上町地区・池尻地区・上馬地区・下馬地区・経堂地区・太子堂地区・若林地区のトイレの水漏れやつまりを修理いたします!世田谷地域管内の水のトラブルは、おまかせ下さい!

『こんなときどうしたらいい?!』
水が流れていかず、水が流れっぱなしの場合、落ち着いて、トイレ内の止水栓を閉めてください。
水が溢れるのを止めることが出来たら、水が少しずつ減っていくか確認してください。
水が減ったらバケツで水を足してください。何度か繰り返しても流れの改善が見られない時は、即お電話ください。

料金表へ

『水がちょろちょろ流れている。水道代は大丈夫だろうか?』
便器に水が流れ続けているときは、タンクのふたを開けて中を確認してください。
重いので落とさないよう気を付けてください。
水の流れを止める弁の役割をする部品に不具合があるか、何かに引っかかってうまく閉まっていないだけかもしれません。
部品が破損していて交換が必要でしたら一度ご相談ください。

料金表へ

『タンクに穴があいている!?』
タンクの下が濡れていたり、水溜りが出来ていてもタンク本体にひびや破損があるとは限りません。
タンクへの給水管や便器までの配管から漏れているケースが考えられます。パッキンの交換で済む場合もあります。
またタンクに水滴が付いていて床が濡れている場合は結露が原因であることもあります。

料金表へ

『和式のトイレを洋式にリフォームしたい!』
和式のトイレが使われている家屋のトイレを洋式にリフォームいたします。
トイレのスペースや既存の設備に応じてトイレのタイプをお選びいただけます。
改装するトイレの状況にあった提案を差し上げて丁寧にご説明いたします。ご相談ください。

料金表へ

世田谷地域管内の上町地区・池尻地区・上馬地区・下馬地区・経堂地区・太子堂地区・若林地区の各町域に対応しております(一部対応できない場合もあります)

【上町地区】
桜1丁目/桜2丁目/桜3丁目
世田谷1丁目/世田谷2丁目/世田谷3丁目/世田谷4丁目
弦巻1丁目/弦巻2丁目/弦巻3丁目/弦巻4丁目/弦巻5丁目

【池尻地区】
池尻1丁目/池尻2丁目/池尻3丁目/池尻4丁目(1~32番)
三宿1丁目/三宿2丁目

【上馬地区】
上馬1丁目/上馬2丁目/上馬3丁目/上馬4丁目/上馬5丁目
駒沢1丁目/駒沢2丁目

【下馬地区】
下馬1丁目/下馬2丁目/下馬3丁目/下馬4丁目/下馬5丁目/下馬6丁目
野沢1丁目/野沢2丁目/野沢3丁目/野沢4丁目

【経堂地区】
経堂1丁目/経堂2丁目/経堂3丁目/経堂4丁目/経堂5丁目
桜丘1丁目/桜丘2丁目/桜丘3丁目/桜丘4丁目/桜丘5丁目

【太子堂地区】
三軒茶屋1丁目
太子堂1丁目/太子堂2丁目/太子堂3丁目/太子堂4丁目/太子堂5丁目

【若林地区】
三軒茶屋2丁目
若林1丁目/若林2丁目/若林3丁目/若林4丁目/若林5丁目

よくある質問

Q
タンクの水がとまらないんですが、応急処置でできることはありませんか?
A
まずは止水栓(元栓)を閉めて下さい。その後はタンクの中のくさり、フロートバルブ(ゴム玉)の調整、ボールタップの調整が必要になりますので、一度お電話でご相談下さい。
Q
蛇口が水漏れしています。すぐに対応してもらえるのでしょうか?
A
当社は日本全国に1900拠点を設けております。お客様から最寄りのスタッフが最短最速で駆け付けさせて頂きます。詳しいお時間につきましては、お問い合わせ下さい
Q
夜遅くですが来ていただけるのでしょうか?
A
一番早くお伺いできるスタッフを手配いたします。
緊急のトラブルでない場合は、早めにご連絡いただけるとご希望の時間帯にお伺いいたします。
※夜間・深夜・早朝は時間帯によって追加料金をいただきます。お電話の際にお問い合わせください。
Q
トイレのお手入れ方法を教えてください
A
便器をきれいに保つため、日ごろのお手入れが一番です
外側はぬるま湯か中性洗剤を使って拭きましょう。内側の黒っぽい汚れは、酸性のトイレ専用洗剤をまいてしばらく置き、柄付きブラシで洗いましょう。
内側の黄ばみには、還元系漂白剤(※)をトイレットペーパーに浸して貼り付けしばらく置き、柄付きブラシで洗いましょう。
(※)酸素を奪って色素を除去する漂白剤
Q
トイレ(便器)の交換は行って頂けますか?
A
トイレ(便器)の寿命は10年と言われています。JBRでは、トイレ(便器)の老朽化、故障による交換を全てお受け致します。
最新の節水トイレや温水洗浄便座付トイレへの交換も受け付けています。

トイレ修理を急いで依頼したいときは安心の業者へ

水道屋さんの選択はどこにしてよいか困りますね。どうしても家の中やお店、会社の中に作業員が入って、水漏れ・詰まりに対処する作業や水栓交換などの作業を行いますし、トイレやキッチンといった最もプライベートなエリアに作業スタッフが立ち入ります。またときには、床下にもぐって点検したり、壁をめくって水漏れや詰まりの発生原因を確認する場合もあります。「信頼」できる業者かどうかが大事な点になります。

トイレ修理-水が止まらない

流した後、トイレタンクのレバーは元に戻っているのに、便器に水が流れ続けて水漏れしているということで、便器修理のご依頼をいただくことがあります。水漏れの原因としては、トイレタンク内に設定した量の水が入ると、水の供給が停止する仕組みに故障や不具合があることが考えられます。一度トイレタンクの蓋を開けてチェックするとよいでしょう。トイレタンク内の水位が適当であるときは、水を止める弁の部分の故障や不具合の可能性があります。水を止める弁の働きをするゴム製のフロートゴム玉の劣化が原因の場合は、取り替えることで水漏れが直ります。フロートゴム玉の交換は自前でもできますが、困難なときや、そもそもトイレタンクのフタを開けるのが難しい場合は、お気軽にお電話ください。

トイレ修理-給水管から漏れ

トイレタンクなどの水漏れで便器修理をお願いしようとすると、料金はとても気掛かりです。当社では確実な料金は、実際に状況を確認できる現場でのお見積りでご案内させていただいております。お電話での状況の聞き取りの際に、概算費用をお伝えすることはできますが、あくまでも参考の金額とお考えください。作業前に必ず、作業内容の説明とともに適正なお見積りをお示しいたします。お見積りまでは費用はかかりませんし、作業後に説明がないまま追加料金が請求されるようなこともありません。弊社では適正で正確な料金を作業前にお示しすることが、お客様の安心につながると考えています。現地にて作業内容・料金・お見積りについて水回りのプロの作業員と納得がいくまでご相談ください。