初めての方向け
3Dプリンター比較のポイント

これから3Dプリンターを導入したいと考えているなら、自分にあったプリンターを比較してみましょう。3Dプリンターといっても価格や性能に違いがあるので、どのような基準で選べばいいのか、比較のポイントを紹介します。

3Dプリンターとは?

・3次元の物を制作できる

3Dプリンターは、3CADの設計データをもとに、3次元の物を制作できます。薄くスライスされた2次元の層を積み重ねていくことにより、3次元の物を作り上げていきます。

・試作品に役立つ

3Dプリンターがあれば実物と変わりがない試作品が出来上がります。実際に試作品を作成するよりコストがかからないので、繰り返し試作品が作れるのがメリットです。自社に3Dプリンターがあれば、外部に試作品を委託する必要性もなくなります。

・実製品の製造にも対応

3Dプリンターは試作品だけでなく、実製品の製造にも役立てられています。たとえば精密さが必要となる部品や、医療用などです。工業製品の製造でも3Dプリンターが活用されているので、幅広い業種に3Dプリンターは必要になるでしょう。

3Dプリンターの価格相場

・家庭用なら2万円~

できるだけ低価格の3Dプリンターを選びたい場合は、家庭用3Dプリンターを選びましょう。3Dプリンターは普及が進んでいるため、量産化されて低価格になってきています。最も安いものでは2万円からとお手頃価格です。

・ミドルクラス

業務用の3Dプリンターで低価格のものでは、50万円程度のものもあります。価格が安いものでも、金属やウッドなどの材質にも対応しているので、幅広い用途で使うことができます。

・ハイスペッククラス

今までのプロ仕様の3Dプリンターは、2,000万円程度するものもありました。今ではハイスペックな3Dプリンターでも、250万円からとお手軽価格へと下がってきています。材料費も下がっているので、総合的なコストダウンが可能です。

3Dプリンターのタイプ

・熱溶解積層方式

安価な3Dプリンターを求めたいときは、熱溶解積層方式を選ぶことになります。別名FDM法と呼ばれる方法で、熱で樹脂を溶かしていきます。家庭用の3Dプリンターの主流で、価格は数万円からあるのが特徴です。仕上がりは多少荒くなります。

・光造形方式

精度が高い3Dプリンターが必要な場合は、光造形方式が多く使われています。最も古くからある方法で、滑らかな仕上がりになるのが特徴です。精度は高くなる一方で、強度は低くなります。

・粉末焼結方式

粉末状の素材にレーザーを照射して3次元の物を作り上げる方法です。金属素材も使うことができるので、強度が高くなります。そのため、鋳型の製造におすすめの方式です。

3Dプリンターの選び方

・日本語対応商品がおすすめ

3Dプリンターは海外製品も多く出回っているので、日本語対応しているか確認しましょう。日本語に対応している製品は少なめのため、英語が苦手な方はよく比較して選んでください。説明書が日本語対応になっているか、本体の言葉が日本語になっているか確認が必要です。

・保証がしっかりしているもの

3Dプリンターの多くは高額なため、保証制度があるか確認しましょう。故障したときの対応や、部品の交換などにも対応していると安心です。長く使うつもりなら、サポート制度も確認する必要があります。

・ワークサイズで比較する

製造する物に合わせて、適切なワークサイズを選びましょう。大型に対応している3Dは本体価格が高くなるので、適切なサイズを選ぶ必要があります。価格とワークサイズのバランスが取れたものを検討してください。

3Dプリンターの活用事例

・医療品

本格的な3Dプリンターがあれば、人工骨や義手などの医療品を製造することも可能です。正確なデータをもとに製造することで、密着性を高めることができます。将来的には人工的な臓器の製造も検討されています。

・部品

3Dプリンターを用いると、設計通りの精度の高い部品ができあがります。家電製品や車の部品はもちろんのこと、飛行機や宇宙技術などにも応用が可能です。強度のある部品の製造にも対応しているので、耐久性が求められる現場で活用できます。

・建築物の造形

3Dプリンターを使えば、建物の模型を作成することができます。ほとんどの形状が作成可能で、データがあれば製造することが可能です。建築現場で建物の模型を製造して、顧客にプレゼントする方法もあります。建物の造形は、今後大きな建物も製造が可能となっていくでしょう。

3Dプリンターを比較したい方は、下記リンクをクリックしてください。

業務用3Dプリンターの比較はこちらから

まとめ

家庭用の3Dプリンターはあまり一般的ではありませんが、業務用の3Dプリンターは今後可能性が広がっていく可能性があります。まだ3Dプリンターを導入していない企業は、商品を比較してみてはどうでしょうか。価格も下がってきているので、これから導入するチャンスです。