噂のトイレトレーニング法を
あなただけに伝授します

子供のトイレトレーニング、1日で完結する方法があります。
「いつかできる日がくるし」「1歳じゃまだ早い」「うちはのんびりでいい」そう考えて現実逃避してはいませんか?
 

子供のトイレトレーニングってどうやるの?

お母さんは毎日が忙しい。
家事に外遊びに、自由な時間も取れない。
さらにこれから、長い期間をかけてトイレトレーニングもしなきゃいけないなんて・・・・正直面倒。
いろんなトイレトレーニングの本やおもちゃも買ってトイレへ誘導しているけど、なかなかトイレへの興味がわかないみたいで困っている。
本当に入園までに出来るようになるか不安。
2歳もすぎたし、毎日トイレに行かせているわ。トレーニングパンツも買って、トイレトレーニングもしているし。
でも、漏らしてばかりで、一向にできる気配がない。時間も、手間も、労力もかかる一方・・・
一時期はおしっこができていたのに、また失敗が多くなって後戻り・・・
イライラも溜まって子供に怒鳴ってしまう。
これが毎日続いて「いつかできるからいいっか」って諦めちゃう・・・育児に行き詰ってるように感じちゃう

きっかけはママ友とのふとした会話でした

私には娘がいます。初めての育児で、当時、娘は1歳になったばかりでした。

とある日、妊婦教室で出会った5人のママさんたちと、子連れでお茶会をしていました。
それぞれのママの子は同じく1歳~1歳半。

成長の話しから、日常の育児の話し。その中で出てきた話題が、
「トイレトレーニングってどうすればいいの?」
という、ふとした疑問でした。

すると

ママ友の一人が、「私は7ヶ月のころからやってるよ」と誇らしげに笑っていました。

話しを聞くと、腰が据わったころから補助便座に座らせ、おむつ替えのついでにトイレトレーニングをしているというのです。

おしっこはでたことがないけど、とにかく便座に座らせる。トイレで完璧に出来るようになるまで続けるのが、普通のトイレトレーニングだそうです。
スタートが早ければ早いほどに、オムツはずれが早い、という考えで頑張っているようでした。

出産という山場を越えたと思ったら、赤ちゃんの慣れない育児にてんやわんや、1歳になって歩き始めて大変さも増したところ、これからトイレトレーニングという課題が増えることのめまいと、

ママ友がすでに「トイレトレーニングを始めている」焦りと
「え、そんなに早くからやんなきゃいけないの?!」というショックがありました。

正直、そんな大変なことやりたくない。
本当に、そこまで時間をかけて、1年も2年もかけて、ましてや赤ちゃんのころから取り組むことなの?という疑問がありました。


そこで、すでに育児が落ち着いた4人のお子さんを持つ先輩ママさんに相談してみたのです。

「お子さんたちはトイレトレーニングってどうしたのですか?」
キラリ!と先輩ママさんの目が輝きました。

「1日でおむつをとる方法があるのよ、教えてあげる」
その方は4人のお子さんのおむつを、全員1歳8ヶ月ではずした、というのです。
しかも、夜もその1ヶ月~2ヶ月で出来るようになったと。

内容は簡単で、それで出来るの!?と目から鱗でした。
それは、「早くからやる」「長期でとりくむ」「子供のペースで」というこれまでの常識とは全く異なるものでした。

1歳8ヶ月までパンツにすることもせず、トイレに座ることもせず、何のトイレトレーニングの準備もなくスタート。
大事なのは、1日子供と二人きりの時間を持つだけです。



そして、いよいよ1歳8ヶ月
トイレトレーニングを始めた日の午後・・・
トイレでおしっこが成功したのです。
本当に信じられませんでした。

オムツを外さなければいけない理由

オムツなんて、そのうち誰でも外れるじゃない!
と思っている方に、現代のリアルな育児の現状をお伝えします。
 
 

実際に通常のトイレトレーニングを試みた方の例

  • オムツが取れなくて入園を見送った人もいるくらい、オムツ外しは日常に影響する。
  • 紙おむつは経皮毒という危険
  • まだできない、というイライラの毎日になりうる
  • 下の子(赤ちゃん)と同時に上の子のおむつ替えをするのが大変
  • 子供が7ヶ月のころからトイレに座らせてトレーニングを頑張ったけど、2歳をすぎてもいっこうにできる気配がない
  • オムツが取れなくて入園を見送った人もいるくらい、オムツ外しは日常に影響する。

トイレトレーニングを早く終えるメリット

POINT
1

幼稚園に慣れるのも早かったです

娘も3歳で幼稚園入園になりました

集団生活も初めてで、お友達関係や生活に慣れるのも変化の毎日で大変そうです

ただ、トイレは初日から一人で行けるようになり、まだクラスでは漏らしてしまう子や、オムツの子がいる中、娘は「一人でいけたんだよ」と得意げでした。トイレで手間取らなかった分、お友達関係をスムーズに楽しめたようです。

子供も私も先生にも褒められ、うれしいです。

POINT
2

紙おむつは経皮毒という危険

紙おむつは有害な「石油オムツ」と言われています。これは有害化学物質です。

吸水ポリマー、この吸収剤の薬品の毒が
赤ちゃんの肌から体の中へと吸収してしまうと
色々な害があると言われています。

皮膚から毒が入り込み、
体に悪影響を及ぼす危険性が懸念されるというわけです。

そして口から入る毒より
皮膚から入る毒の方が、
体外へ排出するのに時間がかかるそうです。

女の子は子宮があるため、男の子より吸収される個所が多いのです。

とはいえ、紙おむつは外出、家事を楽にしてくれてとっても便利、出来る限りトイレを早く覚えてもらって、紙おむつを使用する年齢を下げるのが最善と思います。

POINT
3

トレーニングは2歳から?いえいえ、2歳は完了期です。

自我の発育が始まる2歳、言葉も達者になり、「いや!」という意思を表していきます。
2歳でいざトイレトレーニングをしようと苦戦する方は、まず子供とのバトルから始まり、疲れてしまいます。

まだお母さんのいうことを素直に受け入れてくれる2歳になる前か、2歳半までが、スタートにお勧めです。

POINT
4

子供に任せるという選択は危険

「そのうち出来るからいいよね」と思っていませんか?
保育園のお子さんや、2人目育児なら上の子たちを見てトイレへの憧れが強くなる可能性はあります。
そう、「トイレへの興味」が出ればの問題です。もし興味が3,4歳まで湧かない場合、いつまでたってもトイレは出来ません。
子供にトイレが出来なった責任は一切ありません。お母さんが指導していくべき課題なのです。
どこかでトイレの課題と向き合う時が必ず来るのです。
POINT
5

まだできない、というイライラの毎日になりうる

3歳前後、入園前の年齢になると、周りに少しずつおしっこが出来てきてパンツになる子が増えてきます。

ほおっておいた結果、自分の子はまだ何もできていない。頑張ってるのに成功しない、オムツでしたことを教えてくれるのにトイレでしてくれない。
そんな周りとの比較のイライラが募り、これまでのんびりしていたトイレトレーニングにも焦りが出てきてしまいます。
POINT
6

下の子のオムツ替えと同時になると大変

赤ちゃんを授かって妊娠中に子供のオムツがえをするのも大変になってきます。さらには出産、下の子がベビーの時期に2人同時にオムツ替えをする人も中にはいます。
そんな時期にトイレトレーニングをゆっくりするというのはとてもじゃないけれど大変なことです。

このトイレトレーニングは短期で終わります。下の子が赤ちゃんのうちがチャンスでもあり、妊娠中に終わらせることは次の育児を楽しむためにもぜひやるべきでしょう。

※短期集中とはいえ、出産後2ヶ月はお母さんの体に負担になるので、トイレトレーニングより体の回復を優先しましょう。

【成功率90%以上!】
驚異のトイレトレーニング法

驚異のトイレトレーニング法
1日で出来るトイレトレーニング



今なら発売記念 ¥9,800円 !!!

この機会に購入したい方はコチラ

販売元プロフィール

心音リラックスルーム
代表 小島あすか

動画販売 さくら電子

1983年東京生まれ 2児の母
育児関係の悩み、心のコーチングに関わり10年
子供達向けの表現活動もする。

ご利用のお客様へ

※信頼をもって動画商品をお伝えしていますが、すべてのお子様のトイレトレーニングを保証するものではありません。個人差があることをご了承ください。

※内容で不明な点、動画が見れないなどのトラブルは、お問い合わせへご相談ください。