋医学を知ってほしい!』
という思いでシンポジウム2016を開催致します。
リハビリテーションの現場で働く方々はぜひご参加下さい。
1日で臨床の概念を変えることができるはず。

東洋医学&リハビリテーション協会の紹介

東洋医学&リハビリテーション協会 会長 千葉道哉

東洋医学&リハビリテーション協会(TORAs)は東洋医学をリハビリテーションに生かせる人材の育成を理念として活動しています。
近年の医学は科学が中心であり西洋医学と言われます。それも間違った方向ではありませんが、科学では計り知れない力を持っているのが人間の体です。そういった意味でも、伝統医療と言われる東洋医学を多くの方に知ってほしく、また、リハビリテーションの現場でどのように東洋医学の考えを導入し、西洋医学との融合を行うか。こういった議題について、1つの方向性を見つけるべく、今回シンポジウムを開催したいと思います。

シンポジウム2016のポイント

特別講演

海外講演を20回以上行っている東洋医学の重鎮『池田政一先生』の特別講演が予定されています。
PT・OT対象に講演を行うのは今回が最初で最後となります。実技のデモも開催されます。

症例検討

全国から有志3名による症例検討が行われます。
実際に臨床でどのように東洋医学を考え、西洋医学と融合しているのか。現場で行っている方々に経験を踏まえ話してもらいます。

企業ブース

会場では、さまざまな企業が出展するブースを設営いたします。続々公開していきますよ。
参加企業
【ファイテン株式会社-phiten-】
【伊藤超短波株式会社】
【セイリン株式会社】
【POST】

POINT
1

特別講演について

東洋医学をリハビリテーションに生かす 
~古典からひも解く医療のあり方~

池田 政一先生

多くの著書を持つ池田先生が、東洋医学の古典から得られた考え方や、実際の治療場面などを紹介する。実技のデモあり。
おそらく理学療法士や作業療法士に講演を行うのは今回が最初で最後だと思われる。


【池田政一先生 御略歴】

漢方陰陽会 会長   
鍼灸経絡治療学会 理事 学術部長
池田薬草店 小泉治療院 院長

東洋医学の重鎮であり、古典を元に臨床を行っている。
海外での講演も20回を超え、日本に留まらない活躍を見せている。

≪著書(一部)≫
漫画ハリ入門―楽しくわかる経絡治療
初めて読む人のための素門ハンドブック 霊枢ハンドブック 難經ハンドブック 
臨床に生かす古典の学び方―素問・霊枢・難経から
新・古典の学び方
図解 よくわかる経絡治療講義
伝統鍼灸治療法
難経真義 

池田政一先生 著書一覧

初めて読む人のための素問ハンドブック

初めて読む人のための霊枢ハンドブック

初めて読む人のための難經ハンドブック

初めて読む人のための傷寒論ハンドブック

漫画ハリ入門
楽しくわかる経絡治療

臨床に生かす古典の学び方
素問・霊枢・難経から
〈上〉

よくわかる
経絡治療講義

初めて読む人のための金匱要略ハンドブック

鍼灸医学入門
古典鍼灸の法則とその運用

POINT
2

症例検討について

東洋医学に精通する三名の方々に、臨床上の症例報告や研究結果などを報告して頂きます。

発表者、内容はまた後日更新いたします!

 
POINT
3

企業ブースについて

さまざまな企業のブースが出展されます。
こちらも続々と更新予定!!

【参加企業】
◎ファイテン株式会社-phiten-
パワーテープやメタックスクリームなどの販売 
http://www.phiten.com/item/

◎セイリン株式会社
理学療法士や作業療法士も病院で使用できる接触タイプのシール販売など
http://www.seirin.tv/product_information.html

◎伊藤超短波株式会社
最先端の物理療法のデモンストレーションなど
http://www.itolator.co.jp/

◎現役療法士による、療法士のための情報サイト「POST」
セラピストへの情報やリハビリ職種に対する相談など
http://1post.jp/

緊急企画!ランチョンセミナー

緊急企画としてランチョンセミナーを開催することになりました!!

講師はOriental Physio Academy代表の波田野征美氏です!

内容は追って報告しますね!!

Oriental Physio Academy ホームページはコチラ。
http://oriental-physio-academy.jimdo.com/

東洋医学&リハビリテーション
シンポジウム2016 詳細

申し込みは下記をご覧になってください。

1

開会式 10時~

会長講演 千葉道哉
10時05分~12時

3

ランチョンセミナー 波田野征美氏

4

症例発表 13時~14時

5

特別講演 池田政一先生14時~16時

閉会式 16時

1

開会式 10時~

シンポジウム2016

  • 日時:平成28年8月7日(日曜日)

       開始10時~16時(受付9時15分~:昼休憩一時間)

  • 会場:臨床福祉専門学校 (下記の地図を参照)

     http://www.rinsho.jp/ 

  • 参加費:7000円  ※事前振込み
  • 定員:150名
  • 持ち物:筆記用具・お昼ご飯・座席用クッション(必要な方のみ)
  • 懇親会(前夜祭):シンポジウム前日の8月6日19時開始予定。

       会場・時間に関しては7~10日前の最終確認メールに掲載します。

       急遽中止となる場合には速やかに連絡致します。

申し込み

申し込みは≪こちら
(メールフォームが開きます)

メールでのお問い合せ:
toras.toyoreha@gmail.com
ホームページ:
http://toras0810.jimdo.com/

東洋医学を学んだ方々の声

このような感想を頂いております!

渡部勇太 
理学療法士

『多角的』に問診や生活指導が出来る!

生まれもった体質や食生活、性格や季節・環境などからも考える視点は、患者様を「多角的」に捉える事ができ問診や生活指導などの幅も広がりました。
「経穴(ツボ)」を捉えることで、これまでの筋・筋膜や内臓隔膜などを捉える「タッチ」や「操作力」が向上し、これまでの臨床を飛躍するポイントとなりました。

斎藤綾太 
理学療法士

今までとは違った
視点を学べた!

東洋医学を学ぶ前までは楽しみ半分、不安半分な状態でした。 しかし、受講してみると分かりやすく、かつ和やかな雰囲気のおかげで不安は払拭されました。
東洋医学受講後もメッセージでのフォローアップの他にアドバイザー同士の復習会もあり、臨床での疑問を解決する事ができています。
自分は東洋医学という今までとは違った視点を学ぶ事ができ、臨床がより一層楽しくなりました。


八谷 沙織 
理学療法士

『疾患』ではなく『人』を診る!

東洋医学はシステムがわかるとめちゃくちゃ面白いと感じました。
わたし達セラピストが診るのは『疾患』ではなく、『人』。人にアプローチするために無視出来ないのは、その人の体質です。 それを踏まえてその方の現状を組み立てる事で患者様に出来る事が増えました。
西洋と東洋、両方の視点を持てる事はとても有益だと思います。
今後、より東洋医学を知り活用していきたいです!

高橋修 
理学療法士

体質を診るため、
予防に活用できる!

東洋医学というと、非科学的でどこか胡散臭いイメージが多いかも知れませんが、実際に学んでみると、人間に出ている症状やその部位だけでなく、様々な側面から診ていきます。
その人の体質等を知り、それが現在の症状にどの様に関連しているかといった考え方が出来るため、予防的な面まで考えられることができます。
治療に至っても症状のみでなくその方の体質へもアプローチするという面は、予防の観点でもとても重要な手段だとも感じております。

こんな方は、是非参加を!
たった1日で臨床の概念を変えますよ!!

西洋医学だけじゃなく、
東洋医学も勉強したいけど、
どこから勉強して良いか
分からない。。。
東洋医学の本は見てみたけど、
ぜんぜん分からない。
興味はあるんだけど、諦めようかな。。。
しっかりと患者さんに説明してあげたい。
そうすれば生活指導もその人に合った指導ができるのになぁ。。。
患者さんを診る前に、私の体調がイマイチ。。。
薬を飲まないと仕事ができないくらいだわ。。。

↓申し込みはこちらのボタンから↓

メールでのお問い合せ:toras.toyoreha@gmail.com
ホームページ:http://toras0810.jimdo.com/
主催:東洋医学&リハビリテーション協会