煩雑なメールと無駄な会議を4割削減

ビジネスチャットツール tocaro(トカロ)

無料トライアルを申し込む

御社のメール業務、1日延べ3時間かかっています。残業代30%減らせるかも?

メールを読んだり、その中から資料を探したりする作業だけで1日の半数以上を占めるといわれています。

管理職などの決済者は、一日に膨大な量のメールが来ています。それに加えて定例会議などを合わせると、情報共有という作業だけで仕事の大半を費やしていることもしばしばです。

緊急性の高い情報が簡単に、かつどこからでも確認が出来て、さらにメンバーへすぐに連絡できる手段があればと思ったことはありませんか?

部下の3人に2人が社内のメールコミュニケーションに無駄を感じているって知っていましたか?

ビジネスでチャットなんて必要か?メールで十分ではないか?
そんな声をよく聞きます。
実は面白いデータがあるんです。

「会社においてコミュニケーションの課題感じているか?」というアンケートに対して、課長以下の社員の6割が”課題を感じている”と回答しています。
その一方、部長以上の役職者は3割程度しか課題を感じていませんでした。
※マイナビニュース調べ

決済者が感じていない課題でも、実は現場では大きな問題となっているのかもしれません。

時間・場所を問わず、1行のテキストから複数のファイルやタスクをチームで簡単に共有できる

tocaro内の全ての情報は1つの画面から一瞬で検索でき、欲しい情報がすぐに見つかる

プロジェクト用や部内情報共有用などグループの作成は自由自在、またそれらを簡単に管理できる

tocaroなら

  • ちょっとした質問から重要なビジネス資料まで、メールよりも素早く・簡単にメンバーへ共有できる
  • 0(ゼロ)にできないメールも、メール連携機能で社内の関係者とはtocaro、お客様とはメールというスタイルで仕事ができる
  • スマートフォンでも同じ画面が見れるので、外出先で資料を確認し、すぐにメンバーへ指示できる