東京・新宿・池袋 
国際結婚ビザ・配偶者ビザ
不許可防止ナビ
       
 __行政書士佐藤きみやす事務所

行政書士佐藤きみやす事務所 
050-3702-5670
090-2888-5670
URL:https://ikebukuro-satou-law.com/

結婚ビザ・配偶者ビザ
許可のポイント

国際結婚は結婚手続きの後、結婚ビザ・配偶者ビザを取得しないと日本で夫婦ふたりで一緒に住むことができません。
ビザ取得のポイントは大きく2つあります。
①結婚の真実性(偽装結婚でないか)
②結婚の安定性(経済的基盤がしっかりしており、安定した結婚生活が送れるか)
結婚ビザ・配偶者ビザの
許可のポイントについて

結婚ビザ・配偶者ビザの
よくある不許可理由

不許可理由の事例として、

1.交際を裏付ける写真などの資料が少ない(もしくはない)

2.交際期間が短い、実際に会った回数が少ない

3.共通言語があやしい

4.年齢差が大きい

5.日本人配偶者側が外国人との離婚を繰り返している

6.外国人側が離婚回数が多い

7.出会い系サイトやSNS、水商売などで知り合う

8.日本人側の収入が少ない

9.外国人が以前のビザ申請の申請内容と今回の申請内容に食い違うところがある

などが挙げられます。

結婚ビザで不許可にならないための「質問書」の書き方

結婚ビザで不許可にならないためには、「質問書」の書き方が非常に重要です。

質問書の内容ですが、

「「初めて知り合った時期」「場所」「結婚までのいきさつ」「紹介をうけたか」「紹介をうけたいきさつ」「離婚歴があるか」などが聞かれます。

①質問書冒頭

「この質問書は、提出された申請の審査のために答えていただくものであり、重要な参考資料となります。回答に当っては、各質問について該当するものにチェック☑又は◯印で囲み、その他記入部分については、できるだけ具体的に、かつ詳しく記載・説明願います。なお、事実に反する記入をしたことが判明した場合には審査上不利益な扱いを受ける場合や罪に問われる場合がありますので,提出前に,記載内容に間違いがないことを確認し,ご自身で署名してください。」

と書いてあります。

「質問書」は日本人側の責任で書く書類になります。8ページの最後には日本人側の署名(自筆)をします。

②質問書の1ページ目

1ページ目はお互いの身分に関しての質問になります。 「申請人」の欄は外国人配偶者の国籍と氏名、性別を記入します。 「配偶者」の欄は日本人側の情報を記入していきます。氏名とフリガナを書きます。国籍は「日本」と記入します。自宅の住所は住民票どおり記載します。電話は自宅と携帯です。同居者がいる場合は同居者の氏名を書きます。自宅は持ち家か借家か記入し、借家の場合は家賃と間取りを書きます。「職場」は日本人側の職場の情報を記入します。社名と職務内容、所在地、会社の電話番号、就職年月日を書きます。取得した在職証明書と内容を合わせてます。

③質問書の2ページ目←ここが肝!!

結婚に至った経緯(いきさつ)についての質問です。 まず、初めて会った時期と場所を書きます。ただし、年と月までは思い出せても、日までは思い出せない場合は、月まで記入してください。 次に、初めて会ってから結婚届を出すまでのいきさつを、年月日を示しながら詳細に記載していきます。通常はこの行数では不十分ですので、ここでは「別紙のとおり」と記載し、A4の用紙を別に用意して、出会ってから結婚までのいきさつを説明します。詳しいほどよいので、できるだけ2枚くらいにまとめてください。

 

④質問書の3ページ目

紹介者の有無について記入していきます。紹介者がいない場合は「無」にチェックをいれればそれでよいのですが、「有」の場合は、詳しく記載します。

結婚相談所や結婚仲介会社からの紹介の場合は会社名を記載していきます。

個人の場合も詳しい記入が必要です。

また、夫婦間の会話で使われている言語について、日常的に夫婦間で使っている言語とお互いの母国語を書いてください。最近はここの審査も厳しくなっています。

 

⑤質問書の4ページ目

3ページ目の続きです。

 ⑥質問書の5ページ目

結婚式を行った場合はその詳細を記入します。6番はお互いの結婚歴についてです。7番は申請人(=外国人)のこれまでの日本への渡航歴です。8番は日本人が相手国への行った渡航歴についてです。7,8ともパスポートの日付を見ながら記入してください。

 

⑦質問書の6ページ目

外国人配偶者が過去に退去強制されたことがあるかの質問です。有にチェックをした方だけ詳細を記入してください。

 

⑧質問書の7ページ目

お互いの親族について続柄、氏名、年齢、住所、電話番号を記入します。父・母・兄弟姉妹について記載してください。

 

⑨質問書の8ページ目

最後に日本人側が日付と署名を自筆でします。

 

質問書を補完するために、交際時の写真やメールやSNSのやりとりなどを、必要に応じてそれらの証拠書類や、さらにくわしく顛末を書いた申請理由書を提出して結婚の真実性を証明していくことになります。

お客様のご感想

東京都江戸川区A様
(中国国籍の方とご結婚、以前ご自分で申請し不許可)

年齢差28歳。
親切に手続きや必要書類についてアドバイスをいただきました

以前自分で申請して不許可になり、不安でした。

先生のアドバイスに従い、25枚の写真やSNSの履歴をプリントアウトして提出しました。

正直ここまでやらなくてはならないのかと驚きましたが、無事許可になり、今は幸せな結婚生活を送れています。

東京都新宿区B様(ベトナム人配偶者とご結婚)

疑問に丁寧に答えてもらい、安心してまかせることができました

私が勤務する会社に技能実習生として実習していたのが現在の妻です。付き合い始めて1年してからプロポーズしましたが、知り合いから「技能実習生との結婚はビザの関係で難しい」と言われ、佐藤先生のことを知り、相談しました。

先生のアドバイスで、技能実習が終了してから結婚し、一度妻はベトナムに帰国して呼び寄せることになりました。泣く泣くしばらく別れました。つらい日々でしたが、先生が励ましていろいろアドバイスをしてくれました。技能実習終了後にすぐ呼ぶと、何年か経ってからより審査が厳しいという話で夜も寝られないほど不安でしたが、先生のアドバイスする書類を収集し、ビザの許可が下りた時は、恥ずかしながら泣いて喜びました。本当にありがとうございました。

ビザについて
詳しくお知りになりたい方は
弊事務所本サイトへgo!

https://ikebukuro-satou-law.com/
弊事務所が選ばれる
7つの理由

結婚ビザ専門の行政書士があなたの結婚ビザを強力サポート。
結婚ビザ取得で、あなたの結婚を絵に描いたもちにせず、幸せな結婚生活を実現させます!

1 月間30件の相談や申請の経験から来る質の高い申請書・理由書作成(2018年許可実績97%)2 ご自身での申請不許可からのリカバリー実績多数「不許可からのリカバリー請負行政書士」

2 初回(30分目安)相談無料・分かりやすい説明でご不安を解消

3 正直さ~「出来ないものを出来る」とその場限りの適当な嘘を言いません

4 面談や理由書作成などの重要業務を代表自ら実施の責任体制

5 明朗会計(料金表をご覧ください)と不許可の際の返金保証(条件については料金表をご覧ください)

6 事前予約で土日祝や平日遅い時間も対応。都内やさいたま、川越地域出張可能(応相談)

7 適正価格。現在池袋オフィスオープン感謝価格でご対応(毎月先着5名様)

 

わかりやすい明朗価格と返金保証でお客様とリスクを共有いたします。ぜひお気軽にご相談ください。

※出入国在留管理局の結婚ビザの審査期間は通常1~3か月です。
※スピード申請できない場合もございます。これは、難案件で、じっくりと本腰を入れて、本気で理由書作成に取り組まなければならないケースなどです。
当事務所について

代表からご挨拶

東京都のお客様の結婚ビザに関するご不安解消のために、全力で

はじめまして。ビザ専門行政書士の佐藤きみやすです。中央大学法学部を卒業し、公務員や大手行政書士事務所勤務を経て独立しました。

外国人が日本で暮らすための在留資格(配偶者ビザ、就労ビザ、経営管理ビザ、永住、帰化等)のサポート業務を中心に行っています。

日本人と外国人の方が結婚しても、結婚ビザの申請が不許可だと一緒に暮らすことができません。ビザの更新が不許可だと問答無用で母国に帰らなくてはいけません。大変な事態です。

 

ビザの許可が出ないとお二人のせっかくの幸せな結婚生活が「絵に描いた餅」になってしまうのです。まさに「たかが手続き、されど手続き」です。

弊事務所ではお客様の状況などをヒアリングし、プロとして判断して証拠書類を収集し、必要書類を作成してビザ申請をしています。

許可の通知を受け取ったときのお客様の笑顔とお客様からの「ありがとう」という言葉が、私どもの業務のやりがいです。

事務所は池袋駅から徒歩7分です。

事務所名 行政書士佐藤きみやす事務所
所在地 東京都豊島区池袋2-17-8 
天翔池袋西口ANNEXビル 412号
電話番号 050-3702-5670
090-2888-5670
代表者 佐藤公保
職員数 代表+1名
事業内容 ビザ申請(結婚ビザ、就労ビザ、家族滞在、永住、帰化、留学、経営管理)、補助金申請、事業計画作成・銀行融資・外国人材採用コンサルティング
所在地 東京都豊島区池袋2-17-8 
天翔池袋西口ANNEXビル 412号

事務所へのアクセス
(東京都内出張可能です。ご相談ください)

行政書士佐藤きみやす事務所

tel 050-3702-5670
tel 090-2888-5670

■電話受付
 10:00~20:00 ※日祝除く
■mail
 info@kebukuro-satou-law.com
■アクセス
 JR池袋駅、東武東上線池袋駅から徒歩7分


ご契約までの流れ

STEP

1

お問い合わせ

お見積まで無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。電話にて簡単なヒアリングをさせていただくこともございます。

STEP

2

ご面談

ご面談にて、ご相談内容の詳細をお伺いします。

STEP

3

ご提案・お見積り

お客様に合わせたサービス・料金プランをご提案します。案件により追加料金が発生するケースもまれにございます。それらも併せてご説明いたしますので、ご安心ください。

STEP

4

ご契約

ご提案内容にご満足いただけましたらご契約となります。全力で業務に取り組みます。

STEP

1

お問い合わせ

お見積まで無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。電話にて簡単なヒアリングをさせていただくこともございます。

よくある質問

Q
料金はいくらぐらいが相場ですか?相談のみでも料金はかかりますか?
A
通常9~11万円くらいが多いようです。詳細は本サイト
https://ikebukuro-satou-law.com/
をご覧ください
Q
申請までどのくらい時間がかかりますか?
A
当事務所への書類がすべてそろってから通常2週間ほどで入国管理局に申請いたします。
Q
許可までどのくらい時間がかかりますか?
A
ケースにより異なりますが、1~3か月くらいが多いです。
Q
料金はいくらぐらいが相場ですか?相談のみでも料金はかかりますか?
A
通常9~11万円くらいが多いようです。詳細は本サイト
https://ikebukuro-satou-law.com/
をご覧ください
東京出入国在留管理局
基本プラン料金について
  • 配偶者ビザの取得(国外から呼ぶ場合)85,000円
  • ビザの変更(結婚・離婚)国内在住の場合85,000円+印紙税
  • ビザの変更(観光ビザから配偶者ビザ)100,000円
  • 母国語書類の日本語への翻訳 実費
  • 難易度加算(他の事務所での不許可からの申請など)上記+30,000円
中国大使館