北海道初の飲むソフトクリーム

ありそうでなかった持ち運びにも便利な飲むソフトクリーム。北海道のアイスクリームの原料に初めてバターを入れた新しい発想の、濃厚で後味すっきりに仕上がりました。


ソフトクリームの決め手となる生乳は


十勝幕別町「田口畜産」の生乳を100%

田口畜産の基本理念、働く人の環境を整備し、牛にストレスをかけない施設や作業体系を優先としているところに感銘を受け、田口社長とのご縁によりちゅーちゅーソフトの原料を提供頂いております。


ご縁を通じて民家を会社&工場に


こう見えて本社と工場です。
帯広市内から20分ほど車で走ったところに、当社があります。十勝山脈が一望できる景色の良いところで周りは多くの畑があるところにポツンと。これもご縁を頂いたのがきっかけで、知り合いに使っていない民家があるのでそこを工場にしたら?というお声がけを頂きました。一見、普通の民家のように見えますが、中に入ると事務所と、ちゃんとした工場があります(笑)当然ですが保健所の許可はきちんと頂いて運営しております。

一本一本丁寧に


全て手作業です。
フリーザーという機械から出てきた出来立てのソフトクリームを、専用の充填機で一本一本丁寧に詰めています。飲んでいただける方の笑顔を思い浮かべながらやりがいを感じる瞬間です。

みんなが笑顔になるちゅーちゅーソフトを全国にお届けしたい

専務取締役兼工場長 緑川 由佳子

十勝鹿追町の酪農業に嫁ぎ、私は小さなカフェを敷地内で始めました。人との繋がりを大切に、来ていただくお客様に、3年ほど試行錯誤の上で出来上がった美味しくて濃厚なソフトクリームを提供する日々。ソフトクリームを食べたお客様の笑顔を見るのが喜びでした。

しかし、冬場になるとソフトクリームの専門店としては、お店をクローズ。冬場にソフトクリームはさすがにあまり食べていただける機会が少なくなります。お客様に喜んでいただいている自慢のソフトクリーム。どうしたら冬でも提供できるのか考えました。

そんな時、ソフトクリームをそのまま詰めるものはないものかと…そうだ!チアパックに詰めよう!そうすれば冬でも暖かい場所で食べられるし、しかも手も汚れなくて持ち運びもできる。

こうして、北海道初の飲むソフトクリーム、その名もちゅーちゅーソフトが誕生しました。

代表者から一言

代表取締役 板倉 利男

「食の十勝」帯広の地から厳選された食材から、ちゅーちゅーソフトが誕生しました。私たちは健康で安全な食品を世に送り続け、地域のため、ご愛用の皆様のため、誠意努力して参ります。何卒、皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。感謝。

会社概要

会社名 株式会社 十勝ミルクピース
代表取締役 板倉 利男
設立年月日

2019年8月5日

所在地

〒089-1184
北海道帯広市別府町零号47番地3
(帯広市内から車で20分)

TEL/FAX

0155-59-2223

E-mail

tokachi.milkpeace@gmail.com

TEL/FAX

0155-59-2223

卸に関するお問い合わせ

お電話でもお気軽にお問い合わせください
0155-59-2223
受付時間 9:00〜18:00(日祝を除く)
「十勝ミルクピース」では、取扱商品の店舗様への卸販売を行っております。お取引のご要望、お問い合わせは下記のフォームよりお問い合わせ下さい。