なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

 

  

とらのこってなに?


葛飾区で医療的ケア児を育てる家族たちをつなぐもの
先天性の疾患などにより、日々の暮らしの中で医療的なケアを必要とする
「医療的ケア児」を育てる家族同士のつながりをつくるため「とらのこ」は誕生しました
医療の発達により昔では助けられなかった小さな命も救えることが増え、
それに伴い医療的ケア児も増加の傾向にあると聞きます
しかし、数としては多くないため、地域で医療的ケア児の家族と出会う機会は多くありません

「とらのこ」では、葛飾区在住の方を対象にグループLINEやオンラインやオフラインの交流会の企画など、
医療的ケア児とそのご家族同士がつながる場を作っていきたいと考えています
医療的ケア児を育てていると情報の少なさから不安や孤独を感じることも少なくありませんが
同じ地域に住むご家族とつながりを持つことで心強さを感じてもらえたら嬉しいです

日々のおしゃべり、相談、地域情報の共有などを目的としていますが、
地域の中でつながることで行政への働きかけも行っていけたらと考えています

とらのこの想い


医療的ケアがあると、周りの人に驚かれたり心配されたりします
私たち家族も初めは戸惑い不安を抱えることもありましたが、時間を経て
子どもの一部、日々の暮らしのひとこまとなっていきました

医療的ケアが必要な人以外にも、世の中にはいろんな人がいます
目が見えない人、耳が聞こえない人、
おしゃべりができない人、手足が自由に動かせない人
大きな病気と闘っている人…

普通とは少し違っているかもしれない

でも、どんな人でも、どこに住んでいても
その人も、その家族にも、あたりまえにいろんな選択肢が広がる社会になりますように
そんな想いで活動しています

医療的ケアってどんなもの?


とらのこのお友達は、病院で行うような医療的な行為を日常生活でも必要としています
気管切開・人工呼吸器・酸素吸入・経管栄養・痰吸引・導尿 etc…

とらのこにはどんなお友達がいるの?


葛飾区在住の                 

現在、医療的ケアを必要とするお子さま
これから医療的ケアが必要になるお子さま
医療的ケアを卒業したお子さま

              を対象にしています

疾患は様々なため知的・身体的な発達もその子によっていろいろです
「重症心身障害児」と呼ばれる子も「歩く医療的ケア児」と呼ばれる子もいます
年齢制限はありませんが、今のところ未就学児〜小学校低学年の子が多いです



とらのこってどんなことをするの?


 ・LINEグループでの情報交換・相談・雑談
 ・zoomを使用してのオンライン交流会
 ・地域施設を利用しての交流会(場所は亀有・青戸近辺を予定)
 (気候の良い時期は区内公園など屋外での開催も予定しています)
 ★ 会費等はありませんが、交流会の内容によって実費をいただく場合がございます


とらのこに入るには?


とらのこでは、一緒に活動する仲間を募集しています

日々のケアでのちょっとした疑問や不安を相談したい
医療的ケアが必要になるけど、どんな生活になるのか話を聞いてみたい
外出がむずかしいけどママ友を作る機会が欲しい

よかったら一緒にお話してみませんか?

質問や入会希望の方はメールにてお問合せ下さい
toranoko.katsushika@gmail.com