今日中にお金を借りたい!本日中に融資を受けられるキャッシング業者

  • 今すぐお金が必要!
  • 今日中に融資を受けたい!
  • 本日中にどうにかしたい!
どうしよう...と困っている方に物凄くおすすめの情報をまとめてみました。

思っているよりもキャッシングでお金を借りている方は多く、最大30日間無利子で貸し出してくれる業者も存在します。

上手く活用して上手な生活をしましょう。

おすすめのカードローンはこちら

今日中に融資を受けたい場合どうしよう!

  • クレジットカードやローンの返済日なのに金欠
  • 急な出費のせいで金欠
  • 出費が重なり過ぎてしまって給料日まで食事もできない

このように、色々な原因で「絶対に今日の内にお金を借りたい」という事態に陥ることは誰にでも起き得ます。

そして、今日の内にお金を準備する手段は主に以下のとおりです。

  • 家族に借金をする
  • 友達に借金をする
  • カードローンを使う

知人に借金をすることができない場合は、カードローンを使ってお金を作るのがおすすめです。

20歳以上でないと実現しにくい手段ですが、アルバイトやパートなどであっても安定した給与があるのであれば、銀行に融資してもらえる可能性が高いです。

おすすめのカードローンはこちら

なぜ今日中ならキャッシングで融資を受けるのが良いのか?

まず、審査をパスしないとカードローンでキャッシングをする事はできません。

ですが、この査定さえクリアすれば、今日の内にお金を借りられますし、それに際して保証人も担保もいりません。

以下のカードローン企業は特に「すぐにお金を借りたい」という方に推奨されています。

こちらの企業は「即日融資」に土曜・日曜・祝日にも対応しています。

おすすめのカードローンはこちら

今日中本日中に借りれるおすすめのキャッシング業者

プロミス

・土日&平日午後2時以降でもネット契約でその日の内に借りられる(ATMを使う)
・30日間無金利(1回目に限る)
・ネット上で申込み~融資までの手続きが完結する

※「ウェブ明細利用」と「メアド登録」が必須

公式サイトはこちら

アコム

・ネット契約が平日午後2時50分までに完了すれば、その日のうちに借りられる
・業界で一、二を争う融資限度金額
・ネット上で申し込みOK

どうしてもプロミスやだって方はアコムがオススメですね。

公式サイトはこちら

申し込みから実際に融資されるまでの所要時間

消費者金融:最短1時間程度

消費者金融の場合は、最短で1時間~1時間半程度です。

ネット上でカードローンの申し入れをすると10分前後で済みます。
そこから、査定が最速20~30分程度で終わり、メールかTELで査定結果が知らされます。

この査定をパスすると意思確認(このまま処理を進行して良いのか否かの確認)が成され、依頼者がこれに同意したら、書類の提示に進みます。

書類としては「身分証明書」が必須であり、まれに「収入証明書」も必要になるケースがあります。

そして、保証企業が依頼者の「在籍チェック」や「書類チェック」をして、問題がなければ査定をパスした事になり、限度内でお金を融資してもらうことが可能となります。

ややこしそうに見えるかもしれませんが、実質「ネット申込」と「書類提示」だけでOKであり、他の処理は全部消費者金融や銀行が進めてくれるので非常に簡単です。

合計でも10~15分程度の作業時間にしかならない事でしょう。

ネット上で済ませたい場合は平日午後2時までに!

近年は「ネット完結(スマートフォンだけで契約が済む)」に対応している金融機関が大半となっていますから、タイミングさえ合えば勤め先や自宅に居ながらお金を借りることができます。

ただし、このネット完結を利用するのであれば、振り込みが行える午後2時までに全部の過程を済ませる必要があるので覚えておきましょう。

おすすめのカードローンはこちら

今日だけでできる融資成功率アップ方法

「査定ナシで融資してほしい」というのが大半の方の本音だと思いますが、それでお金を貸してくれるのは「闇金」だけですから覚えておきましょう。

ですから、査定は必ずあるものと考えて下さい。

「査定がナシで貸しますよ」と言う企業は間違いなく怪しいので、すぐに縁を切りましょう。

大丈夫です。「今日だけで行える査定合格率アップ方法」が色々あります。

同時申込はNG

申込を複数の金融機関に対して同タイミングで行う事を「同時申込」と言います。

これをしたくなる気持ちは分かりますが、金融機関側に「返すつもりがない」と見做されてしまう事になるので絶対に止めましょう。

同時申込を行うと「申込ブラック」扱いになり査定をパスする事が絶対に不可能になりますし、クレジットカードの新規作成が半年間行えなくなってしまいます。

ですから、申込は必ず1企業だけに対して行うようにしましょう。

申告の際に嘘をつかない

一般的に「虚偽申告」と呼ばれています。

金融機関は依頼者の信用情報を確認しつつ、査定を進めていきます。

この信用情報には、氏名・性別・誕生日等の基本的な個人情報は当然として、これまでの借入歴やリアルタイムでの借入状態までもが余さず記されています。

ですから虚偽申告をすれば絶対にばれますし、問答無用で査定で弾かれます。

カードローンに限らず、お金の貸し借りは「信用」が全てです。嘘はつかないようにしましょう。

消費者金融の方が査定で合格しやすい

消費者金融の方が銀行のカードローンよりも利息は高くなりますが、そのぶん査定が緩くなります。ですから、査定に不安がある場合は消費者金融を選ぶことをおすすめします。

特に「すでに別の金融機関にお金を借りている」など、厳しい状況にある場合は、最初から消費者金融を頼った方が良いと思います。

それ以外の査定要素

  • 年収:総量規制制度がありますから、借りたい金額の最低300%程度の年収はほしいです
  • 勤め先:有名会社であるほど高ポイントとなります
  • 勤続年数:長いほど「稼ぎが安定している」とみなされます
  • 雇用方式:評価が高い順に、正社員>派遣・契約>パート・アルバイト>個人事業主・自営業
  • 住居区分:持ち家の方が高ポイント
  • 居住年数:長いほど「生活維持力がある」とみなされます
  • 連絡先:固定電話があるとややポイントが上がりますが気にするほどではありません

これらの要素も自分自身でチェックしておきましょう。

その上で審査を通過できないと感じるのであれば、消費者金融を利用することを推奨します。

ちなみに全体的に見て、消費者金融の場合は査定合格率は40~50パーセント程度。銀行カードローンの場合は20~25パーセント程度となっています。

やはり、明らかに消費者金融の方が査定をパスしやすいと言えますね。

今日(本日)融資を受けたいならおすすめはプロミス

プロミスの融資速度は業界随一!

当日中にお金を借りたいのであればプロミスが一番良いと思います。

ちなみに、申し入れは24時間行えます。

「30日間無金利」サービスがプロミスには存在しますから、それを使って30日以内に完済すれば金利がゼロとなります。

○主な無金利サービス
・プロミスの30日間無金利サービス

※ネット明細利用登録とメアド登録が必須です

特徴:三井住友フィナンシャルグループの子会社で都市銀行の子会社になりました。利用条件は20~69歳の安定した収入のある方で、年収や職種を問わず申し込み可能です。

初回のみ30日間無利息、最短一時間融資が最大の特徴!!

公式サイトはこちら

在籍確認なしで当日中に借りたい場合は?

大半の査定の際では「当人が申告した勤め先で実際に働いているか否か」を調べる、いわゆる「在籍チェック」が成されます。これは基本的にはTELで行われます。

保険企業の判断次第で在籍チェックをするか否かが決まりますから「在籍チェックは勘弁してほしい」と頼んだとしても意味はありません。

ですが、カードローン企業の中には在籍チェックの方法を選べるところも存在します。

そして、例えばモビットの場合はTELではなく、書類(給与明細、社会保険証など)提出だけで在籍チェックを完結させることが可能です。

「TELではない在籍チェックで当日中にお金を借りたい!」という場合はモビットを使うことをおすすめします。

おすすめのカードローンはこちら

スムーズにお金を借りる裏ワザ

査定が最も混み合うのは金曜日の夜です。そして申込が夕方以降になってしまえば、実際に借りられるのが翌日以降になってしまう可能性が高くなります。

「タイミング的に危ういけれどどうしても当日中にお金を借りたい」という場合は「ネット申込を済ませてから→その企業にTEL連絡をする」という手順を踏んでみましょう。

今回紹介しているカードローン企業は、どこも当日融資に全力を尽くしています。ですから「急いでいる!」と言えば、査定の順番を早めてくれる場合があります。

この際、最初にネット申込をしておく理由は「大半のカードローン企業は、ネット申込から先に査定を行うから」です。

土曜日・日曜日・祝日でも当日中に借りられるか?

土曜日・日曜日・祝日は休業(当然査定もしていない)のカードローン企業もあるので気を付けましょう。

例えばみずほ銀行カードローンなどがそれに該当します。

カードローン別の土曜日・日曜日・祝日の査定対応

  • みずほ銀行カードローン 不可
  • 三井住友銀行カードローン 可
  • SMBCモビット 可
  • プロミス 可

消費者金融に分類されるモビットとプロミスは、土曜日・日曜日・祝日にも借りられる事や、査定自体の迅速さなどが魅力であると言えます。

銀行カードローンに分類される三井住友銀行カードローンですが、SMBCコンシューマーファイナンシャルグループのプロミスが保証企業となっていますから、平日でなくても査定をしてくれます。

「当日中」「土曜日・日曜日・祝日」という条件がある場合は、モビット、プロミス、そして三井住友銀行カードローンなどを利用するようにしましょう。

今日中に融資してほしい場合に気を付けたいこと

融資してもらえる可能性を上げるべくベストを尽くしましょう。

○現住所と身分証明書の住所が一致しているかどうか確かめる

異なっていると、書類の再提出を要求されて当日中に借りられなくなる可能性が高いです。

○借りられる金額は50万円程度までが限界だと考えておくべき

50万円オーバーの融資を受けるには収入証明書の提示が必須となります。

(銀行カードローンでも消費者金融でも同様)

身分証明書だけならばすぐに用意できるでしょうが、収入証明書はなかなかすぐには準備できないと思います。

ですから、当日融資を希望するのであれば50万円程度までにしておくのが無難です。

○各金融機関の情報をきちんと調べておきましょう

金融機関ごとに、サービス内容や利息が異なるのは当然の事です。

そもそも、業者次第では即日融資サービス自体がない場合もあります。

また、ことに銀行カードローンにおいては「最短当日査定」と宣伝されていながらも、実際に借りられるまでには5~7日以上要するという場合も少なくありません。

ですから、どうしても当日中に融資してほしいという場合は消費者金融を頼るのが一番です。

プロミスの融資速度は業界随一です。ですから、当日中にお金を借りたいのであればプロミスが一番良いと思います。ちなみに、申し入れは24時間行えます。

公式サイトはこちら