このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
0120-41-9095
受付時間:平日9:00~19:00

榊 康一

E・GROUP
代表取締役 CEO


1970年10月5日生まれ。高校卒業後、父親の経営する会社でドライバーを経験するものの、半年後に倒産。連帯保証人として800万円の借金を背負う。その後、当時日本最強の営業組織と呼ばれた朝日ソーラー株式会社の門を叩き、訪問販売のトップセールス、トップマネージャーとして数々の記録を樹立。セールスの実績を積み重ねる。2000年、「セールスで幸せを」という志のもと、株式会社エコライフを創業。趣味はゴルフで、身体を動かすことが好き。座右の銘は「敬天愛人」。

同じ目的に向かって走り続けられる人たちと働きたい。


当社は理念経営をしており、社員への経営理念の浸透を重要視しています。そのきっかけとなったのは10年前の出来事です。これまでも大切にしていた価値観はあったものの、利益を追求することに注力してしまった結果、幹部の独立や離職が生じてしまった時期がありました。改めて経営の目的を自らに問いかけたところ、「経営とは縁ある人々を幸せに導くこと」であるという考えに辿り着いたのです。

同じ目的に向かって走り続けられる人たちと働きたい。


当社は理念経営をしており、社員への経営理念の浸透を重要視しています。そのきっかけとなったのは10年前の出来事です。これまでも大切にしていた価値観はあったものの、利益を追求することに注力してしまった結果、幹部の独立や離職が生じてしまった時期がありました。改めて経営の目的を自らに問いかけたところ、「経営とは縁ある人々を幸せに導くこと」であるという考えに辿り着いたのです。

それ以降は経営理念を大きく掲げ、目的の共有と浸透を重視した理念経営に切り替えました。より理念を体現するために、「達成、情熱、挑戦、主体性、育成、貢献、万象肯定・万象感謝」という7つのフィロソフィーや実践十ヶ条という行動指針を策定し、より社員への浸透を促していったのです。これらの経営理念や当社の価値観に対する社員の理解度を深めるためにも、私は社内SNSを通じて、年間で400回以上の発信をしています。

この時にお伝えしているのは、経営理念に至った背景はもちろん、どのようにすれば経済的に豊かになれるのかという技術面の話から、仕事と家庭を両立するためのタイムマネジメントといった、社員に知っておいてほしい考え方など様々です。

実際に、私の前職の社長も3日に一度、社員に対してFAXで価値観の共有をしていました。私は毎回読み込んで理解しようとしましたし、それが今の組織人としての私につながっています。だからこそ、自らが発信して、同じ価値観で働ける環境を作ることが大切だと感じています。

理念共感型採用は、根本的な考え方や目的が同じ社員が集まります。例えば、お金を稼ぐためだけに働いている人と、社会を良くしたいという人とでは目指す方向性が異なります。もともとの価値観が違えば業務はおろか、人間関係にも影響を及ぼしてしまうことでしょう。

しかし、目的やビジョンが同じであれば、手段が異なったとしても目指すゴールは一緒です。それぞれの案を組み合わせた新たな方法が生まれて、さらなる成功を導くことができるのです。

同じ目的に向かって走り続けられる人たちと働きたい。


私自身、営業経験も何もないゼロの状態から小さな成功を積み重ねて、ここまで来ました。これから社会に出る皆さんにも今がどのような状態であろうと、成功の可能性を信じて自信をもって社会に羽ばたいてほしいと思っています。

私はいわゆる個人の私的成功は完了しました。分かりやすく言えば、もう働かなくても良い状態になりました(勿論、まだまだ働きますが…。)。これからの人生は、私の持っている能力・時間・お金は次世代のために使っていきます。自分の成長や飛躍を遂げたいとお考えの方と、一緒に働けることを心から楽しみにしています。

引用:株式会社エコライフ|「誰と働くか」が大切 アールエイチナビ(2020.02.07参照)

同じ目的に向かって走り続けられる人たちと働きたい。


私自身、営業経験も何もないゼロの状態から小さな成功を積み重ねて、ここまで来ました。これから社会に出る皆さんにも今がどのような状態であろうと、成功の可能性を信じて自信をもって社会に羽ばたいてほしいと思っています。

私はいわゆる個人の私的成功は完了しました。分かりやすく言えば、もう働かなくても良い状態になりました(勿論、まだまだ働きますが…。)。これからの人生は、私の持っている能力・時間・お金は次世代のために使っていきます。自分の成長や飛躍を遂げたいとお考えの方と、一緒に働けることを心から楽しみにしています。

引用:株式会社エコライフ|「誰と働くか」が大切 アールエイチナビ(2020.02.07参照)