はじめに

砺波工業株式会社は昭和19年5月の創業以来、土木・建築の総合建設業として地域に支えられ成長してきました。この度の新社屋への移転を記念して様々なイベントを開催して、これまでお世話になった地域の皆様に対しての恩返しの機会とさせて頂けましたらと考えております。

今回の「ロボットプログラミング」は、2020年度より小学校にプログラミング教育が授業として導入されることが決まっており、特に小学生の保護者の間で関心が急速に高まっているコンテンツです。ぜひこの機会にお気軽にご参加いただき、お子様に体験して頂くとともに保護者のみなさまにもその楽しさを味わってください。

ロボットプログラミングとは?

子供たちがチームを組んでプログラミングを行い、特定のロボットを使った課題の達成を競い合うゲームです。

この、プログラミングの結果が目に見える形となって現れるロボットプログラミング教室は、子供たちが楽しく遊びながらプログラミングを学べるというメリットがあると同時に、保護者にとっても子供たちが真剣に物事に取り組む様子を見ることができる貴重な機会でもあります。

これまでの開催では、毎回受付と同時にすぐに満席となり、ロボットと悪戦苦闘する子供たちを写真やビデオで撮影するなど、参加した児童生徒だけでなく引率の保護者にも毎回大きな反響があります。保護者に対するアンケート結果でも内容に満足した方の割合が9割に達ししています。

実施概要

■タイトル:砺波工業株式会社 presents出張ロボットプログラミング教室

■開催日時:2019年7月13日(土)

■開催時間:1回目 13:00〜14:00(約60分間)2回目 14:30〜15:30(約60分間)

■開催場所:砺波工業株式会社 新社屋 1Fコミュニティスペース(富山県砺波市中央町1-8)

■開催内容:ご参加のお子様たちがプログラミングで特定のロボットを操作して課題を達成することを競います。勝利を収めた上位チームには、賞品を差し上げます。

■参加人数:1回あたり参加人数2名/組×5組×2回開催 = 20名

■開催回数:2回

■参加費:無料

■対象年齢:小学校4年生〜中学校2年生
  
■開催スケジュール(1回あたり60分の内訳)
【1回目】
13:00-13:10 開会挨拶と内容の説明
13:10-13:40 ロボットとプログラム作成(この間、引率保護者へのセールスプロモーション実施)
13:40-13:55 ロボットの動作確認とプログラム調整
13:55-14:00 表彰と閉会挨拶

【2回目】
14:30-14:40 開会挨拶と内容の説明
14:40-15:20 ロボットとプログラム作成(この間、引率保護者へのセールスプロモーション実施)
15:20-15:25 ロボットの動作確認とプログラム調整
15:25-15:30 表彰と閉会挨拶

講師プロフィール

山下 慎也
(開催上の愛称「やまちゃん先生」)
1968年富山県生まれ(49歳)
自動車部品メーカーのエンジニアとして産業ロボットを含めた生産装置の製作部門や、エンジンの開発部門を担当。現在は学習塾の経営を行う一方で、家庭学習アドバイザー兼科学実験プロデューサーとして、様々な会場で公開実験教室やロボットプログラミング教室を実施し、子供たちに「考える力」を育てる教育の実践を指導。
保有資格 中学校・高等学校教員免許(理科)・博物館学芸員資格・日本スノーボード協会認定インストラクター
株式会社学技 代表取締役
 
【運営協力】株式会社学技・株式会社ミューテーション
【主 催】砺波工業株式会社
【所在地】富山県砺波市中央町1-8
【お問合せ先】(0763)32-3105(担当 薮下・樫尾)

参加お申し込みはこちら

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信