なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる

【東京】ピアス穴あけのおすすめ人気クリニック8選
安くて安心のクリニックを徹底解説

最近は男女年齢問わず、ピアスをあけている人が多く見られるようになりました。
また、雑貨屋さんやドラッグストアでピアッサーが販売されているのもよく目にしますし、値段もお手頃なので市販のものであけている方が多いのかもしれません。

自分であける際には緊張してしまって、うまく穴があかない・曲がって斜めにあけてしまった・狙っていた位置からずれた、などさまざまなリスクがあります。
友人にあけてもらうとしても、不安定な動作や、不衛生な状態でピアス穴あけを行うことで炎症を起こしてしまう可能性があります。

またピアススタジオなどのお店であけてもらおうとする方もいるかと思いますが、人体に穴をあける行為は医療行為なので医療機関以外での穴あけは違法行為になってしまいます。

個人やピアススタジオなどでピアス穴あけをした際にトラブルで多いのは、細菌の感染による化膿と金属アレルギーによる皮膚炎です。

せっかくピアスをつけるなら、綺麗に可愛く・かっこよくつけたいですよね。ならば、
安全かつ丁寧にあけてくれて仕上がりも綺麗!もしものトラブルにも対応してくれるクリニックでのピアッシングをおすすめします。

今や、病院でのピアス穴あけは決して金額がとても高いわけではありません。
この記事では、なぜクリニックでの穴あけがいいのか・おすすめのクリニックについて等の紹介をしていきます。

ピアスはクリニックで開けた方がいい理由3つ

1.仕上がりがきれいだから



市販のピアッサーは、雑貨屋さんやドラッグストアなど身近なところで、比較的安価に売られていて手が届きやすいかと思います。自分でやったけど曲がって入ってしまったり、狙った位置ではなくバランスが変だったり...失敗&ただただ痛い!というのは誰しも嫌だと思います。


医院では、医師と看護師が「どこら辺がいい〜?」と一緒に考えてくれるので、初めてピアスホールをあけたいけどどこにあけようか...と迷っている方にはとてもおすすめです。
複数あけたいなと思っている方・もう既にあいているけど増やしたいという方にも、ベストな位置の相談に乗ってくれる方がいるというのは、とても心強いですよね!

また、医院の方は何人もの患者さんのピアスホールをあけてきている、いわば”プロ”です。
経験値が違います!その分全体的なバランス・デザインを考えて的確なアドバイスをくれます。

なにより、ピアスホールを作る器具というのが、我々がお店で見かけるピアッサーではなく”ピアスガン”という、その名の通り銃のような見た目の持ちやすい安定感のある器具を使ってあけてくれます。
市販のものだとフラフラ揺れてしまう様な薄い形をしていますが、ピアスガンはしっかりと固定されますし、医師や看護師が施術してくれるので安心してジッとしているだけでOKです!

(軟骨など)場所によっては、ニードルで開ける場合もありますが、これは自分で行うのはピアッサーで綺麗に狙い通りの場所にあける以上に至難の技です。

思い通りに素敵なピアスをつけて過ごしたい!という思いがあるのであれば、綺麗に仕上がる医院での施術をオススメします。

2.ピアスの穴を開ける事は、医療行為になるから


ピアスの穴開けは、簡単なように思えますがれっきとした”医療行為”です!

体に穴を開けるという表現にすると少し怖い気もしますが、実際耳たぶや軟骨、へそピも健康な皮膚を突き破って体内にピアスという異物(体は異物として反応します)を通し、また反対側の皮膚まで到達させるのです。

”開けるだけなら簡単だ”と思う方もいらっしゃるかと思いますが、ピアスホールの完成までにはさまざまなトラブルが考えられます。
[きちんと消毒ができていなかった・傷口が炎症してしまい化膿してしまった。金属アレルギーが出てしまった]
あんなに小さな穴に思えますが、体内を通すということは傷を作っている状態なのでとてもデリケートです。

そのため、金属アレルギーのある方は市販のピアッサーではなく、必ず医療機関受診しましょう。
医療機関でピアスの穴あけをする際には問診票or同意書などに”金属アレルギー”に関する記述があります。
”金属アレルギーがあると自覚している方”はきちんと伝えましょう。
また、”アレルギーかどうかわからない方”は病院で相談すればパッチテストを受けさせてくれるところもあります。

金属アレルギーのあるなしに関わらず、全員金属アレルギーの出ないとされている素材の”サージカルステンレス”が使われたピアスを使う医療機関も多いです。

まずは、絶対に病院で開ける!ということを肝に銘じておいてください!

3.アフターケアの方法や流れを教えてもらえるから



市販のものであけた後、どうしますか?一応消毒が必要そうだから消毒スプレーでもかけておくか!でも傷口が炎症している気がする...とどうしたらいいのかわからずきっとネットで検索することと思います。

医院でピアスをあけてもらう時には、「ファーストピアスは〜〜してください」「この軟膏を塗ってください」「何かあったらいつでも電話してください・受診してください」とファーストピアスをあけた後の流れを説明してもらえます。ピアスホールができるまでどれくらいかかるんだろう...そんな疑問や、その他わからないことがあればその場で教えてくれますし、処方してくれる軟膏も市販のものとは違い医薬品なのでしっかりと傷口であるピアスホールに効果を出してくれます。

たとえば、右側の耳たぶにあけたけど右下にして寝ていた(圧迫していた)・引っ掛けてしまったということはなきにしもあらずだと思います。それで傷ができてしまった・腫れてしまったなどの際には、あけてもらった医院に行けばしっかりと見てもらえますし、その時にベストな診断を医師の方からしてもらえるでしょう。

医院は最後までしっかりとアフターケアをしてくれますし、”カルテにOO日にピアスホールをあけたと記載”もあるのですぐに話がわかってもらえます。

自分一人では不安なピアスの穴あけ。医院であけて貰えば最後までしっかりと見届けてもらえますよ!

良いクリニックを選ぶポイント3つ

施術後のサポートがあるクリニック
上記でも述べましたが、体に穴を開けるので体の防衛反応として(傷を治そうとする反応)体内を通るピアスの周りに皮膚ができるまでは、ある程度の時間がかかりますし、その間はとても不安定な状態です。

その間に、傷口がうまく消毒できていなかったり、寝る時・髪の毛を洗う時・着替える時などにひっかけてしまい、日常のさまざま状況でせっかくあけたピアスホールを傷つけてしまうことがあります。
多少の炎症ならまだしも、化膿してしまう可能性もあります。
また”炎症”や”化膿”以外にもピアストラブルはあります。

たとえば、[ピアスホールの腫れ・かぶれ・ホールが安定しない・硬いしこりができる]といったさまざまなものがあります。

なので、医院であけた時にホールをあけて終わりではなく、その後もフォローしてくれる医院がベストと言えます。
ホールが安定するまでは個人差がありますが結構な時間がかかります。

その期間、何か不安なことがあった際にしっかりと診てくれる医院であけてもらっておくことが綺麗なピアスホールを完成させることへの何よりの安心材料でしょう。
きちんとした技術・知識を持っている
クリニックのHPに”ピアスの穴あけ”の項目がある医院であれば、ピアスの穴をあけ慣れた医師または看護師が施術してくれるので安心できるでしょう。

さまざまな医院のサイトを見にいくと、ピアスの穴あけの症例数を載せているものもあります。

また医療機関なので、みなさん医療知識をしっかりと持っています。
あける位置のアドバイスから、滅菌された医療用ピアスで痛みや出血の心配がないようにしつつ、慣れているため短時間で施術が終わり、またその後どうしたら良いのかといったフォローをしてくれます。

経験数は自分で自分の耳にあけている人と比べ物にならないほどでしょう。
技術や知識、それらについては各クリニックのサイトを比較し記載されている内容や、無料カウンセリングに行って実際に聞いてみるのも良いでしょう。
適切なピアッシングツールを使っている
一番ピアッシングに適している方法は”ニードル’を使ったものだと思います。
市販のピアッサーより、多くの医院で使用されているピアスガンの方が安定感がありますが、その二つとニードルの違いについてまずは説明していこうと思います。

ピアスガンというのは、あけてもらう時に”ガシャ”という大きな音がします(耳元なので尚更ですが)
それは、市販のピアッサーのように勢いをつけて耳に穴を開けているのです。
ファーストピアスと、他のその後自由につけれるピアスには違いがあり、ファーストピアスは皮膚を貫通させるために先が尖っています。他のピアスは先は尖ってしません。

その先の”尖り”にピアスガンよりもニードルの方が良い理由があります。
ニードルとピアッサー(ピアスガンも同様)では針の形状が異なり、ニードルはピアッサーに比べて綺麗に安定しやすいピアスホールを作ることができるからです。

ピアッサーは針がニードルと比べると平らで、私が上記で述べた音がうるさいというのは勢いよく皮膚を押すように穴を開けているからです。

一方ニードルは非常に鋭利で、皮膚をくりぬくような形で穴を開けるため、美しいピアスホールを形成することが可能です。


軟骨は耳たぶよりも硬いので、軟骨はニードルであける医院がほとんどだと思いますが、耳たぶもニードルで処置してくれる医院がベストでしょう。
(軟骨ピアスは局所麻酔をしてくれ流ところがほとんどだと思うので、痛みは麻酔のおかげで緩和されます)
適切なピアッシングツールを使っている
一番ピアッシングに適している方法は”ニードル’を使ったものだと思います。
市販のピアッサーより、多くの医院で使用されているピアスガンの方が安定感がありますが、その二つとニードルの違いについてまずは説明していこうと思います。

ピアスガンというのは、あけてもらう時に”ガシャ”という大きな音がします(耳元なので尚更ですが)
それは、市販のピアッサーのように勢いをつけて耳に穴を開けているのです。
ファーストピアスと、他のその後自由につけれるピアスには違いがあり、ファーストピアスは皮膚を貫通させるために先が尖っています。他のピアスは先は尖ってしません。

その先の”尖り”にピアスガンよりもニードルの方が良い理由があります。
ニードルとピアッサー(ピアスガンも同様)では針の形状が異なり、ニードルはピアッサーに比べて綺麗に安定しやすいピアスホールを作ることができるからです。

ピアッサーは針がニードルと比べると平らで、私が上記で述べた音がうるさいというのは勢いよく皮膚を押すように穴を開けているからです。

一方ニードルは非常に鋭利で、皮膚をくりぬくような形で穴を開けるため、美しいピアスホールを形成することが可能です。


軟骨は耳たぶよりも硬いので、軟骨はニードルであける医院がほとんどだと思いますが、耳たぶもニードルで処置してくれる医院がベストでしょう。
(軟骨ピアスは局所麻酔をしてくれ流ところがほとんどだと思うので、痛みは麻酔のおかげで緩和されます)

ピアスの穴開けおすすめクリニック8選!!

品川美容外科

・ファーストピアスに”シルバー”と”ゴールド”の2種類用意(イミテーションの石付きもあり)
・金属アレルギー体質の方にも安心なチタン加工のピアスも用意されている
・1年間の保障がついており、当院医師が診察により再治療を必要と判断した場合、無料で再治療が可能

料金:両耳 5,330円(1年間の保障付き)
施術時間:数分程度
施術部位:耳たぶのみ(その他特に記載なし)
注意事項:洗髪…2日後(術後の洗髪については、ドクターの指示に従ってください)
未成年者は保護者の承諾が必要(保護者と一緒に来院or保護者の署名と捺印がある承諾書を持参)

東京中央美容外科

・都内には13箇所もの医院があり行きやすい
・サイトに耳やへそのピアス穴開け整形のお悩み相談一覧がある
・ピアス穴あけの症例写真が豊富(TCBの症例写真

料金:14,980円~29,800円
施術部位:耳たぶ・その他(特に記載なし)
注意事項:浜松院ではピアスの穴あけは行われていない。

聖心美容クリニック

・医療用のファーストピアスを使うので感染を防ぎ、穴の安定しやすくなる
・医療用のピアッサーで専門スタッフが施術を行う

料金:両耳で6,300円(金ではなくチタン製を希望すると10,500円)
施術部位:耳たぶ・軟骨・ボディ
注意事項:通常の耳ピアスに対応するファーストピアスの用意はあるが、それ以外の部位はピアスを持参する必要がある。

東京美容外科

・東京美容外科が行うピアッシングは、痛みも出血もなく一瞬で終わる
・自身であけることが難しいへそピアスや分厚い耳たぶの方でも、簡単に穴を開けることが可能
・カウンセリング後に当日施術可能

料金:耳たぶ1箇所 8,800円
施術部位:耳たぶ。軟骨部・へそ
注意事項:軟骨部・へそピアスの場合はピアスを持参。他院修正は各料金の20%アップで対応。
未成年者は保護者の承諾が必要(保護者と一緒に来院or保護者の署名と捺印がある承諾書を持参)

美容皮膚科渋谷フェミークリニック

・初診料・カウンセリング料・再診料が無料
・”ピアス+脇脱毛”のセットプランも用意されている
・料金にはアフターケアの軟膏代が含まれており、へそピアスの穴あけの場合は料金に麻酔代が含まれている
・化膿や炎症が起きてしまった場合、ファーストピアスの代わりに、「シリコンチューブ」を使用。
(やわらかい素材でできたチューブを通すことで、ピアスの穴を塞ぐことなく肌トラブルへの対応が可能)

料金:耳たぶ1箇所 5,500円〜(アフターケアの軟膏代込み)
施術部位:耳たぶ・耳軟骨(ヘリックス)・へそ
注意事項:未成年者は保護者の承諾が必要(保護者と一緒に来院or保護者の署名と捺印がある承諾書を持参)

銀座よしえクリニック

・初めての穴あけには、アレルギーを起こしにくいチタン製かプラスチック製のファーストピアスを使用
・ファーストピアスだけでなく、ファーストピアスが外れた後のセカンドピアスもチタン製やプラスチック製のピアスを取り扱っている
・ボディピアスのみ希望があれば麻酔することも可能
・カウンセリング当日に施術可能(当日の状況にもよる)

料金:耳たぶ1箇所 6,600円
施術時間:10分程度
施術部位:サイトへの記載なし(料金欄にも片耳・両耳の金額しか書かれていないが、ボディピアスについて言及されているので要確認)
注意事項:未成年者は保護者の承諾が必要(保護者と一緒に来院or保護者の署名と捺印がある承諾書を持参)

明治通りクリニック 

・耳に負担をかけないロングタイプのファーストピアスが用意されている
・へそ用・鼻用・舌用などピアッシング部位によってデザインされたファーストピアスが用意されている
・平成28年度の穴あけは13,594件と実績が豊富であり、他院でのピアストラブルの手術症例数は117件との記載もあるため他院やピアススタジオでうまく開けられなかった...といった方にもおすすめできる
・金属アレルギーの検査もでき、金属アレルギー対応の製品も用意されている
・サイトに掲載されているピアスの穴あけに関する情報が豊富で、100種類以上のピアッサーから選べる(サイトにはさまざまなデザインのピアスが掲載されており、誕生石が入っているもの・ハートや星形などもある)
・通常予約(午前・午後)と時間指定予約ができる

料金:耳たぶ 1,650~(選ぶピアスによって料金が異なります)
施術部位:耳たぶ・耳軟骨(ヘリックス・トラガス・インダストリアル等)・ボディ(鼻・口・舌・眉・へそ)
注意事項:時間指定予約は順番ではなく時間で決まった時間に施術してもらえるが、別途3,300円かかる。
未成年者は保護者の承諾が必要(保護者と一緒に来院or保護者の署名と捺印がある承諾書を持参)

渋谷美容外科クリニック

・厚生労働省の認可を受けた、医療用具として完全滅菌されたピアスを使用している
・最初のファーストピアスはアレルギーをもっとも起こしにくいチタンまたはシリコン製のものを使用し、アレルギー対策もバッチリ
・学生でもクリニックに行きやすい様にと価格が安いこともおすすめポイント
・医療用のチタン製トラガス専用ピアッサーも準備されている
(トラガスに穴あけをすると、電話の時に邪魔になったりしますが、新しく導入されたトラガス専用ピアッサーは、金属アレルギーの方にも安心の純チタン製ピアスでできています。)
・”ピアス+脇脱毛”などのセットプランも用意されている

料金:耳たぶ1箇所 4,400円(学生なら3,960円)
施術時間:
施術部位:耳たぶ・耳軟骨(ヘリックス・トラガス・インダストリアル等)・ボディ(鼻・口・舌・眉・へそ)
注意事項:軟膏代・麻酔代など別途費用がかかる。
未成年者は保護者の承諾が必要(保護者と一緒に来院or保護者の署名と捺印がある承諾書を持参)

ピアス穴あけに関するQ&A

自分でピアッサーを使ってピアスの穴開けをしてはいけない?
◯ピアスの穴あけ方法
1.ピアッサーを買ってきて、自分でやる
2.ピアッサーを買ってきて、友達にやってもらう
3.ピアスを売っているお店でやってもらう
4.医療機関でやってもらう

まず「1」に関して、よほど器用な人でなければ自分ではやらない方が良いと思います。斜めに穴を開けてしまう可能性が高いです。

「2」に関しては、実際にはよく行われている行為だと思いますが、お友達は違法行為に問われてしまう可能性があります。ピアスの穴あけは医療行為に当たりますので、医師の管理下で行わなければいけません。
同様な理由から「3」もお勧めできません。ただし、販売店と提携している医療機関を紹介される場合には問題ありません。

やはり、ピアスの穴あけは皮膚科や形成外科などの医療機関で行ってもらうのが一番安全です。ピアストラブルへの対応も万全だと思います。(あおよこ皮膚科クリニックより引用)


◯ピアスは自分であけると感染(化膿)したり、位置が左右ずれたりしますので、病院での処置をお勧めします。(聖心美容クリニックより引用)

ピアス穴の手入れは何をしたらいいの?
◯ホール完成まで、耳の薄い人で約4週間、厚い人で約6週間ほどかかります。
入浴前に1日1回、ピアスの軸の部分に消毒用のジェルを塗り前後にスタッドを動かします。
洗顔後はスタッドを前後に動かし消毒用ジェルを洗い流します。
最後に水分を綿棒で拭き取ってください。(明治通りクリニックより引用)

◯クリニックが説明するアフターケアの方法を必ず守ってください。(東京中央美容外科より引用)

◯皮膚が炎症を起こす恐れがあるため、施術当日から数日間は飲酒や激しい運動などを避け、医師の指示にしたがいアフターケアを継続しましょう。また、炎症を抑えるためのお薬を処方しております。施術後2週間は毎日塗布をするようお願いしております。(渋谷フェミークリニックより引用)
ピアスの穴が安定しないときの原因には何がある?

◯腫れたり、膿んだりしてしまうとピアスが邪魔となりケアがしづらくなります。
だからといってピアスの出し入れをくり返すと、傷がひろがってしまい治りにくくなります。
生傷の状態でピアスを長い間つけていると金属アレルギーの原因ともなるので早期に正しい治療を受けましょう。

金属製のピアスからシリコン製の柔らかいリングピアスに置き換えます。
そして、それぞれの症状に合わせて消炎剤や抗生物質等を併用し、リンパ液や膿をホールから絞り出していくと、ピアスホールを塞ぐことなく治療できます。(明治通りクリニックより引用)

◯ホールの完成には人間の治癒能力に頼っているため、そう簡単にすぐ安定させることはできないと思います。最後の質問ですが、ホールが完成する前に取り外したりしていると、ふさがったり、ホールができるのが遅くなってしまうと思いますよ。(聖心美容クリニックより引用)

ピアスの穴が安定しないときの原因には何がある?

◯腫れたり、膿んだりしてしまうとピアスが邪魔となりケアがしづらくなります。
だからといってピアスの出し入れをくり返すと、傷がひろがってしまい治りにくくなります。
生傷の状態でピアスを長い間つけていると金属アレルギーの原因ともなるので早期に正しい治療を受けましょう。

金属製のピアスからシリコン製の柔らかいリングピアスに置き換えます。
そして、それぞれの症状に合わせて消炎剤や抗生物質等を併用し、リンパ液や膿をホールから絞り出していくと、ピアスホールを塞ぐことなく治療できます。(明治通りクリニックより引用)

◯ホールの完成には人間の治癒能力に頼っているため、そう簡単にすぐ安定させることはできないと思います。最後の質問ですが、ホールが完成する前に取り外したりしていると、ふさがったり、ホールができるのが遅くなってしまうと思いますよ。(聖心美容クリニックより引用)


もっと口コミ・評価が知りたい人は美容整形の窓口へ


ピアス穴あけが受けられるクリニックがたくさんあって選べない!という人は、「美容の窓口」でクリニックの評判や口コミなどをチェックしておきましょう!

通いたいエリアや料金やメニューの比較もできるので、エリアや予算に合わせたクリニックがカンタンに選べますよ!美容整形の窓口でピアス穴あけの施術を比較してみましょう!

まとめ

この記事では、良いクリニック選びのポイント・おすすめのクリニック・ピアス穴あけにまつわるQ&Aについてご紹介しました。

金額やクリニックに用意されているファーストピアスのデザイン、施術件数やクリニックの雰囲気など、お気に入りのクリニックが見つかったら、まずは気軽にカウンセリングから受けてみてはいかがでしょうか。

また、以前ピアススタジオであけてトラブルになっている場合にも対処してくれるクリニックもありますので、自分の今の状況にあったクリニックを見つけていただければと思います。

ピアス穴のあける位置の相談にものってもらえて、アフターケアもしっかりしてくれる、そんな安心できるクリニックでのピアッシングをおすすめします!

基本的に、未成年の方への施術は保護者の同意書が必要となっているので事前にサイトからダウンロードして記入し持参するか、同伴してもらう必要がありますのでご注意ください。

クリニック選びで迷う人に向けて、おすすめのクリニックを厳選して紹介しているので、ぜひ参考にしてもらえたら幸いです。