【2021年】東京都内の
薬剤師求人が多いサイトTOP5

数ある薬剤師求人サイトの中から、自分に合った薬剤師求人サイトを選ぶ基準の1つが「自分の住んでいるエリアでの薬剤師求人の多さ」です。

本社所在地や、営業エリアなどによって薬剤師求人サイトの各エリアの求人数は変わってきます。

例えば、大阪府に住んでいるのであれば大阪府の求人を多く保有している求人サイトを選んだ方が、自分の希望に沿った求人が見つかる可能性は高くなります。

だからこそ、薬剤師求人サイトを選ぶ際には「自分の住んでいるエリアでの求人数の多さ」という基準を一つ持っておくと良いでしょう。

今回は東京都内で薬剤師求人の保有数が多い求人サイトをランキング形式でご紹介いたします。(※非公開求人は含まず公開求人のみでランキング付けをしています)


【1位】ファルマスタッフ

東京都内の薬剤師求人数:9,321件

ファルマスタッフは、全国500店舗以上の調剤薬局を運営する巨大グループ、日本調剤グループが運営する薬剤師求人サイトです。

運営元が調剤薬局を多数運営しているということもあり、調剤薬局の求人に強いのが最大の特徴です。

東京都千代田区に本社を構え、全国12箇所(札幌、仙台、大宮、船橋、東京、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、九州)に支社があり、求人数の多さは業界トップクラスです。

東京都内の公開求人数も9,321件と、2位と大差をつけています。

東京都内で調剤薬局の薬剤師求人を探すのであれば、まず目をつけておきたい求人サイトと言えます。


【2位】マイナビ薬剤師

東京都内の薬剤師求人数:8,247件

マイナビ薬剤師は、いわずとしれた転職業界大手マイナビグループが運営する薬剤師求人サイトです。

大手マイナビグループが運営しているという事から、登録するとついてくれる転職エージェントの質が安定していてハズレがない、というのが最大の特徴です。

東京都千代田区に本社を構え、全国15箇所に支社があり、全国各地の薬剤師求人を多数保有しています。

他の求人サイトで転職エージェントの相性が悪かったりした場合には、マイナビ薬剤師のように転職エージェントの質が安定している大手を利用するのがおすすめです。

東京都の薬剤師求人も8,247件とファルマスタッフに次いで多くなっています。


【3位】ヤクマッチ

東京都内の薬剤師求人数:7,115件

ヤクマッチは、スプリングフィールド株式会社が運営する薬剤師専門の求人サイトです。

他の薬剤師求人サイトに比べて新しい求人サイトですが、保有する求人数は老舗などを抑えトップクラス。

本社を東京都渋谷区に構え、東京都内の求人数は7,115件と、業界トップクラスの保有数を誇ります。

最大の特徴は、薬剤師資格を持った転職エージェントにしっかりとサポートしてもらえる、サポートの手厚さです。

薬剤師の次のキャリアに悩んでいたり、忙しく自分で求人を選ぶ時間がなかったり、しっかりと転職エージェントにサポートしてもらいたいという方はヤクマッチがおすすめです!


【4位】リクナビ薬剤師

東京都内の薬剤師求人数:6,653件

リクナビ薬剤師は、言わずとしれた人材業界の巨人、リクルートのグループ会社、株式会社リクルートメディカルキャリアが運営する薬剤師求人サイトです。

東京都港区に本社を構え、名古屋、大阪、福岡に支社があります。

また、リクルートグループの全国ネットワークによって、あらゆる求人を網羅しているという強みがあり、マイナビ同様に転職エージェントの質が安定しているというのが最大の特徴です。

東京都内の薬剤師求人も6,653件と多く、また非公開求人も多数保有しています。

公開求人数こそ4番目になっているものの、大手ならではの安心感、安定感はやはり転職者にとっては重要です。

複数求人サイトに登録するのであれば、加えたい大手求人サイトの1つです。


【5位】ヤクジョブ

東京都内の薬剤師求人数:6,524件

ヤクジョブは、クラシス株式会社が運営する薬剤師求人サイトです。

大手調剤薬局であり、全国各地に店舗展開する「さくら薬局」から派生した会社なので、調剤薬局の薬剤師求人に強みがあります。

東京都千代田区に本社を構えており、東京都内を中心に99,190件もの求人を保有し、多くの薬剤師に選ばれている求人サイトです。

東京都内の公開求人数も6,524件となっており、東京都内で調剤薬局の薬剤師求人を探しているのであればぜひ候補に入れておきたいサイトの1つと言えるでしょう。


求人数の多さはあくまで
選定基準の1つ!

求人数が多いからと言って、その求人サイトが自分に合っているサイトかは限りません。

あくまで求人数の多さは求人サイトの選定基準の1つです。

1つおすすめなのは、1つは求人数が単純に多いサイト、2つ目は自分の興味のある職種に特化しているサイト、3つ目は転職エージェントなどのサポートが手厚いサイトなど、違う特徴を持った3つのサイトに登録し、その中でサイトを横断して比較するという方法です。

求人数の多さの他にも、例えば「ドラッグストア求人に強い」「病院や製薬会社などの薬剤師求人に強い」など運営会社のバックグラウンドや持っている強みによって、求人サイトそれぞれ違った強みがあります。

今回ご紹介した求人数の多さを含め、自分がどういった職種、職場に転職したいのか、サポートの手厚さなども加味して最終的に登録する薬剤師求人サイトを選ぶようにしましょう。