土岐市で解体工事、解体屋、業者の無料見積りならお任せ

解体工事を適正料金で依頼するためのポイント

解体工事の見積りで気になることは金額です。費用が安いという理由だけで解体業者を選択すると、後々トラブルになる可能性もあります。見積書に記載されている項目をしっかりと見ておかなければなりません。見積書では、解体工事を行う範囲・面積、地中に埋められている杭の撤去費用、工事にかかる日数や解体作業に携わる作業員の数、ブロック塀や井戸など外構物の処置、解体に使用する重機や廃棄物を捨てるための車両の搬入費用、解体で発生した廃棄物の処分にかかる費用や、残置物の処分費用を確認しておくようにしましょう。見積書の工事内容を見てこれらの項目でわかりにくい事があれば質問や確認をしておかないと後で追加費用が発生する可能性もありますので注意しましょう。解体工事を行う範囲・面積の単価表示について調べたい場合、「坪単価」で調べることが出来ます。「坪単価」とは1坪当たりの費用を示します。工事費用は解体する敷地の範囲が広くなるほど高くなります。ですから、1坪当たりの費用がどれぐらいかかるか解れば費用の計算がしやすいです。また解体現場に搬入できる車両や、重機の大きさや、解体で手作業を要する個所の量がどれほどあるかによって工期が変わったり、作業員の人件費が増えたりしますので、解体する現場の状況によっても解体費用は異なります。不要になったタンス家具や衣類や布団などの生活用品といった残置物が解体する建物にたくさんあるほど解体の総額費用は増えます。残置物は通常の解体工事の見積もりには含まれません。残置物の処分を解体業者に依頼した場合、ダンプカーの手配や、残置物の処分により5万円以上の処分費用がかかります。ご自身でごみ処理処分をして捨てることで、残置物の費用を減らすことができます。さらにブロック塀の外壁など、外構物の撤去も解体費用に影響します。外構物をどうするか見積時に「何をどこまで壊すか?」を解体業者に伝える事です。最後に費用はかかりますが、「近隣トラブルを避ける手段」として、解体する場所の隣地の建物の内外部を家屋調査士に診断してもらえば、解体工事による周辺の影響を診断してもらう事が出来ます。これにより何か問題が発生した場合は、解体業者の保険で事後対応をしてもらうことができます。また、建物を解体するときは害虫が敷地外に飛び出でてきますので、建物を解体する前に害虫駆除を行う事で、工事の際に害虫による近隣とのトラブルを未然に防ぐことができます。解体現場が通学路などの場合は、危険防止の為に警備員が常駐することで近隣の安全対策ができます。

解体工事を考えた時に最初は、業者選びから始める方がほとんどだと思います。この業者選びですが、慎重に選ぶことが大切です。その理由は、建設業界は未だに悪徳業者が多々存在するからです。運悪く悪徳業者に依頼やトラブルを避けるために、業者選びに必要な確認事項と悪徳業者の手口をご紹介します。最初に解体工事を行うためには、建設業許可証か解体工事業登録が必要です。これは工事を依頼する業者が保有すべき最低条件と言えます。依頼する業者がこれらを保有しているかどうかは、許可証や登録番号を掲示してもらうか都道府県に業者について問い合わせをするとその業者の概要を得る事が出来ます。この時に登録していないことが発覚した場合は依頼をやめてください。また、廃棄処理法や建設リサイクル法を順守した状態で解体工事を行っているか確認してください。その他に解体業者の中には、全国で工事を請け負っている業者があります。規模の大きい業者なら安心と思う人もいるかもしれませんが、実はこのような業者には注意が必要です。その理由は、引き受けた解体工事を地元の業者に下請けさせるだけの業者も存在するからです。意思疎通が実際に工事をする下請け業者までに伝わりにくく、トラブルの原因になる可能性があります。また、下請け業者に依頼する事で工事費が高くなるトラブルが発生する可能性もあります。支払方法についても確認が大切です。ほとんどの業者は、工事後の一括払いや、工事の進捗状況に沿った分割払いを提案が多いです。工事前の一括払いや工事の進捗よりも支払を要求する場合は注意が必要です。解体業者を選ぶ時は、1社だけでなく複数の業者を検討するようにしてください。1社だけだとその見積もりが妥当であるか判断し辛いです。損や悪徳業者ににつかまらないように、複数の業者から見積もりを作成してもらい比較してください。面倒に思う方もみえるかと思いますが、自社の利益のみを考えて違法行為をする業者は、残念ながら存在します。運悪く悪徳業者に依頼した場合、金銭面の損だけでなく罰則という損害を被る恐れがあります。そのようなことにならないように業者選びには時間をかけて探してください。
住んでる家の建て替えを検討したとき、業者探しから工事完了までどれくらいの日数がかかるのか気になるかと思います。業者探しから工事完了までの期間は、一般的に2か月程度で短く見積もっても1か月程度は必要です。なお、工事条件が良く申請が不要な物件の場合には、業者探しから工事完了まで2週間以内に収められることもあります。最初に業者探しに1か月ほど必要になります。インターネットや電話帳などで候補の業者を見つけて見積もりを出してもらいます。見積り依頼をしてから現地を見てもらうまで1週間程度、現地を見てもらってから見積りが手元に届くまで3日程度、検討期間で1〜2週間程度が目安となります。業者が繁忙期の場合には、余分な期間が掛かることも念頭に置いておくと良いです。満足行く条件であれば請負契約を交わします。契約後、家財の片づけと着工前の手続きを行うために、2から3週間ほど必要になります。また、延べ床面積80㎡(約24坪)以上の建物を壊す場合には、建設リサイクル法の届出が着工1週間前までに必要です。また、工事中道路を利用する場合の道路許可申請等もこの時期に行います。更に、工事中にご迷惑をお掛けする近隣の方へのあいさつも行って下さい。着工前の手続きが完了後工事を行います。30坪程度の木造住宅であれば、工事に掛かる期間は7〜10日程度です。坪数や天候等によっても工期は変動します。条件が揃えば短期での検討も可能ですが、トラブルなくかつ有利な条件で業者選択を行うためには、ある程度のゆとりを持って腰を据えて検討することが大切です。できれば早めから準備を行っていただくと良いです。

土岐市で建物、家屋、倉庫などの解体工事の無料見積りはお任せ下さい。

解体工事の相場、価格、値段、金額を知るために見積りを取るのに大事なのは、どの解体屋、解体業者に問い合わせをするかです。問い合わせた解体屋、解体業者が優良、安心、信頼できる業者なら、トラブルや苦情、クレームが起こる確率がグッと低くなります。

安心と信頼で実績20年の解体工事コンサルタントにお任せください

・建設業、施工管理士、ユンボーなどの重機の操作ができる車両系建物機械運転技能講習修了証などの免許、資格、許可があるから 安心してご依頼下さい。・明朗会計でわかりやすい料金体系にしております。解体工事がはじめてで相場がわからず他社との見積り比較をされたい方も 多いかと思います。当社では見積りを安く、できるだけ最安値、激安価格になるように努力いたします。 見積り価格の内訳もわかりやすくし、追加費用もありません。・建物は、あらゆる工作物、構造物、木造、木造瓦葺き、木造モルタル、木造カラーベストぶき、トタン、鉄骨、鉄骨造、鉄筋、 コンクリートにご対応します。・各種届出に必要な書類、契約書、申請、提出書類、登録などサービス内で行います。・ライフラインの撤去手続きも、電線の撤去は電力会社へ撤去工事の連絡をいたします。水道の閉栓の手続きも行います。 ガスに関しましては、LPガスの際は着工前日までに回収手続きをお願いいたします。・解体する建物内に、処分に困る荷物、不用品が残ってしまう場合はご相談ください。・現地調査、現場調査が終了後、2~3日ほどでお見積りをお届けいたします。・スケジュールが合わない場合、契約書を郵送して契約を交わすことも可能です。・熟練の管理者、作業員が徹底した安全管理を行います。・振動、騒音対策、粉じんの対策を行うためにしっかりと養生を行います。・ご近隣、ご近所の方へのご挨拶、クレーム時の対応など的確に行い、住民の方へのご迷惑を最小限にいたします。 また、工事の概要、工期を細かくお知らせし解体工事により与えてしまうかもしれない被害について事前にお伝え致します。・予定した工期が遅れないように期間内で作業を完了するように勤めます。・自然災害の影響や、地中埋設物の発見などで工期延長がやむを得なくなる場合がありますが、都度ご連絡させていただきます。・敷地外の清掃作業もきちんと行い、作業員の服装や態度についても清潔、誠実を保つようにしっかりと管理いたします。・建物の解体自体が済んだあと、敷地内のゴミを回収して前面道路と共に清掃し、整地作業(敷地の凸凹を滑らかにするため重機で 踏み固めていく作業)・お支払いが終わりましたら、建物滅失登記に必要な滅失証明書をお渡しいたします。

解体工事のポイントについて

・解体工事は建設リサイクル法(建設工事に係る資材の再資源化に関する法律)の法律に則って工事を行わなくてはなりません。・解体工事の契約は、不動産の契約と同じように2部契約書を用意し1部ずつ保管します。・延床面積が80㎡以上の解体工事は、工事開始の1週間前までに工事の概要を記した書類を管轄の役所へ届出なくてはなりません。・敷地内に廃棄物などの運搬車や重機などが入る十分なスペースがない場合、長時間道路を使用することになるため 道路使用許可申請が必要となります。・最後に必ず行わなくてはならないのが建物滅失登記登録です。建築物を解体したら、その土地から建物がなくなったことを法務局 の登記簿に登記しなくてはなりません。この滅失登記は申請義務となっていて、解体工事後一か月以内に行わなくてはならず、 申請を怠った場合には10万円以下の罰金が課せられることになります。解体工事についてのご案内解体工事というのは建物を壊すだけではなく、その工事に伴う書類作成、届出、申請、許可などもできなければいけません。また解体工事をする前の準備として、その解体工事はどんな現場環境でどんな行構造物でどれだけの工期がかかるかなどの予測、またはアスベストなどの起こるかもしれないリスクを想定する力も必要になってきます。工事に伴い、ご近隣の方へ一時的にご迷惑をおかけしてしまうわけですから、ご近所への適切な配慮、対応も求められてきます。解体工事完了後も、廃材の処分も適正に行らなければお客様にもご迷惑がかかります。解体工事を行う会社は、ただの解体屋ではなく社会的責任をもって解体から処分までの一貫したネットワークを持ち合わせているところが責任を持っておこなうべき事業です。当社は創立20年になります。まだまだ若い会社ですが、解体業にお携わる会社として社会的責任を持って、安全に丁寧にそして適正に解体事業を展開し、お客様に感謝される会社へと成長していきたいと思っております。電話をかける(Click)LINEを送る(Click

解体工事についてのご案内

解体工事というのは建物を壊すだけではなく、その工事に伴う書類作成、届出、申請、許可などもできなければいけません。また解体工事をする前の準備として、その解体工事はどんな現場環境でどんな行構造物でどれだけの工期がかかるかなどの予測、またはアスベストなどの起こるかもしれないリスクを想定する力も必要になってきます。工事に伴い、ご近隣の方へ一時的にご迷惑をおかけしてしまうわけですから、ご近所への適切な配慮、対応も求められてきます。解体工事完了後も、廃材の処分も適正に行らなければお客様にもご迷惑がかかります。解体工事を行う会社は、ただの解体屋ではなく社会的責任をもって解体から処分までの一貫したネットワークを持ち合わせているところが責任を持っておこなうべき事業です。当社は創立20年になります。まだまだ若い会社ですが、解体業にお携わる会社として社会的責任を持って、安全に丁寧にそして適正に解体事業を展開し、お客様に感謝される会社へと成長していきたいと思っております。