長岡殿様
カレンダー '18

<長岡開府400年記念協賛プロジェクト>

元和4(1618年)年 牧野忠成公が越後長岡に入府されて以来、400年の記念すべき2018年。江戸時代の殿様12名中心にご活躍の内容や、当時の出来事などを紹介した特別カレンダーを制作いたしました。2018年一年間、じっくりと長岡の歴史に触れてみませんか?

元和4(1618年)年 牧野忠成公が越後長岡に入府されて以来、400年。
江戸時代には12人の殿様がおられました。
そのお名前をご存じでしたか?皆、「忠」がついておます。
これは、徳川秀忠公の「忠」をいただいたことに由来しています。
もちろん、殿様は皆、「只者」ではありません。どのような方々であったのか、2018年の1年間、じっくりと考えてみませんか。

本体価格 1000円(税込)

サイズ:A3(開いた状態) 297mmX420mm


制作:長岡殿様プロジェクト
販売代理店:株式会社アミューズメントファクトリー|アルケミスト

通信販売は『AMFガジェット YAHOO!ショップ店』にて行なっております。(各種お支払い方法対応)

お求めはこのボタンをクリック
『YAHOOショッピングにて販売中』

商品概要

制作コンセプト

歴史は現在を作り未来を展望する。何を残し、何を次代へ つなぐべきか、17人の殿様が示唆しています。日々の確かな営みが、明日の扉を開くでしょう。 元和4 (1618)年牧野忠成公が長岡に入府して以来、400年。江戸時代の12人の殿様だけでなく明治になってからも、初代長岡市長を勤められた牧野忠篤氏始め、立派な方々がおられ ます。 城はなくても、歴史に一番詳しい街として、内外に誇るべき長岡を、17代当主牧野忠 昌氏ともども、紹介すべく制作いたしました。


長岡殿様カレンダーに登場する17人の殿様

1月 初代牧野忠成(だだなり) 歴史の証人三つ柏と五間梯子
2月 二代牧野忠成(ただなり) きずなが築く世界の共感
3月 三代牧野忠辰(ただとき) 十分盃に学ぶ質素倹約の心
4月 四代牧野忠寿(ただなが) 先代を敬愛事業承継の日々
5月 五代牧野忠周(ただちか) 健やかな子らの成長を願う
6月 六代牧野忠敬(ただたか) 復顔工程から何が見える?
7月 七代牧野忠利(ただとし) 布袋を描いた薄命の藩主
8月 八代牧野忠寛(ただひろ) 信濃川のご機嫌に一喜一憂
9月 九代牧野忠精(ただきよ) 悠久の時を生きる文化の精
10月十代牧野忠雅(ただまさ) 黒船に対する海防掛の重責
11月十一代牧野忠恭(ただゆき) 河井継之助を重用した光と影
12月十二代牧野忠訓(ただくに) 戦災復興を祈った殿様の酒

十三代~十七代

牧野忠毅(ただかつ)傲野忠恭(再承)敞野忠篤(ただあつ) 牧野忠永(ただなが)傲野忠昌(ただまさ) 戊辰戦争後の牧野家

ご予約販売はこちらから(販売委託先:AMFガジェット Yahoo!ショップ)
会社概要
発行
長岡殿様プロジェクト
代表 中島 太郎
販売委託先

株式会社アミューズメントファクトリー

AMFガジェット Yahoo!ショップ店

会社住所
長岡市東坂之上町2-4-4 NNビル3F グループ・マネージメント創研 TEL0258-94-4200
販売委託先

株式会社アミューズメントファクトリー

AMFガジェット Yahoo!ショップ店