キャッシングでお金借りる豆知識


キャッシングでお金借りる際の審査

今ではほとんどの人がクレジットカードを持っているので、買い物だけではなくキャッシングでお金を借りている人も多いと思います。

ですが、キャッシングというのは当然誰でも利用してお金を借りれるものではないのです。 たとえクレジットカードを作ることができたとしても、買い物には使用できてもキャッシングで即日 お金借りることはできないという人も多いのです。

その理由は、キャッシングには審査というものがあるからなのです。

キャッシングの審査に通るためにはお金を借り入れする人の返済能力や信用性がポイントになります。

キャッシングの審査のポイントになるものにはいろいろなことがありますが、最も重要なポイントになるのが年収と借り入れ件数になります。

もちろん年収が高くて借り入れ件数が少なければ、審査には通りやすくなります。 その他のキャッシングでお金借りる際の審査のポイントになるのが職業になります。

職業は年収の高さはもちろん重要になりますが、年収よりも安定性のある職業に就いていることがキャッシングの審査には重要なポイントになるのです。

特に公務員などの安定を売りにしているような職業の場合には、多少年収が低くてもお金を借りやすいです。

もちろん無職の場合やフリーターなどは、かなり審査が不利になるのです。

その他のキャッシングの審査には勤続年数、年齢、居住形態と居住年数、未婚か既婚か?といういろいろなポイントがありますが、各会社の審査基準はそれぞれ違うので審査に通ってお金借りれるかどうかということは実際に申請してみなければ分からないのです。

銀行のキャッシングでお金借りる

銀行のキャッシングというのは、その名前の通りに銀行が行っているキャッシングローンでお金借りることになります。

今では多くのキャッシング会社がありますが、銀行で行うキャッシングは最もおすすめすることができるキャッシングローンということになるのです。

ちなみに借入先でおすすめは新生銀行楽天銀行住信SBIネット銀行です。

銀行のキャッシングでお金借りるのがおすすめの理由には実質金利も他のキャッシング会社と比較しても低く設定されている場合が多いので、安心してキャッシングすることができるのです。 さらに銀行であれば信用性はもちろん、借りる人にとっての精神的な安心もあるのです。

闇金でお金を借りることはもちろんですが、消費者金融などでお金を借りることには抵抗があるという人は多く、特にはじめてお金を借りる人にとっては消費者金融でも怖いという感覚はどうしてもあるのです。

もちろん銀行でお金を借りても利息は付くし、計画的に借り入れをしなければいけないのは当然のことなのですが、それでも銀行でお金を借りるとなると精神的には楽に感じる人は多いのも事実なのです。

しかし銀行のキャッシングは金利も低く安心して借入することが出来る反面で、審査が他のキャッシング会社よりも厳しいというデメリットもあるのです。

特に収入のない人はもちろん、収入の少ない人や専業主婦やパートの主婦などには銀行のキャッシングの審査に通ることが難しい場合が多いのです。

しかしキャッシングを希望する銀行に口座を持っていて、給料の振込や公共料金の支払い口座を利用しているとなると、銀行のキャッシングには通りやすくなることもあるのです。

信販会社のキャッシングについて

信販会社のキャッシングというのは、クレジットカードの発行や割賦販売を行っている信販会社やデパートやショッピングセンターが行っている融資サービスのことなのです。

したがって、信販会社のキャッシングカードというのは、デパートやショッピングセンターなどのポイントカードと一緒になっているケースが多く見られるのです。

信販会社のキャッシングでお金借りる際の特徴には、審査が比較的優しいということで、専業主婦やパートだけをしている主婦でも簡単にキャッシングカードを作ってお金を借りることができるといところなのです。

信販会社のキャッシングは、数あるキャッシング会社の中でも最も条件が良いと言われているほどで、キャッシングの条件がいいと言われています。

一般的に銀行のキャッシングだと思う人も多いと思いますが、信販会社のキャッシングはその銀行のキャッシングと消費者金融の良いところを合わせたようなものです。

審査にかかる時間はとても短くて、借入限度額も高めになっているという商品が多く出ているのが大きな特徴だと言えるのです。

信販会社のキャッシングが審査が早いと言われている理由には、信販会社では審査を点数付けして簡潔におこなっているところが多いようです。

例えば、会社員が3点で無職は0点で、持ち家があれば3点で貸家の場合は1点など、非常に審査が簡単に出来るからなのです。

したがって、他の会社では1点だけ悪いところがあるとそれを重要視されてなかなか希望通りにいかないケースがあるのですが、信販会社では平均して良ければ極端に不利な審査項目があっても審査に通りやすくお金を借りやすくなります。

借入限度額も他よりも条件が良くなる場合も多くなるのです。

学生の人はお金借りれない?

学生でも急にお金が必要になることは良くあることだと思います。

学生の多くは親から仕送りをもらって、それで足りない分はアルバイトをして生活している学生も多いと思います。

ですが、学生でもいろいろな付き合いがあるので、どうしてもキャッシングでお金借りる必要になる時もあるのではないでしょうか。

もちろんほとんどの学生の場合は、まだ社会に出て働いていないので、収入があるといってもせいぜいアルバイトの収入だけということになりますよね。

ですが、それでも学生でもキャッシング可能な会社は多いのです。

もちろん学生の場合には収入が多くて安定した職業に就いている人達に比べればキャッシングの審査には通りにくくなるのですが、学生の専用ローンというものを提供しているキャッシング会社もあります。

ですので、そのような商品を提供しているところで申し込むと審査に通ってお金を借りれる確率は高くなるのです。

しかし、やはり収入がない学生ということで、借入限度額は少なめに設定されている場合がほとんどということになるのです。

キャッシングができる年齢というものは、ほとんどキャッシング会社は20歳以上というところが多く、中には高校生を除いて18歳以上でもお金が借りれるところもあるのです。

学生のキャッシングで注意しなければいけないのは、闇金などの怪しい業者には気をつけなければいけないということで、学生はどうしてもキャッシングの審査に通りにくいということや、借入限度額の制限が厳しい場合が多いので、簡単に借りやすい闇金などに手を出してしまうことがあります。

ですので、学生がキャッシングする時には慎重に業者を選んでお金を借りるようにして下さい。

主婦の人はお金借りれない?

キャッシングでお金を借りる時には当然安定した収入がなければ審査に通りにくくなるということは誰でも分かると思います。

主婦がキャッシングをしたい時には、もちろん主婦でも普通に働いていて安定のある人であれば、当然普通通りに借り入れする人、本人の審査ということになるのです。

ですが、専業主婦の場合においては夫が審査の対象になるのです。

専業主婦の場合には当然収入はありませんが、結婚しているということで旦那さんの審査をして通れば主婦でもお金を借りることが可能になるのです。

したがって専業主婦がキャッシングをする時に審査は夫の仕事や収入や他の借り入れ状況などを元にして審査が行われることになるのです。

この時に夫に借り入れすることを知られたくないという主婦もいると思いますが、その場合は、キャッシング会社は秘密を守ってくれます。

ですので、一応夫には内緒だということを伝えておけば安心してお金を借りることができると思います。

しかし、借入額を多くしたい時には夫の確認が取れない時には借り入れ限度額を低く設定されてしまうこが考えられるので、その点には注意が必要になるのです。

主婦の中には、パートやアルバイトをしている人も多いと思いますが、この場合には夫と本人の両方が審査対象になるのです。

通常本人と夫の収入を合わせたもので審査されることになるのです。 しかし、借入希望額が少なくて、本人の収入が高くて信頼性が高い時には本人だけを対象にして審査が行われる場合もあるのです。

定職に就いてない人はお金借りれない?

キャッシングをしようと借り入れの申し込みをする時には、キャッシング会社などの借り入れ先は必ずその人に返済能力があるかどうかについての審査を行います。

キャッシングの審査においては、定職に就いていて一定の収入があるかどうかということが大きな審査のポイントになるのです。

一般的に審査に通ってお金を借りやすいのは、公務員や医師や弁護士や大手企業のサラリーマンなどの世間で信頼性の高い安定した職業に就いている人が、返済能力が高いということで審査に通りやすくなるのです。

したがって定職に就いていない人がキャッシングをする時には、返済能力が低いということで審査に通りにくくなるのです。

しかし、定職に就いていない場合でも主婦や学生の場合には必ずしもキャッシングすることができないということではありません。

主婦の場合には夫の審査の対象になり、学生の場合には収入がなくても学生専門ローンという商品もあるので、借りられるところは用意されているのです。

しかし定職に就いていない人専用のキャッシングローンという商品はないので、定職に就いていないと大抵は審査で落とされてしまうことになるのです。

しかし、無職ではなく派遣会社やアルバイトをしていて、ある程度安定した収入がある場合には、定職に就いていなくてもキャッシングをすることができるというところはあります。

その場合は、働いているところの確認と収入があることを証明することができれば、借入額は制限されても借り入れを行うことができるケースもあるのです。 しかし、やはりほとんどの会社では定職に就いていないと借り入れは難しいというのが現実なのです。

即日キャッシングでお金を借りるのは本当に可能なの?

即日キャッシングとは、借り入れの申し込みをしてその日のうちにお金を借りることができるというものなのです。

ですが、本当にその日にお金を借りることが可能かどうかと言えば、今では多くの会社が即日キャッシングに対応しているのです。

もちろん即日キャッシングは、誰でもできるというものではなくて、ブラックリストの人や借入額が多い人や借入件数が多い人の場合には借り入れを拒否される場合もあるので注意して下さい。

しかし、きちんと審査通りさえすれば、ほとんどの人がその日のうちに借り入れを行うことが可能になるのです。

即日キャッシングには、すぐに審査の結果がでるという点が通常の借り入れとは異なるところで、審査にかかる時間というのは最短で数分から、長くても数時間で終了することになるのです。

審査が終われば指定口座に振り込まれるということになるのですが、自動契約機がある会社の場合には、自動契約機で審査を行って、その機械を使って作ったカードで、その場ですぐにお金をおろすことができるという方法もあるのです。

しかし、即日キャッシングには大きなデメリットがあって、すぐにお金を用意することができるということで、非常に便利なシステムなのです。 しかし、その分融資額が非常に少なかったり、金利が非常に高く設定されている場合も多くなるようです。

したがって、今すぐにお金が必要でないという場合以外には、即日キャッシングを使用するよりは通常の方法でお金を借りた方がいいということが言えるのです。 特に金利が高い分長期の借り入れには向いていないということになるのです。

無利息キャッシングでお金を借りれるって本当なの?

無利息のキャッシングというのは、その名前の通りに利息を払わなくてもお金を借りられるという嬉しいサービスなのです。

ちなみに当サイトで紹介しているところで、実施しているところは「プロミス」「レイク」「ノーローン」ですね。

どうして利息も取らないでお金を貸してくれるのかと疑問に思う人も多いと思いますが、無利息キャッシングというのは、お金を融資する会社が新規顧客を獲得するために行う1種のキャンペーンなのです。

さらに無利息キャッシングとは言ってもある条件の元においてのみ無利息ということで、常に無利息でお金を貸すということではないのです。

無利息キャッシングというのは、初回の借入に対してのみ期間を設けて無利息にするというものがほとんどで、あくまでも初回の利用だけに対して利息がかからないという場合がほとんどなのです。

したがって、2回目から利息が発生することになるし、さらに決められた期間が経過して返済をしないと、当然利息が発生することになるのです。

その他にも指定の期日以内に返済をすれば何回でも利息がかからないというものもあって、この場合は本当に決められた期日以内に返済していれば、ずっと無利息でお金を借りられるということになるのです。

しかし何回でも無利息でお金借りれるパターンは、本当に一部の会社でしか行っていないので、ほとんどは初回限定のものになるのです。

しかし、それでも初回に限ってでも無利息キャッシングを利用することで、その期間の利息はかからないことになるで、できるだけ出費を抑えたいと考えている利用者には、無利息キャッシングは非常に嬉しいキャッシングサービスだということになるのです。

キャッシングする信販会社の選び方

キャッシングを行う時には、どこでお金を借りればいいのか迷ってしまう人も多いと思いますが、信販会社で発行するクレジットカードにはキャッシングの他にもいろいろなサービスが豊富に付けられている場合があります。

ですので、おすすめのカードということが言えるのです。

今では社会人であれば、ほとんどの人がクレジットカードを最低1枚は所有していることだと思いますが、信販会社が発行するクレジットカードを作るには、銀行で作るクレジットカードに比べても審査が緩いという場合が多いのです。

さらに信販会社の場合には返済方法も非常に多様化されているので、とても便利に利用することができるようになっているのです。

さらに信販会社で発行しているクレジットカードは、キャッシングだけではなく、サラリー向けのカードや学生向けのカードや事業者向けのカードというようにいろいろな用途に別れています。

さらに使用頻度によってはキャッシングの審査にも優遇されることがあることも大きな特徴となっているのです。

キャッシングする信販会社の選び方は、それぞれの会社のサービスで比較することも大事なポイントですが、やはり一番大事なポイントは金利ということになると思います。

さらに年会費の有無と年会費の額の比較も必要になり、審査に通るかどうか不安な人の場合には、カードを作りやすいかどうかというのが一番のポイントになってくるのです。

今ではインターネットを見れば、信販会社のいろいろなサービスや金利などの比較を見ることができるので、自分に合った会社を選んでキャッシングを利用して下さい。

キャッシングでお金借りる際の手数料について

キャッシングに関係する手数料というものはほとんど無いと言ってもいいのです。 


キャッシングをする時には、年会費やいろいろな手数料がかかると考えている人も多いかもしれませんが、ほとんどの業者は年会費やその他の手数料は取らないのです。

もちろん契約をする時には審査がありますが、キャッシングの審査に審査手数料はかからないし、もしキャッシングでお金を借りる時に何かの手数料を請求された時には、そのような業者は悪徳な業者だと考えて取引しない方がいいと思います。

一般的にキャッシングの手数料と考えられているものは金利で、正確に言うとこれはキャッシングの手数料ではなく、融資に対する手数料ということになるのです。

金利というものはキャッシングをする時には無利息キャンペーンなどをしていない限りは必ずかかるもので、キャッシング会社も銀行も全てこの金利を取ることにより商売をしているのです。

お金を借りる方からすれば金利が何パーセントかかるかによって、返済計画に大きく影響してくるので、金利はできるだけ低く抑えたいものなのです。

その他のキャッシング手数料と言えば、コンビニや銀行などでATMを使用してキャッシングをする時にはATM手数料がかかることになります。

多くの場合には、105円などの引き出し手数料が発生することになりますが、これはキャッシング会社によって規定がそれぞれ違うので、一概にどれくらいの手数料がかかるということは言えないのです。

キャッシングする時にATMをよく利用する人はATM手数料もバカにはならないで、ATM手数料がかからない方法もきちんと覚えておいた方がいいのです。